空腹を楽しむダイエット法や空腹を紛らわすおやつや対策!

空腹時におすすめの飲み物や寝れない時の対策!

ダイエットにおいて最も効果を出しやすいダイエットが、食べないという行為です。

しかし空腹感がつらくて挫折する人が多数います。

空腹を乗り越える方法の1つにその状態を楽しむようにするというものがあります。

そのため空腹を楽しむダイエットというのが注目されると同時に、空腹紛らわすおやつ対策が検索ワードとしても上位に入っていることが多くあります。

そこで、今回はこの空腹を楽しむダイエットについて解説してみたいと思います。


Sponsored Link


空腹を楽しむダイエット法とは?


空腹になることがつらいと感じる人は多く、そのために食事制限系のダイエットを挫折する方は世の中にたくさんいます。

つらいことばかりを考えると実行する気力もなくなるものです。

逆に、空腹になるメリットを理解してうまく活用することで、空腹を楽しめるようになり、ダイエットも成功しやすくなります

具体的には空腹の状態になると食事の後のボーっとする時間帯とは真逆に集中力が上がります

消化に必要なエネルギーも少なくなるので、夕飯を減らした場合はすっきり起きられる確率も上がるのです。

それ以外には、白血球の働きが活発になって免疫力が高まるといわれておりますし、成長ホルモンの分泌が活発になりやすいので、筋肉もつけやすくなってハリのある髪や肌を取り戻しやすくなるでしょう。

成長ホルモンが多くなればなるほど脂肪は燃えやすくなるのでダイエット効率も上がるのです。

これらのプラス作用を理解して、メリットがあると思えれば、ある程度は凌ぎやすくなるケースが多いです。

空腹タイムを作るための食事の方法は?


空腹を楽しむためには炭水化物の量を減らして糖質をできる限り少なくし、砂糖や油分の摂取もできる限り控えるのがセオリーとなります。

そしてある程度おなかがふくれる作用がある食べ物や飲み物を食事中に摂取することも重要です。

炭酸水はいくら飲んでも太らないので、食事の量を減らせますし、無添加のするめのように噛み応えがあって腹持ちがいいものを食べるのもいいでしょう。

これらの作用がある食べ物を使うことを念頭におきつつも炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった栄養素は摂るようにし、栄養バランスが崩れないように注意してください。

そして1日2~3食(個々人の体を動かす量によります)を基本とし、次の食事の前までにお腹が空くよう各食事を少食に抑えましょう

ダイエット中の空腹を紛らわす対策は?


空腹を紛らわす方法はいろいろとあります。

例えば、耳穴の前に軟骨の突起中央部分にある飢点といったツボを刺激するとか、ガムをひたすら噛み続けることで満腹中枢を刺激させるようにするとか、炭酸水をひたすら飲むとか、あえて軽い運動をするというのもあるでしょう。

おなかがすいた状態で動くのは愚策のように感じるでしょうが、軽く動くことは交感神経が活発化することにつながるので、食欲が低下することも多く我慢できる時間が延びることもあります。

他にはあえて寝るとかリラックス効果があるアロマの匂いを嗅ぐという方法もあるでしょう。

脳の動きを活発化させて空腹を紛らわすことができる歯磨きも推奨されることがあります。

あとは、空腹感を全く感じないほど、のめり込める何かをするというのもいいでしょう。

これは趣味に該当するものとなっているので行動は異なるでしょうが、映画鑑賞が大好きな人は盛り上がるシーンが多い映画を見れば時間が経過するスピードが速くなって空腹感を感じることは減りますし、ゲーム好きな方はひたすら面白いゲームをするのもありとなっております。


Sponsored Link


ダイエット中の空腹時におすすめの飲み物は?


炭酸水はこの空腹を紛らわすのに非常に効率が良いですが、すでにお腹がすいており我慢できない状況で使うのは危険であるという意見もあります。

なので、今現在お腹がすいてどうしようもないという方は、水やコーヒーに頼るのがいいでしょう。

水は満腹感や紛らわせる時間はかなり短いですが、たくさん飲んでも太らないので、お腹がすくタイミングで補給するのは有効な方法といえます。

コーヒーは普通のコーヒーではなくスパイス系のものが入ったもの、例えばジンジャーやシナモンを入れて飲むことで鼻からすったときによい刺激になって空腹感がごまかしやすくなります。

イライラしているときに落ち着ける作用となっているのです。

あとは牛乳や豆乳といった乳製品でしょうか。

特に豆乳は栄養豊富な飲み物なのでお勧めとなっております。

ダイエット中の空腹時にやむを得ずつまむならどんなおやつがいい?

ダイエット中の空腹が耐えきれなくて間食をしてしまうという人はかなりいますが、これはどうしても我慢できないときのみにしてください。

このダイエットは空腹の状態をできる限りキープすることが重要ですので、間食することは基本的にはNGとなるのです。

それでも我慢ができないという人は、ナッツ類やするめ、ヨーグルトや昆布屋ところてんの力を頼りましょう。

ナッツ類は高カロリーになってはいますが、糖質が非常に少なめで栄養補給ができるのでお勧めとなっております。

重ねて記載しますが、どうしてお我慢ができないときだけ、摂取するようにしましょう。

できる限り空腹を楽しんでください。

私の経験上では基本的にはだんだん空腹が苦ではなくなってくるはずです。

ダイエット中に空腹で寝れない時の対策は?


夜中にお腹がすいてしまう理由は、夕飯が血糖値も急激に上がる作用が強い炭水化物が多めの食事になっていたとか、早食いで噛む回数がとても少なくお腹がすいたと感じてしまうとか、寝る前にテレビ番組などでおいしい食べ物紹介などを見てしまうなどいろいろなことが考えられます。

そうならないようにするためには、寝る2~3時間前くらいに血糖値が急上昇しない食物繊維などを摂取することが重要になるでしょう。

特に寝ているときの空腹感がひどいという方は噛む回数をひたすら増やして満腹感が持続するように努めてください。

また、シンプルですが、活動時間が長い人ほど空腹を感じる確率は上がりますので、夜中まで起きているのではなく、早めに寝るようにすれば空腹感を感じにくくなるでしょう。

今現在、空腹で眠れないという方は、軽い運動をしてあえてアドレナリンを分泌させて血糖値を上げ、空腹感を抑えるという方法もありますが、毎日のことですので、日常生活における寝る前の行動自体を見直された方が良いでしょう。

空腹時の運動は脂肪燃焼効果が高い?


空腹時に運動をすることは全く持って意味がないという意見を出す人もいますが、ダイエット狙いの方は空腹時に実行することのほうが良いといえるでしょう。

空腹時は体にたまっている糖質も少なくなっているのでそれを燃焼させてしまうと、脂肪や筋肉からエネルギーを持ってくるようになります。

この時の前の食事などでタンパク質を補給していた場合は、脂肪のみが高確率で燃焼していくでしょう。

ただし、血糖値が低い状態でエネルギーの消費が激しい運動をした場合、極度の低血糖により貧血などのトラブルが発生するので、強度の強い運動は良くありません

空腹を楽しむダイエット法や空腹を紛らわすおやつや対策!のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は空腹を楽しむ方法やしのぐ方法を記載しました。

ダイエットにおいて必ず立ちはだかるのが、空腹感ですが、この空腹感を利用できるようになれば、その人は高確率で痩せていくことになります。

現代人は食べ物を摂取しすぎなので、空腹感をほとんど感じないで生活している人が非常に多いのです。

本格的に痩せたいという方は、空腹状態になるような食生活に挑んでみるといいでしょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)