飲むヨーグルトのダイエット効果や方法!夜飲むと太る?

作り方レシピやおすすめの量など飲むヨーグルトダイエットの方法

健康に良いとしてダイエット目的の方でなくても、愛用されている飲むヨーグルトですが、効果的であるとはいわれているものの、方法を間違えると太るとか、飲むのは良くないという声もちらほら出てきております。

そこで、今回はその気になる部分を解明しつつ、飲むヨーグルトダイエット効果的なのかを調べていきたいと思います。


Sponsored Link


飲むヨーグルトのダイエット効果は?


飲むヨーグルトにはダイエット効果があるとネット上ではちょっとした話題になっております。

SNS上にもそれらしき書き込みがいくつもあるので、実行者も増加中のようです。

ヨーグルトと飲むヨーグルトは基本的に大きな違いはないので、ヨーグルトを使ってダイエットをしたいと考えている方は飲むヨーグルトを使ってダイエットをしたとしてもほぼ同じ効果が出ることが予想されます。

しかし、個人的には普通のヨーグルトよりも飲むヨーグルトのほうが摂取しやすいので、ダイエット向けなのは飲むヨーグルトと言えるのではないかと思います。

ダイエット効果としては、乳酸菌の力でお腹の調子をアップさせてくれるところでしょうか。

夕食後のタイミングで摂取すると腸内環境が夜に整うようになるので、朝起きた時の腸内の状態がかなりよくなると言われています。

そのため、便通改善やデトックス効果が期待できます

あとは、摂取するカルシウムの力で脂肪燃焼効率も上昇するというのもダイエットではポイントと言えるのではないでしょうか。

飲むヨーグルトでのダイエット方法!夜飲むと太ることも?

やり方はいくつかあります。

まずおやつか間食にヨーグルトを摂取するという方法です。

飲むヨーグルトは種類によってクリーミー感もありますし、満足感を得ることができるので間食代わりに摂取すれば痩せやすくもなるでしょう。

他には食前や食後に摂取することです。

食前ならば食欲を抑えやすくなるので食事の量を減らすことができますし、食後なら整腸作用が効率的に働くようになるので胃腸の調子が悪い方にはおすすめとなるでしょう。

あとは、しっかりとダイエットをしたいのなら1食分の代わりに飲むヨーグルトに切り替えるやり方もあります

朝食や昼食があまり食べられないという人には十分な満足感を与えられるでしょう。

また夜飲むと太るという意見もいくつかありますが、個人的には夜飲むのがベストだと思います。

寝る直前では遅すぎますが、夕食後などに摂取すれば腸が活発に動く夜の22:00〜2:00のタイミングで乳酸菌が働くようになりますので、デトックス効果が上がるのです。

また、可能ならヨーグルトで胃腸を冷やさないようにするためにも、ホットヨーグルトにしてから飲むようにしましょう。

飲むヨーグルトのおすすめの量は?


これはメーカーによって異なるでしょう。

例えばヨーグルトで比較してみても、「ダノンビオ」は1日1~3個が目安という記載があるのに対し、「ダノンデンシア」になると1日1個が目安となっているので、それぞれのヨーグルトに合わせて調整するしかありません。

大容量タイプのモノでも、だいたい100g程度が目安となっているので、参考にされるといいでしょう。

ネット上の情報もいくつかありますが、殆どのデータが「目安」とか「おそらくこれぐらい」といった量なので明確な数字は出せないようです。

ただし、便秘解消といった要素を期待している方は1日200g程度は摂取したほうがいいと思います。

腸内環境改善も考えている方は200~300gが目安だそうです。

商品に合わせて量を調整し、便秘解消や腸内環境改善も考えている方は多めに摂取するのが正解という結論になるかと思います。

飲むヨーグルトでのダイエットは本当に痩せる?口コミは?


