ストレス太りの方の痩せ方とダイエットによるストレスの解消法!

ストレスで太る人の過食など特徴と反対に痩せる人の仕組み

社会人にとって非常に身近にあるストレスですが、それが溜まりすぎると多くの人のストレス特徴的な症状である過食が起こりストレス太りが発生するようになるとよく注意がうながされます。

ダイエットにおける痩せ方を調べると必ず何かしらのストレス解消法を身につけないと痩せることがなかなか難しいと言われています。

そこで、今回はストレス太るということをキーワードにその解消法を含め色々と記載していきたいと思います。


Sponsored Link


ストレスで太る人の特徴は?過食?


ストレスはあくまでゼロカロリーなのでストレスだけでは人間は太るわけではないのですが、ストレスは体に様々な負荷を与えるようになり、行動も制限されるようになりやすいので、太りやすくなります

その中でも最も多いのが過食でしょう。

ストレスが溜まりすぎると脳にも影響が出るようになってドーパミンというホルモン分泌が活発になり、満腹中枢を刺激するようになります。

つまり、食欲が増すのです。

反対に食欲を抑制するホルモンであるレプチンは減ってしまうので太りやすくなると言えるでしょう。

ほかにも呼吸が浅くなりがちなので、基礎代謝が落ちやすくダイエットしにくい体になってしまいます

これはダイエットで好きな物をひたすら我慢している人にも当てはまるので、反動として急激に太る人も出てくるようになるのです。

なぜストレスで甘いものが食べたくなる?


よく、イライラすると甘い物がほしくなると言われておりますが、実は医学的な証明もされているのです。

その最大の理由が幸せホルモンであるセロトニンを増やしたいという体の合図だからです。

セロトニンは気分を安定させる能力がある神経伝達物質で感情の爆発を抑える作用があります。

このセロトニンは幸せホルモンといわれておりますが、甘いものを食べることで増えるとも言われておりますし、それとは別に脳の快楽物質となるドーパミンを求めている作用という説もあります。

ただし、甘いものを食べてのストレス解消はドーパミンが分泌されて依存症になる危険性もあるとのこと、砂糖を摂取すると脳内でドーパミンが分泌されるようになるので、それに快楽を覚えてついつい甘い物や砂糖が大好きになってしまうのです。

その結果太りやすくなってしまいます。

ドーパミンは摂食中枢を刺激することで食欲を増大させる作用もあるので要注意となっております。

ストレスでホルモンバランスが乱れ生理やダイエットに影響も?


ストレスはホルモンバランスを乱します。

脳はちょっとしたストレスでも大きく影響されるようになりますので、ホルモン分泌の指令がうまく出せなくなるため、バランスが崩れてしまうのです。

このホルモンバランスの乱れが強くなる、および長く続くと月経前症候群が多く発生するようになるとも言われておりますし、正常な生理周期がずれてしまうこともあるでしょう。

場合によっては無月経になってしまう人もいます。

また、ホルモンバランスが乱れるようになると特に女性はダイエットの成功確率が落ちるときがあります。

その最大の理由は継続的にエストロゲンが補充されてしまうことにあります。

過剰なエストロゲンは脂肪細胞を増殖させるようになるため、太る確率が上昇するのです。

ストレス太りの人の基本的な痩せ方


ストレスで過食になってしまったり、ホルモンバランスの乱れを引き起こすようになって太りやすい状態になっている人は、呼吸が浅くなって代謝が落ちている可能性もありますし、胃腸が弱っているせいで消化不良になりやすくもなっているので、色々と悪い部分が重なるようになります。

そのような人たちの基本的な考え方は自律神経を整えるとかストレスを抑え込むためにも脳で作られる心のバランスを整える物質のセロトニンを発生させるようにするといいでしょう。


Sponsored Link


セロトニンを出す方法は深呼吸をする・リズミカルな運動をする・朝起きたら太陽の光を浴びる・よくかんで食事をする・心を休ませる・必須アミノ酸である「トリプトファン」と「ビタミンB6」を摂取するなど色々とありますので、これらを取り入れながらダイエットをするのが正解でしょう。

ストレスでダイエットが上手くいかない時に有効な漢方がある?


ストレスでダイエットがうまくいかない人向けの漢方というのも実は存在します。

ストレスが溜まると食欲が抑えられなくなり高カロリーの甘い物がものすごくほしくなってしまうのが特徴で、なかなかにしんどいといえるでしょう。

具体的な漢方は「柴胡加竜骨牡蛎湯」が該当します。

この効果は精神安定及びストレスによる過食を抑えるというまさに、メンタル的に追い込まれている人向けと言えるでしょう。

食欲を抑えて自律神経を整える「半夏厚朴湯」という漢方もあります。

漢方のみに頼るのは良くありませんが、ストレス太り向けの方の漢方もあると言うことを覚えておかれるといいでしょう。

ストレスで痩せる仕組みは?


逆にストレスがかかりすぎることで痩せるケースもあります。

その最大の特徴が食欲減少とやる気の欠如でしょう。

どちらもストレスが溜まりすぎると発症するものなのですが、やる気が全くない状態にまで追い込まれると食事をする気力すらわかなくなるので、結果的に痩せます

たとえば「失恋のショックで食事がのども通らない」という人や「メンタル的につらくて料理する気力も食事をしに行く気力もわかない」という人は速いスピードで痩せていきます。

ダイエットのストレスがリバウンドにつながる?


これは可能性としてはあると思います。

まず、ストレスが溜まるダイエットの筆頭が食事制限がきついタイプのダイエットです。

運動が主体でも食事制限がきついとどうしてもストレスが溜まります。

運動が嫌いな人の場合、最初のうちは運動でもストレスが溜まるでしょう。

そこで、ある程度順調に痩せていた人が停滞期に入ってほとんど痩せない状態になり、そこでそのままダイエットをやめてしまい、食生活を元に戻すとかなりの確率でリバウンドをします。

停滞期は自分の食生活を切り替えてもすぐに元通りになるわけではなく、栄養素の吸収効率がしばらくは異常に高まった状態になるのです。

その状態でストレスの反動によりたくさん食べてしまうとたちまち体重が元に戻ってしまうでしょう。

ダイエットのストレスを解消する方法


ダイエット中のストレス解消は、食事が原因なら低カロリーの物を摂取するのが良いでしょう。

そこで、ついつい欲しいものを摂取するようになると太ってしまいます

それか、運動をしてストレスを解消するという方法もあります。

具体的にランニングやジョギングができればベストなのですが、それもいやだという人は散歩やショッピングなどで歩き回るようにしてください。

ダイエット中は食事制限がきついという人も多いでしょうが、どうしても我慢できない人たちは体を動かすか低カロリーの何かを食べて凌ぐというやり方を覚えましょう。

ストレス太りの方の痩せ方とダイエットによるストレスの解消法!のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はストレス太りについて色々と記載をして参りました。

ストレス太りはストレスによって引き起こされる現象がすべてであり、我慢できる人ならば発生することは少ないでしょう。

しかし、このストレスを乗り越えたとしても、ダイエットを続けるのならひたすら戦い続ける必要が出てきてしまうので、どこかで折り合いをつけるしか方法はなくなります。

なかなかに、難しいことではありますがセロトニンの分泌量を制御しつつ解消法を実践していって頂けたらと思います。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)