半身浴ダイエットの方法って?消費カロリーなど効果を紹介!

時間や温度など半身浴ダイエットのやり方と太もも痩せマッサージ法

半身浴ダイエットにも有効な方法であると多くの方が理解しておりますが、具体的な消費カロリー効果、そして入浴の時間までを理解して実行できている人は少ないでしょう。

そこで、今回は半身浴ダイエットについてできる限り詳しく紹介したいと思います。


Sponsored Link


半身浴とは?


半身浴とは入浴方法の一つで、みぞおちくらいまで湯船につかるというシンプルなやり方となっております。

そのため、上半身は涼しい状態になり、下半身が集中的に温められることでしょう。

それとは反対の言葉となっているのが全身浴で、こちらはお湯を肩まで浸かってじっくりと温まる入浴方法です。

全身浴は体全身が浸かるため等しく水圧がかかるため、引き締め効果は良いなのですが、心臓に負担が多少はかかってしまうので、半身浴と比べると入浴時間がどうしても短くなりがちです。

半身浴になると上半身は涼しい状態なので心臓への負担が少なく長い時間浸かることができるようになるのです。

時間など半身浴ダイエットの効果的な方法は?


半身浴ダイエットの効果的なやり方はできる限り体に負担をかけずに、リラックスした状態で疲労回復効果をもたらすことにあります。

具体的な方法としては湯船の温度と浴室内の温度に差があると体に負担がかかってしまうので、できる限り浴室を温めること、長い時間入るので温度は37~40度に抑えること。

汗が大量に出るのでコップ一杯の水分補給をすること。

入浴前に体への負担を減らすためにもかけ湯をすること。

胃腸が消化をしている時間に入らないこと、だいたい食後1時間は経ってから入るようにしてください。

あとは、最初の5分は全身浴をしてその後に半身浴に切り替えましょう

半身浴の消費カロリーやダイエット効果は?


半身浴の効果は下半身が温められるようになることで、血行不良がなくなるため冷え症改善につながるでしょう。

冷え症の改善につながればそのままむくみの減少にもつながるのでダイエット効果が高いといわれるのです。

また、半身浴を続けると汗が大量に出るようになるのでデトックス効果も期待できるようになります。

体にたまった毒素が出せるようになるということです。

ゆっくりと汗をかくことができればアンモニアなどの毒素が出せやすいので体臭予防にもなるでしょう。

他には血行促進作用によって凝り固まった筋肉がほぐされますので、疲労回復が促進されてリラックス作用によるストレス解消にもつながります。

半身浴ダイエットにおすすめの入浴剤3選


お風呂のお湯を選択につかっているわけではないという人なら、リラックス作用を高めるためにも入浴剤を使うといいでしょう。

ここでは半身浴向けの入浴剤を紹介します。

花王 マイクロバブ ベルガモットジンジャーの香り


(参考URL:マイクロバブ ベルガモットジンジャ)

入浴剤に発汗作用があるとデトックス効果が期待できます。

これは発汗作用が強いということで評判が良いので紹介いたしました。

バブは昔から人気のある入浴剤ですし低価格なので、使い勝手もよいと思われます。

リラク泉 ゲルマバス黒湯


(参考URL:リラク泉 ゲルマバス黒湯)

ゲルマニウムとミネラルが含まれている死海の泥配合という特殊な入浴剤です。


Sponsored Link


湯上りが非常にポッカポカになるほか、肌がすべすべになるとのことで美肌効果をしっかりと体験したいという方には有効な入浴剤となっております。

ゲルマニウムに血行を良くする作用もあるので、ダイエット効果も働くでしょう。

クナイプ バスソルト グーテナハト ホップ&バレリアンの香り


(参考URL:クナイプ バスソルト グーテナハト ホップ&バレリアンの香り)

これはドイツ語でおやすみなさいという意味がある入浴剤でヨーロッパで親しまれているハーブを使用しており、疲労回復効果が強いといわれている入浴剤となっておりいます。

半身浴の効率を上げる太もも痩せマッサージのやり方

下半身を痩せるためにも半身浴は重要ですが、太もも痩せを狙っている方はマッサージが必要になるでしょう。

具体的には動画を見てもらいたいのですが、太ももだけではなく足の先から順番に上に移行しております。

足のむくみや脚痩せを考えている方は太ももだけピンポイントに考えるのではなく、足全体を痩せるという気持ちで挑みましょう。

足の裏を親指を使って押して刺激し、足の甲も親指で押し上げ、両足首から膝の裏まで下から上まで持ち上げるようにリンパマッサージを行い、太ももの内側から足の付け根まで両手を使ってさすりながらマッサージをしましょう。

半身浴は毎日行うのが良い?


頻度に関しては諸説あります。

例えば半身浴を長時間続けられるような人の場合は連続でやりすぎると負担になるから毎日続けるのは避けたほうがいいという人、逆に余裕がある人ならば代謝効率を上げるべく毎日実行したほうが良いという人といるのです。

確かに、有名なモデルさんや芸能人の方は毎日実行しているので、できるだけ毎日行ったほうが効果は感じやすいでしょう。

時間がないという人は時間があるときだけでも必ず行うようにしましょう。

運動後の半身浴はより効果的?


運動後にお風呂に入った場合、疲労回復効果がありカロリー消費量も上がるという情報がありますので、ダイエットをしたい人たちからすると効果的と考えることができるでしょう。

お風呂はカロリー消費が発生しますので、しっかりと成長ホルモンが出るレベルで運動をした後だと効率よく脂肪燃焼が始まるので痩せやすくなるのでしょう。

リラックスした状態でお風呂に入ることができれば、運動によって発生した乳酸も分解されやすくなるので疲れが残しにくくなるのは良い点となっています。

ただし、反対している説もあります。

それは運動直後にお風呂に入ってしまうと体が温まり脂肪の燃焼が止まってしまうというので、20分程度は間を置いたほうが良いと解説する人もいるのです。

ここはちょっと悩ましい点です。

半身浴ダイエットを行う上での注意点


注意点はダイエット効果が薄いという声が圧倒的に多いことがまず挙げられます。

その他、食後すぐに入るのは良くありませんし、体への負担が大きいので30分以上入るなら休憩を挟まないと危険ということは覚えておきましょう。

また、まったく何も食べない状態で入ってしまうとお風呂内でエネルギーが消費されることで血糖値が低くなり、最悪の場合意識障害になることもあり得ます。

食事前の半身浴も避けた方がいいでしょう。

また、この半身浴はあくまで痩せやすい体を作る効果が強いものであって、これをやると絶対に痩せるようになるというわけではないのです。

消費カロリーはそこまで高くないので他のダイエットも並行して実行しましょう。

むくみ改善効果などは確かにありますので、そちらの効果を狙って実行したほうがいいかもしれません。

半身浴ダイエットの方法って?消費カロリーなど効果を紹介!のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は半身浴ダイエットについて紹介いたしました。

半身浴は健康面でプラスとなる作用は確かに強いのですが、個人的にダイエットにおいて大きなプラスになるとは思えません。

あくまでダイエットをしている人の補助として扱うのがベストだと思います。

このダイエットを主体とするとなかなか効果的に痩せることができませんし、時間もかなりかかってしまいますので、別のダイエットを主体とするようにしましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)