素振りダイエット【野球バット・竹刀・木刀・ゴルフ】の効果は?

テニスラケットなど素振りは筋トレか有酸素運動か!消費カロリーは?

素振りはシンプルでありながらもダイエット効果があるとして推奨される方もいます。

素振りには野球バット竹刀木刀ゴルフクラブなどいろいろと種類があり、何れの場合も動作に関しては概ねのイメージをもつ方が多いかもしれません。

今回はこの素振りダイエット効果や各種類の素振りの方法についてできる限り詳しく紹介したいと思います。


Sponsored Link


素振りダイエットとは?


素振りダイエットとは名前の通り、運動を主体にしているダイエットです。

素振りの動作は競技によって大きく異なりますが、繰り返しこの動作を行うことで素振りにつかわれる筋肉が刺激を受け続けるので引き締まるでしょうし、脂肪の燃焼につながるということで推奨されております。

野球の素振りのように腰をひねってお腹周りの筋肉を多く使う動作は、日常生活においてそこまで使われない部分も刺激してくれるので引き締まった体作りの味方となってくれます。

具体的には腹直筋・腹斜筋・腹横筋あたりが鍛えられるようになると考えられます。

野球バットなど素振りは筋トレか有酸素運動か?


素振りダイエットでよく議論になるのが、この動作は有酸素運動に該当するのか、それとも筋トレに該当するのかというものです。

素振りの場合はスイング動作を1回ずつ行うものであり、ジョギングや水泳のように持続的に行われるものではありません。

あくまで動作を連続で行ったとしても瞬間的なものを重ねるだけなのです。

遅筋は脂肪をエネルギーとして持久力に用います。

筋トレのような主観的な筋肉は速筋になります。

これを踏まえてこの素振りはどちらかということを考えると、速筋を使うと考えられるので、筋トレに近いと言えるでしょう。

もちろん、何回も繰り返すので消費カロリーは増加しますが、速筋は糖質のエネルギー利用が高まりますが脂肪燃焼は行われにくいのでダイエット効果は低いと考えられます。

しかし、素振りは速筋を使ってはいますが筋トレレベルの高負荷をもたらしてくれるわけではないので、筋肉を大きくするには向いていないでしょう。

つまり、有酸素運動とは言えず筋トレに近い運動になっているが筋トレほどの効果もない特殊なものとなっているのです。

野球バットの素振りの消費カロリーは?


皆さんが素振りといわれた場合に思い浮かぶ確率が高い野球の素振りについていろいろと考えてみましょう。

まず、この素振りの消費カロリーはどうなっているのかです。

ちょっとした資料を見てみると野球のバットを使って1時間ほど素振りを続けた場合800kcal程度の消費カロリーになるという驚きのデータもあります。

これはどのくらいの頻度でスイングをしているのかというデータがないので、何とも言えません。

それとはまた別のものでバッティングセンター1ゲームがだいたい40kcal程度といわれているので、1スイングあたり2kcal程度なのでしょう。

12秒で1スイングと考えて1分5スイング、1時間で120スイングだとすると消費カロリーは240kcal程度になります。

こちらのほうが現実的な数字なのではないでしょうか。

簡単に記載しておりますが、1時間も素振りをするのははっきり申し上げてかなりきついです。

初めて実戦される方が挑戦してもきっと持たないでしょう。

素振りダイエットのやり方

それでは様々なスポーツにおける素振りの仕方を記載していきます。

①野球バット

野球の素振りは野球が好きな方なら必ず見たことがあるのである程度は推測しやすいと思います。

そのイメージをもっとはっきりとしたものにするべく、動画を参考にしてください。

特に野球の素振りはフォームが崩れるとお腹周りへの刺激が減りますので注意しましょう。

腕で振るのではなく下半身を使って腰で振ってください

②剣道の竹刀

剣道の竹刀を用いての素振りについてです。

動画はシンプルにどのような動作をするのかを述べているものとなっております。


Sponsored Link


剣道の素振りには上下・正面・左右面・早素振りと4種類ありますが、ダイエットのみを考えるのなら振りかぶる先に剣先が下がらないように注意しながら行う上下素振りのみでいいでしょう。