ヨーグルトダイエットと飲むヨーグルトダイエットは効果的には一緒なので、口コミ数が圧倒的に多いヨーグルトダイエットから見ていきましょう。

こちらはペースはそこそこですが、お手軽であり予算もそこまでかからず成功率もまずまず高いダイエットと言えそうです。

飲むヨーグルトのほうも、「正月休み中に飲みまくったら痩せた」とか「腸内環境を整えるために飲みまくったら痩せた」という口コミがあるので、成功率は高いのでしょう。


Sponsored Link


ダイエットの基本は意志力なのですが、ヨーグルトは色々とアレンジができるので、みなさんいろんなアレンジを加えて長期間摂取し続けているようです。

同じ味をひたすら食べ続けるのはやっぱりきついのでしょう。

飲むヨーグルトで太る人の考えられる原因は?


飲むヨーグルトやヨーグルトは太るからダイエットに向かないという声もネット上にはいくつかあります。

いくつか原因は推測できますが、その一つは置き換えダイエットをしていた場合空腹を抑えることができなかったため、食事摂取量が結果的に増えてしまい、太ってしまったというパターンでしょう。

糖質やカロリーはいくらかありますが、この飲むヨーグルトをちょっと多めに摂取したからといって太る理由にはならないと思います。

それこそ10リットルなんてけた外れの数字だった場合は別ですが、400gとかなら100mlあたりカロリーは70kcalなので太るとは思えないのです。

また、もし飲むヨーグルトやヨーグルトで太ったのなら、果糖が多い果物を大量に入れて摂取したとか、砂糖をたっぷり入れた等の付け加えたものが問題なのではないでしょうか。

飲むヨーグルトの色々な作り方レシピは?


飲むヨーグルトは市販品でもたくさんありますが、ダイエットをする場合は長期間必要になるので、少しでも経費を削減するためにも自分でつくれるようになった方がお得でしょう。

そこで、今回はこの飲むヨーグルト関連のレシピを紹介します。

ベーシックな飲むヨーグルト


最もシンプルな飲むヨーグルトの作り方です。

材料はプレーンヨーグルト・砂糖・牛乳のみになります、お好きな量で作成してください。

ただしダイエット用ですので砂糖の量には注意しましょう。

また、作るためにはミキサーは必須です。

作りかたはプレーンヨーグルトと砂糖をミキサーに入れてかき混ぜて、ある程度のとろみが出たら牛乳で割るだけです。

甘さも自分で砂糖を調整すればOKですし、レモン汁を加えることで飲むヨーグルトが苦手な方でも飲みやすくなるでしょう。

アレンジが非常に効くのでまずはこのシンプルな作り方を覚えて、自分好みの味を見つけてください。

飲むヨーグルト風ドリンク


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/1614813)

これはレモン汁を使った飲むヨーグルト風のドリンクです。

具体的な量まで記載してあるので、参考にしてください。

材料はプレーンヨーグルト・牛乳・レモン汁・砂糖の4つだけですので誰でも作ることができるでしょう。

分量に関してもお好みで調整してくださいと書いてあるのであくまで参考としてみるようにしてください。

飲むヨーグルトで下痢をする人も?


飲むヨーグルトを作るのは非常に簡単なので、多くの人たちが用いているのですが、ダイエットで利用した時に「飲むと腹の調子が悪くなる」とか「下痢になって辛い」という人たちが一定数います。

その理由は色々とあるのですが、最大の原因はヨーグルトを冷たい状態で摂取することでしょう。

冷たいものを摂取すると腸の動きが促進されるので反応が良い人は下痢になります。

また、人によってはヨーグルトの脂肪を分解できずに下痢になってしまう人もいるようです。

それ以外にも、乳酸菌との相性が悪いと下痢になるという人もいるため、注意が必要でしょう。

結論として、冷たすぎるとあらゆる人たちが下痢になる可能性があり、人によっては相性の問題で下痢になる人もいるようなので、下痢になったら摂取の仕方を工夫するか相性の良いヨーグルトを探して切り替えられるといいでしょう。

飲むヨーグルトのダイエット効果や方法!夜飲むと太る?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は飲むヨーグルトを使ったダイエットについて記載してきました。

飲むヨーグルトはダイエットとして効果的ではあるようですが、ヨーグルトの相性によって健康な人でも下痢になってしまうことがあります。

どうしても下痢が酷いという人は、このダイエット法を避けるか相性の良いヨーグルトを探すしかないかと思います。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)