食事制限なしで痩せるダイエット法【筋トレ・運動・サプリ】

食事制限なしでダイエットする方法!1ヶ月など短期も可能?

ダイエットの方法はいろいろとありますが、理想は食事制限なしですんなりと痩せることにあります。

そのためには筋トレ運動を駆使する必要がありますし、人によってはサプリに頼るケースがあるかもしれません。

今回は、食事制限なしでも痩せられるかに絞って記載していきます。


Sponsored Link


食事制限なしでダイエットする方法は?


食事制限なしでダイエットをする方法はあります。

基本的な考え方は、食事制限なしとは好きなものを無制限に食べられるダイエットではないということを理解し、消費カロリーを増やすために運動は必須であるということを理解することです。

食事制限なしならば何を食べてもいいと感じてしまうかもしれませんが、それは違います。

3食普通に食べつつも、血糖値をコントロールする必要があると考えてください。

何でもありの食生活ではおそらく痩せないでしょう。

また、食生活での苦労が少ない分、消費カロリーをかなり増やす必要がありますので、毎日の日常に運動を取り入れる必要があります。

可能なら現状より毎日消費カロリーを200kcal程度になるまで消費量を増やしたいところですが、それもかなり厳しい方は30分以上は運動をできる時間を確保してください。

つまり、食事の量は減らさないで質を向上させ、消費カロリーを増やすために運動を実行するのが、食事制限がないダイエットになります。

食事制限なしでダイエットするための筋トレ

それでは、食事制限なしでダイエットをするために必要な筋トレを紹介しましょう。

筋トレは不要と考えている方もいますが、効率よく痩せるためにはある程度の筋力が必須なのです。

①ベンチプレス

全身運動はいくつかありますが、それが筋トレに絞ってしまった場合はかなり数は限られます。

その全身運動に比較的近い効果がある筋トレの一つがこのベンチプレスです。

家の中では実行するのは器具が必要になるのでなかなかに難しいですが、ジムに通う予定がある方はぜひとも実行してもらいたいトレーニングの一つになっているのです。

腕立てだけでは物足りないという方にはぜひとも実行してもらいたいトレーニングといえるでしょう。

②腕立て伏せ

腕立て伏せはベンチプレスと比べると強度が低くなりますが、動画のようにランタスティックのPushUpsとスライダーエクササイズを組み合わせて行うような改良を加えると一気に強度が上昇し、全身運動に近いものとなります。

やり方が豊富なので、幅広い筋肉を狙って鍛えることができるようになります。

③ランジ

こちらは下半身の筋肉を幅広く使うことができる筋トレの一つです。

太ももやふくらはぎなどを鍛えたいという方にはお勧めとなります。

すわり仕事が多いという方は足の筋肉が衰えている可能性が非常に高いので、ランジは積極的に取り入れましょう。

食事制限なしでダイエットするための有酸素運動

今度は有酸素運動を紹介します。

有酸素運動をしっかりとこなさないと脂肪が燃えませんので、体重がなかなか減らない状態になってしまうでしょう。

従いまして、食事制限なしでダイエットをする場合は必須の運動となるでしょう。

ここではできる限り簡単に実行できるものを紹介します。

①フラフープ

有酸素運動の中でもかなり消費カロリーが多くなるのがフラフープです。

フラフープを購入するというちょっとしたハードルと、フラフープを回すことができるかどうかというちょっと高めのハードルがありますが、室内でも実行可能なのでお勧めとなります。

②踏み台昇降(ステッパー)

踏み台すらあれば、狭いスペースでも室内で可能というとっても難易度が低い運動となっております。

しかし、ある程度の速度を維持することで強度も高まりますので有酸素運動としてはかなり使える運動となっております。


Sponsored Link


30分で約150kcalは消費できるので1時間もできれば300kcalも減らすことができます。

専用の台もありますので、気に入った方はそちらも購入しましょう。

③もも上げ運動

やり方はいくつかありますが、もも上げ運動もなかなか効率の良い運動になってくれます。

股関節より高く上げるように意識するとインナーマッスルにも効果的ですし、ポッコリお腹解消にも使えるでしょう。

器具も何もいらない運動ですしいつでもどこでもできますのでこちらもお勧めとなります。

食事制限なしでのダイエットをサポートするサプリ


食事制限なしで運動もなしで痩せるという名目で売られているサプリもありますが、そのような商品はあまり信用しないほうがいいでしょう。

仮にそれが完成しているのなら、それを販売している企業は一躍トップに躍り出ます。

食事制限なしで痩せる場合は、いかにして消費カロリーを増やすのかがポイントなりますので、脂肪燃焼効率を上昇させるサプリを選ぶといいでしょう。

例えば、イカなどの骨格やエビやカニの殻から摂取できるキトサンは余分な脂質や塩分を除外してくれる作用があるので、老廃物除去のために摂取するのもいいですし、BCAAのような疲労回復効果や筋力アップ効果をもたらしてくれるサプリを摂取して体質改善を目指すのもいいでしょう。

BCAAは必須アミノ酸で体内で作られない成分となっていますが、現代日本人は不足していますので筋トレ実行中の方はお勧めとなります。

食事における注意点は?


まず、食事を極端に減らすのは止めましょう。

そして食べる順番を野菜類⇒汁物⇒たんぱく質⇒糖質(炭水化物)として脂肪の吸収を抑え、満腹感を得やすくするために、50回程度噛んでから飲み込むようにしてください。

それが難しいという方は一口食べるごとにあえて箸をおくといいでしょう。

ながら食いをすると満腹中枢が刺激しにくくなって食べ過ぎる可能性があるので避けた方がいいでしょう。

あとは、お菓子を食べるのは基本的にやめるようにして、血糖値上昇指数のGI値が低い食べ物を狙って食べるようにしてください。

色が白いものはGI値が高く、黒いものは低くなるというのが基本的な考え方です。

うどんよりそば、白米より玄米、食パンよりライ麦パンという感じです。

それ以外には、こまめに水分補給をするようにして、食事の前にガムを噛んで空腹感を減らしましょう

食事制限なしで1ヶ月など短期間でのダイエットは可能?


1ヶ月で10kgのような途方もない数字ではなく、3kg程度ならば食事制限なしでも可能でしょう。

食事制限なしとはいえ、先ほど食事の内容で紹介したように意外とルールが細かく決まっているので、それを実行することは意識しないとなかなか難しいものとなっております。

しかし、それらのルールを守りつつ筋トレの後に有酸素運動をこなすようになれば脂肪も一気に燃えるようになりますので、痩せやすい体質になってぐんぐん痩せていくことでしょう。

特に無理をしているわけではないので、健康的にきれいな体形になることが可能です。

食事制限なしで痩せるダイエット法【筋トレ・運動・サプリ】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は食事制限なしで痩せる方法を細かく記載しました。

食事制限なしで痩せると聞くと、ハンバーガーなどの高カロリーなものや糖質がたっぷりのお菓子をいくら食べても問題なく痩せることができると思ってしまうかもしれませんが、現実的にそれでは難しいでしょう。

食事制限なしとは辛くならないレベルでお腹を満たすことができるけれど、食べられるものにちょっとした制限がかかっている運動主体のダイエットになっているということを理解して頂けたらと思います。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)