③木刀

これが木刀になった場合はちょっとやり方が変わってきます。

どのような木刀を選ぶのかで負荷は変わってきますが、基本は同じです。

竹刀を振りかぶって右足を出し、膝の高さまで振り下ろして左足を引き付け、竹刀を振りかぶって左足から下がって振り下ろしながら右足を引き付ける、これを繰り返しましょう。

力を入れるのは止める瞬間です。

④テニスラケット

テニスの素振りをする場合の正しいやり方は動画を見てもらうとわかりやすいでしょう。

動画だけでもほとんど理解できるでしょうが、ポイントとしては慣れていないのならあえて一振りを5秒くらいかけて行うようにして慣らしていくことから始めてください。

⑤バドミントン

バトミントンの素振りについて紹介している動画です。

バトミントンのラケットはかなり軽いのでバランスがとりやすいですが、その分負荷がかなり小さくなります。

ポイントは腰回りのひねりを使うことですので、腕にのみ頼るのはNGとなります。

⑥ゴルフクラブ

ゴルフクラブを使っての素振りのトレーニングはなかなかユニークになります。

動画では安定させるためにバッドや軽い棒を使って素振りを行っているようです。

ゴルフのスイングはあらゆる素振りが必要な競技の中でも高難易度なので、頭の位置がずれないようなスイングができるように動画を参考にしてください。

⑦卓球

卓球の素振りはラケットがかなり軽いので、ゴルフなどよりは難易度は低めです。

しかし、しっかりとしたスイングをしたいのなら、腰をひねって体全体を使ってボールを呼び込んで素振りをしましょう。

基本は右足を左足よりも下げて、打つ瞬間に右足を動かしから左足に体重移動をさせてインパクトさせることにあります。

⑧タオル

タオルを使ったスイングはいろいろとありますが、動画のものはゴルフを意識したものです。

素振りが最も難しいゴルフは長めのタオルを用意して片方を結んで重りを作りしなりを意識しながら行ってください。

腰のひねりを加えないと、このしなりは発生しないのです。

素振りで鍛えられる部位は?


素振りで鍛えられる部位はどのように素振りをしているのかで変わりますが、腰をしっかりと使っている方なら、シックスパックと呼ばれる腹直筋が鍛えられます

体が後ろに反らないようにするための踏ん張りにも用いる筋肉なので素振りでよく使われるのです。

それ以外にはお腹周りの側面にある腹斜筋やインナーマッスルの腹横筋が鍛えられるでしょう。

アウターマッスルとインナーマッスルが鍛えられますが、しっかりと腰を使ってスイングをしないと効果が出ないので要注意です。

素振りのダイエット効果は?


素振りはお腹と腰のひねりがあり、二の腕や背中もある程度は刺激をするのでダイエット効果もそれなりにあります。

しかし、きれいな体を手に入れる場合は左右両方の素振りが必要になるので難易度は高いです。

また、本気で素振りをする場合は体力も使うので1時間も実行するのは困難でしょう。

こういったことから、体の一部において引き締め効果はあるかもしれませんが、痩せるという観点においてのダイエット効果はあまり高くはないという感じです。

素振りダイエット【野球バット・竹刀・木刀・ゴルフ】の効果は?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は素振りダイエットについてお伝えいたしました。

素振りは体をある程度鍛える作用はありますが、正直ダイエットには不向きといえます。

有酸素運動と筋トレの中間の位置にあるものですし、その競技の技量が必要な人ならいいですが、それ以外の方の場合はあまりおすすめのダイエット法とは言えないのかなと思います。。

本気で痩せたいという方で運動を主体としたいという方は、柔軟⇒筋トレ⇒有酸素運動の3種類の順番で実行するようにしましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)