ダイエットによる肌荒れの改善法は?痩せすぎは危険!

炭水化物など食べ物やサプリ他ダイエットの肌荒れ防止法

ダイエットをしている人たちにとってよく発生するトラブルが肌荒れです。

改善するためには食べ物を厳選する必要があり炭水化物も摂取する必要があるとのことですが、実際のところどうするのがベストなのでしょうか。

今回はダイエットにおける肌荒れ対策について考えていきたいと思います。


Sponsored Link


ダイエットによる肌荒れの症状は?


ダイエットの中でも種類があります。

その種類は大きく分けると消費エネルギーを増やすタイプと摂取エネルギーを減らすタイプです。

前者に傾倒しているタイプのダイエットは特に心配いらないのですが、後者の摂取エネルギーを減らすタイプを主体にしている人たちは栄養不足になりがちです。

極端な食事制限をすると、肌や髪に必要な栄養素までなくなってしまい、基礎代謝が減少して肌のターンオーバーも乱れがちになるのです。

その結果、疲れやすくなる・足がしびれるようになる・口内炎になる・髪のダメージが増える・貧血になるといった諸症状が発生するだけではなく、肌荒れも発生してカサカサ肌になるとか、ニキビや吹き出物が多く発生するといった状態になってしまうのです。

ダイエットによる肌荒れの原因は炭水化物抜き?


ダイエットにおいて高確率で行われるのがカロリーを抑えることと、糖質を押さえることです。

その両方を押さえる方法として最適なのが炭水化物をひたすら食べないというやり方になります。

しかし、炭水化物を極端に減らすようになってしまうとタンパク質をエネルギーの元にするようになるので、肌の健康を保つために必要な栄養素のタンパク質が不足するようになってしまい、肌荒れが多く発生するようになります

さらに、炭水化物を減らしてタンパク質や脂質を増やして対応すると胃腸に負担が増すようになるので、腸内環境の悪化から肌荒れが発生するようにもなるでしょう。

要するに、炭水化物抜きダイエットはタンパク質の補給をしていたとしても、肌荒れにつながる可能性が高いということなのです。

ダイエット中の肌荒れの改善方法


肌荒れの対策は食事の量を減らすというよりも、摂取カロリーと糖質を抑えつつ、栄養素をできる限り摂取することです。

納豆やヨーグルトなどの発酵食品は低カロリーで栄養素も豊富となっておりますし、海藻類や鶏のささみなどの低カロリーながらも栄養素が高いものをいかに摂取するのかが鍵になるでしょう。

また、白米から玄米や雑穀米にかえるだけでも栄養補給率が上がります。

特に、タンパク質とビタミン不足に注意してください。

脂質不足になっても肌トラブルが出ますので、ナッツやアボカドなどで補給するのもいいでしょう。

まれに、ストレスから肌荒れにつながったり、腸内環境の悪化から肌荒れにつながることもありますので、イライラが募りすぎるダイエットは避けた方がいいでしょう。

腸内環境はダイエットをしている人はどうしてもあれがちになるので、入浴などでおなかを温めるようにしてください。

肌荒れを改善する具体的な食べ物の例


肌トラブルや栄養不足や便秘から発生するものとなっております。

仮に便秘がダイエット中に多く発生しているような方々は、食物繊維が豊富でカロリーの低いキノコ類や野菜類、そして海藻類を摂取するようにするといいでしょう。

また朝食を抜くことで便秘になってしまう人もいますので、ダイエット中の方も朝食を抜くのではなく夕食を控えるようにしましょう。

ほかにはビタミン類やタンパク質を補給できる食べ物を摂取するといいでしょう。

具体的にはブロッコリーやピーマン、アセロラやキウイやレバーやナッツなどがビタミン類の補給におすすめで、タンパク質補給は無脂肪牛乳・納豆・ツナ・鶏のささみといったものがおすすめとなります。

ダイエットにより肌荒れ対策となるサプリ3選

ダイエットをしている人たちは肌荒れで悩む人も多く、ダイエットが終了したとしても肌がなかなか改善しないで悩まされ続けている人もいます。


Sponsored Link


そのような人たちによく使われているサプリを紹介しましょう。

DHC マルチビタミン


(DHC マルチビタミン)

1粒で13種類のビタミンを補給できるサプリです。

野菜不足が気になる方やダイエット夕の方々に勧められている製品で、食事が不規則で栄養がうまくとれない人にも推奨されております。

ビタミン不足はダイエットをしていない一人暮らしの方々でもよく発生するものなので、普段から使うのもありといえるサプリでしょう。

ライオンのペアA錠

(参考URL:【第3類医薬品】ペアA錠 )

こちらも有名な商品なので知っている人も多いでしょう。

これは肝臓の働きを助ける作用があり、それ以外にも肌の代謝を促す成分が含まれているので、ダイエットによる肌トラブルを気にしている人にはぴったりな商品といえるでしょう。

大塚製薬 ネイチャーメイド 大豆イソフラボン


(参考URL:大塚製薬 ネイチャーメイド 大豆イソフラボン)

タンパク質を補給する方法はいくつかありますが、肌荒れ解消という部分を考えた場合は食物性のタンパク質を補給できる大豆系のサプリメントがいいでしょう。

このサプリは特に女性の方々に有用なものとなっているので、迷ったらこれを使うぐらい効果のあるサプリとなっています。

肌荒れしないダイエット方法


ダイエット中の肌荒れの原因はいくつかあります。

ビタミン不足・タンパク質不足・ストレス・脂質不足・便秘などなど。

もちろんどれか一つで肌荒れを引き起こすような人もいれば、なかなか肌荒れが発生しない人もいます。

しかし、これらの原因をいくつも重ねて発生させている人は肌荒れが発生する確率が上がるので、食事制限系のダイエットをしている人たちはできる限り栄養が偏らないように気を遣う必要があります

原則的には栄養不足が出ないような食事を心がけることが大切ですが、どうしても足りなくなる成分はサプリで補いましょう。

特にやっかいなのがストレスで、食事を制限する上でイライラがたまりすぎると栄養は問題なくても肌トラブルが多く発生するようになります。

便秘になることも多いので、できる限りストレッチなどは行っておなかへの刺激を絶やさないようにしてください。

痩せすぎは危険!おこりうる不具合は?


普段から肥満体質に悩まされている人たちにとって、すらっとした体型というのはあこがれるものではありますが、人によっては全く太れないというタイプの方もいて、その体質を異常に嫌っている人もいるのです。

痩せすぎはBMIにおける18.5未満なのですが、現代日本では増加傾向にあるようです。

これは拒食症の前段階とも考えられますし、元々胃腸の働きが弱くて栄養素の吸収効率が悪いことも考えられます。

胃下垂でも栄養吸収効率は落ちますので考えられるといえるでしょう。

ほかには過度なストレスから食欲が減衰してしまって胃腸のトラブルまで発生するようになり、痩せるという人もいます。

鬱病などの心の病が隠れている可能性もあり、痩せすぎている人たちは心身の健康に何かしらの悪影響が及んでいる確率が高くなっているということをご認識頂けたらと思います。

ダイエットによる肌荒れの改善法は?痩せすぎは危険!のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はダイエットにおける肌荒れについて考察して参りました。

肌荒れは生きていく上では避けにくいトラブルではありますが、ダイエットをしている人たちの場合はこの頻度が非常に多くなり、長い期間悩まされている人も多くいます。

健康にするための努力が不健康につながってしまうこともよくありますので、できる限り無茶しない範囲でダイエットを行いましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)