ホルモンバランスの乱れはダイエットに影響!整える方法は?

ダイエットで女性ホルモンが低下?食事やサプリなど改善法

ホルモンバランス乱れダイエットに悪影響を与えるため、整えることが大切と言われても、どうしてよいかよくわからないでしょう。

食事サプリが効果的といわれても今一つピンと来ないと思われます。

そこで、今回はホルモンバランスの乱れとダイエットの関係や改善法について触れてみたいと思います。


Sponsored Link


ホルモンバランスの乱れはダイエットに影響?


ダイエットに失敗する原因や、今一つ成果が出ないことに対する原因としてよく出てくる言葉が、「生活習慣が~」とか「日常生活が~」とか「ホルモンバランスが~」という言葉です。

しかし、この中でも最も悪影響をもたらすといわれているのがホルモンバランスで、その影響を特に受けてしまうのが女性となっております。

女性の場合は生理周期に合わせて女性ホルモンの増減が行われるようになっているため、一定周期ごとに痩せやすい期間と痩せにくい期間というのが誕生してしまうでしょう。

このホルモンバランスが保たれている状態でも、女性の場合はダイエットをしやすい時期としにくい時期があるのですが、ホルモンバランスが大きく乱れることでこの影響がさらに増大して、痩せにくく太りやすい状態に近づいてしまうことがあるのです。

それ以外にも血糖値をコントロールする男女両方に存在するホルモンバランスが崩れてインスリン側に偏ってしまうと、痩せにくい脂肪が増加するためなかなか痩せなくなることもあるでしょう。

無理なダイエットは女性ホルモン低下につながる?


女性ホルモンバランスが崩れると、更年期障害・無月経・不妊・月経不順・肌トラブル・PMSなどのやっかいな症状が多く発生したりします。

これは偏食や無理なダイエットを行うと発生することがあり、様々な症状を誘発するようになるのです。

必要な栄養素が体内に入っていかない状態が長く続くと、ホルモン自体も作られない状態が長く続くことにつながってしまうので、女性ホルモンの量が低下することもあれば、活動能力が低下することもあり、先ほど記載した症状を引き起こすようになったりします。

逆に言えば、先ほどの症状が多く発生するようになった人は、ホルモンバランスに悪影響が出ていると考えられるでしょう。

女性ホルモンの周期とダイエットの関係


ただし、女性の場合は健康であったとしても卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンが増減しています。

これは一定周期ごとに行われる生体現象なので避けることはできません。

月経の周期は人によって20~40日とかなりの差があるので、日にちの指定はできませんが、月経が終わるころの「卵胞期」は健康をサポートし女性の美しさを保ってくれるエストロゲンの分泌が増加する時期なので、イライラやむくみが一気に少なくなり前向きな気持ちを持ちやすくなるので、ダイエットをしやすい時期となってくれます。

ただし、排卵後から月経までの「黄体期」は逆に心も体も不安定になりやすく、食欲のコントロールがしにくくなってしまい、栄養価や水分を体にため込む働きが加速するのでダイエットの効果が薄くなります

特に、イライラが加速する時期なので、ダイエットの効果が出ないことでやめてしまう人も一気に増える時期なのです。

ピルを飲んでいると太りやすい?


女性の方々はピルを使っている人も多いでしょうが、その中には副作用で太ったという書き込みをする人が非常に多く、今では「ピルを飲むと太る」と感じている人が非常に多くいます。

その最大の理由はエストロゲンが含まれていることにあるでしょう。


Sponsored Link


エストロゲンは美人ホルモンといわれているので女性らしい体型を入手しやすくなるという非常に大きな利点があるのですが、太股や腰回りに脂肪がつきやすくなる傾向にあるので、ピルを服用することでその部位の皮下脂肪が一気に増えてしまって体重が増加してしまったという人もいるでしょう。

また、食欲が一気に増えることもあるので、カロリーコントロールができなくなり太ってしまうこともあるようです。

ホルモンバランスの乱れの原因や症状


ホルモンバランスに悪影響をもたらす行動というのは些細なものも含まれるので実はけっこうあるのです。

それを分類分けして考えると、睡眠不足・ストレス・食生活の乱れ・運動不足あたりになるのでしょう。

このどれかに当てはまっている人はホルモンバランスが乱れているかもしれないと思われた方が良いかもしれません。

現代社会では当てはまりやすいものばかりなので、乱れている人も多いと思います。

睡眠不足ですが、これは睡眠の質も関係していて、寝る前にパソコンやスマホをいじっている人はブルーライトの影響で睡眠の質が低下します。

最初の3時間の質が重要なのですが、現代社会ではなかなかしっかりとるのが難しい状況にあるので、乱れやすいのです。

ホルモンバランスを整える食事法


ホルモンバランスを整えるためには、タンパク質を補い食事の時間に規則性を持って、一食抜くなんてことはせず、好きなだけ食べるという行為をしないことです。

よくある偏った食事・食事抜き・肉類や油を極端に避ける・炭水化物を一切とらないなどを実行している人はホルモンバランスがどうしても乱れる確率が上がりますので、ダイエットとはいえ無理するような行動は危険だということを理解して頂けたらと思います。

特に、朝食を抜いている人は要注意でエネルギー不足になりがちです。

逆に夜多い人も問題ですので、夜を控えて朝食をしっかりとるスタイルを意識しましょう。

野菜から摂取することで血糖値の上昇も緩やかになりますので、食べる順番なども工夫しましょう。

ホルモンバランスを改善させるサプリ


一昔前からホルモンバランスには多くの方々が関心を集めているので、そのホルモンバランスに対して様々な効果をもたらしてくれるサプリなんかも開発されているのです。

たとえば、「プラセンタ」なんかは女性ホルモンの分泌を促すことで、自律神経のバランスを整えて自律神経失調症や更年期障害に対して有効だと考えられております。

プラセンタは更年期障害への対策品として医薬品扱いに昔からなっており保険診療で受けられるようです。

実際にこれらの商品を買った人たちは「生理不順が治った」などの口コミやレビューを書いているので、悩み解決の助けにはなっているといえるでしょう。

ほかにもエストロゲンの分泌を活性化させるサプリなどもありますので、口コミや評判から選んでみるといいでしょう。

その他のホルモンバランスを整える方法


ホルモンバランスを整えるためには、先ほど記載した原因とは反対の行動をとることです。

睡眠の質と睡眠不足を改善し、偏った食事や食事抜きといった食生活から解放され、しっかりと運動を行ってストレス解消と自律神経の活性化を行い、休日はしっかりと休んでストレスから解放されることが有効となるでしょう。

脳を休ませることも重要ですので、好きな音楽を聴いてリラックスできる時間を作るのも有効でしょう。

ホルモンバランスの乱れはダイエットに影響!整える方法は?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はホルモンバランスの乱れについて、色々と原因と解決方法を探ってきました。

原因はシンプルで、おそらく皆さんもなんとなくは想像してきたことでしょう。

しかし、想像できていたからといってそれを改善するために行動できている人は少ないと思います。

特に、現代人の生活においてはホルモンバランスが乱れやすい環境下にあるとも言えますので、いかにしてダイエットをしやすい状態に持って行くのかが鍵となってくるでしょう。

 


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)