満腹食べてダイエット!低カロリーの食品やおやつやレシピは?

もやしや雑炊・スープは満腹ダイエット向きかとコンビニで買える食事

カロリーを抑えつつも満腹の状態をなんとか作り出すことがダイエットを成功させる秘訣ではありますが、実現させるのはちょっと難しいものなのです。

低カロリー食品おやつレシピなどをどれくらい知っているのかが鍵になります。

そこで、今回は満腹感を得られるダイエット法について触れてみたいと思います。


Sponsored Link


満腹食べてダイエットできる満腹ダイエット法とは?


ダイエットの方法は色々とありますが、その中でも最もシンプルなのが食べないことです。

食事をしなければ確実に痩せます。

しかし、栄養価的には絶対にやってはいけないことですし、空腹感との勝負になってしまいますので毎日つらい思いをするでしょう。

そうなるとストレスもたまってしまうようになりますので、失敗する確率も一気に高まります。

そんな状態と正反対にあるのが満腹食べてダイエットできる満腹ダイエット法です。

元々人間は空腹感が強くなると体から「栄養を摂れ」という命令が出るようになります。

いわゆる「摂食中枢」が働くのです。

これが働かないようにするためには、逆に「満腹中枢」を効率的に刺激してあげる必要があります。

やり方はひたすら低カロリーのものを選ぶとか、お腹の中で膨らむものを選ぶとか、コルチゾル・インスリン・レプチンなどの満腹中枢を刺激する物質をうまく利用するなどいくつかあるでしょう。

もやしや雑炊・スープは満腹ダイエット向き?


安くてヘルシーかつ量のかさ増しができるもやしは非常に使い勝手がよく満腹ダイエット向きといえます。

もやしには不溶性食物繊維が豊富に含まれているので、体内にある水分を吸収してふくれあがる作用もあり、満腹感を感じやすいというメリットもあるのです。

雑炊は普通の白米を摂取するよりも水分量が多くなることでお米の分量が減らせるようになり、カロリーと糖質量が控えられるので使い勝手はいいでしょう。

ただし、雑炊やスープは満腹感が強いのかといわれるとちょっと難しいといえるでしょう。

スープの場合は具が何かにもよりますし、雑炊では満腹感が強いという意見はあまり見つかりませんでした。

スープを活用する人は玉ねぎ・ピーマン・セロリ・キャベツなどの低カロリー野菜をたっぷり使ってかみ応えのあるスープにされるといいでしょう。

満腹ダイエットに向く食品は?


満腹ダイエットに向く食品というのはいろんな方々が研究しているようで、意見が統一されていません。

なので、その中でも最も解説として説得力があり実用したいと思っているものを紹介します。

まずは、タンパク質の摂取量でしょう。

タンパク質はほかの栄養素と比べると消化が遅くドーパミンが放出されるためダイエット向きといえますし、基本的にダイエットをしている人は不足しがちなので積極的に摂取した方がいいです。

具体的には鶏のササミ・鳥の胸肉・牛肉の赤身・鰹・アジなどでしょう。

ササミは定番なのですが、プリン体を気にしている糖尿病患者の方は気をつけましょう。

食物繊維が豊富なものを食べるのもすごく良いです。

インゲン豆・おから・よもぎ・納豆・パセリ・キクラゲ・青のり・寒天・モロヘイヤ・ゆりね・しそなどがあります。

満腹ダイエットの食事法は?


満腹ダイエットのやり方は意見が統一されていないので決まっていないと思った方がいいです。

その中でもよく使われる意見を紹介します。

まずいわれていることは、1日3食きっちり摂るということです。

夕飯の量を減らすというやり方はよく掲載されますが、そのやり方をとる人でも必ず3食は摂取しましょう。

また、お菓子・果物・ジュースなどの高カロリー食品は禁止です。

乳製品まで否定する人もいましたが、豆乳などの栄養素が高いものも多いので否定する必要はないと考えております。

満腹感を必死に得るような食材を選んでいたとしても、高カロリーのおやつを食べるとすべてが台無しになるので気をつけましょう。

また、かむ回数を増やすと満腹感が得やすいので、かむ回数は増やすようにしましょう。


Sponsored Link


低カロリーで満腹感を得やすいおやつ


満腹感を得やすいものはおやつにもあります。

ただできればおやつは我慢するのが正解です。

1日3食でしっかりと満腹感を満たすようにする必要があるのですが、それができない人は低カロリーで満腹感が高めのおやつを食べましょう。

具体的にはほしいも・甘栗・ゆで卵・乾燥わかめ・おからクッキー・おしゃぶり昆布などが該当するでしょう。

低カロリーのおやつはたくさんあるのですが、満腹感もとなると限られてしまいますので、そこは我慢するしかないでしょう。

コンビニで買える低カロリーで満腹感を得やすい食材


コンビニで購入できる低カロリー食品もかなり増えましたが、それに満腹感も加わるとかなり厳選されます。

具体的にはサラダチキン・チョレギサラダ・味付け半熟ゆでたまご・枝豆・食物繊維麺入りそばといったところでしょうか。

食物繊維が豊富で低カロリーの食品を選ぶことを意識されると良いでしょう。

選ぶのに迷ったらカロリーと成分表から確認するようにしてください。

コンビニによっては商品が大きく変わりますので、なかなか自分に合った商品が見つからないのなら、ほかのコンビニ会社のお店に行って品物を見るようにしましょう。

空腹を抑えるサプリとは?


空腹を抑える方法としてサプリメントを使うというやり方もありますが、これもかなり賛否両論となっており、なんともいえません

売られているサプリメントの売り文句を見てみると「偽満腹を作る」とか「糖質や脂質を吸収させにくいようにする」とか「ストレスを抑え込む」というものでした。

様々なタイプがありますが、それぞれダイエットには効果的として発売されております。

満腹中枢に働きかけるサプリはガル二シア・ギムネマ・カプサイシンなどの成分が含まれているでしょう。

糖質や脂質を吸収させにくい状態にするのはコエンザイムQ10やαーリポ酸が含まれていると思います。

率直に申し上げますと、効果がないという意見もかなりありますので、サプリに頼る前に自分でできることは行った方がいいと思います。

宝くじのように効果が出ればラッキーと考えている人なら購入して使うのも良いでしょう。

満腹ダイエットにおすすめのレシピ3選

満腹ダイエットにおすすめなレシピを紹介します。

①簡単★おからde満腹スコーン★


(https://cookpad.com/recipe/4566800)

これはおやつをどうしても食べたいと思ってしまう人にお勧めなレシピです。

おからを使っているので満腹感を得やすくスコーンなのでおやつとして使えるでしょう。

②ダイエット☆満腹おからきのこハンバーグ


(https://cookpad.com/recipe/3407999)

キノコ好きの方には確実におすすめできるハンバーグです。

キノコは冷凍しておくと旨みが増すのでちょっとした工夫を加えておいしく調理してください。

③ごちそうレタス


(https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1390011901/?l-id=nw_blg_blg)

ダイエットに使われることが多いレタスですが、これはあと一品追加したいというときに使えるレシピです。

簡単に作ることができるので、興味がある方は今すぐにでも作るといいでしょう。

満腹食べてダイエット!低カロリーの食品やおやつやレシピは?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は満腹感を得られる食べ物を紹介し、そこからダイエットにつなげました。

満腹感を得やすい食べ物はかなりあるのですが、そこに低カロリーが絡むとかなり厳選されます。

そのため、レシピをいくつ知っているのか、使える食材は何なのかをどれだけ知っているのかが大切になるでしょう。

慣れていない人はずっと同じ食べ物を我慢して食べ続けることになるので、ストレスがたまってしまいます。

そのような人は運動を主体にした方がいいのではないかと思います。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)