スクワットダイエットの効果が出る期間は?やり方や回数は?

スクワット



お腹などスクワットダイエットの効果や方法

スクワットダイエットは手軽でお金もかからないため非常に大人気になり、いろんな場所で推奨されるダイエット法になりました。

しかし、始めよう!と思ったのはいいものの、具体的なやり方回数効果が出るまでの期間といったところはわからなかったりもします。

そこで、今回はスクワットダイエットのやり方回数効果が出るまでの期間などについてお伝えしたいと思います。


Sponsored Link


スクワットダイエットの効果は足に表れる?

squatdiet-kouka
スクワットは正しく行われれば、太ももなどの足の筋肉だけでなく腕や背筋なども鍛えられるので非常に効果の高い運動となっております。

そのため、全体的に筋肉を使う運動に該当するので部分痩せダイエットプラスアルファの効果があると考えて良いでしょう。

最も鍛えられるところはどこだと問われた場合、太ももの筋肉になるのでその視点から考えますと、足痩せダイエットには向いていると言えるでしょう。

人によっては太ももがパンパンになってムキムキになるとイメージしている人もいるかもしれませんが、絵に描いたような太ももにはそう簡単にはなりませんので、気にする必要はございません。

また、太ももは全身で最も筋肉量の多い部位なので、この部分が全く使われていない方は基本的に基礎代謝が低下します。

そのため、基礎代謝を上げたい方こそスクワットをするべきです。

 

ダイエットで基礎代謝を上げるサプリや方法は?摂取カロリー計算法は?

代謝をあげる方法【食べ物・サプリ・ストレッチ・運動など】

太もも痩せダイエットの方法は?効果的なエクササイズは?

 

スクワットダイエットはお腹にも効果的?

sitabara-genin
スクワットをする際には様々な筋肉が使われることになるので、もちろん腹筋にも効果があります。

まず、スクワットをした場合、股関節に負荷がかかるので腸腰筋を使うことになります。

この腸腰筋はおなか側の腰骨についている筋肉なので、スクワットをすると腸腰筋にも刺激が加わりウエストも締まるということなのですね。

しかしスクワットの最大の魅力は何といっても下半身にある全身の70%もの筋肉を鍛えることができることでしょう。

特にふくらはぎは鍛えないとむくみが多発するようになるので、スクワットによって腓腹筋やヒラメ筋が鍛えられることでふくらはぎのたるみを防いでくれます。

お尻が引き締まってヒップアップにもつながるので、最近お尻が下がってきたと感じる方にもおすすめですよ。

 

お腹周りの脂肪の原因と落とし方は?筋トレなど無酸素運動?

腹筋ダイエットは痩せる?期待される効果やメニュー・回数は?

下半身ダイエットを成功させる方法!簡単な運動や器具など

 

男女共にできるスクワットの正しいやり方と効果の出る回数は?

正しいスクワットには諸説ありますが、基本的に大切なことは膝が前に行きすぎないことと、お尻を突き出すようにして太腿が床と平行になるようにすることですね。

何れにしても、お尻を突き出すようにして太ももが床と平行にしようとする場合、膝が前に出ていると体勢的に平行にすることが相当苦しいのでできないでしょう。

動画にて正しいやり方と間違いについて指摘されているので一度ご覧ください。

一通りの基本となっているスクワットは以下になります。

1.肩幅より少し広めに足を開き、指先を外側に向けて立ち、手は腰・胸の前・頭の後ろのいずれかにおく(負荷は腰→胸の前→頭の後ろの順で負荷が大きくなるので、慣れない人は手を腰におくといいです)

2.息を吸いながら、お尻を突き出すようにして太腿が床と平行になるようにしてしゃがむ(背筋を伸ばして背中が丸まらないようにする)。

3.息を吐きながらゆっくりと体を起こし、ヒザが伸びきらないところでストップし、この時背中が丸くならないように、背筋を伸ばすように姿勢にも注意しましょう(ヒザを伸ばしきると、ヒザに負担がかかりやすくなり、膝を悪くすることもあるので危険です)。

回数については諸説ありますが、基本的なものの場合は5回または10回を2~3セット行えば十分でしょう。

とは言え、自分のその時点の筋力に合わせて最初は少ない回数から始め、徐々に筋力がついてきたら上記の回数を目標に少しずつ増やしていくという考え方が良いでしょう。

 

お尻痩せダイエットの方法【ストレッチ・エクササイズなど】

膝の上の肉をとる方法【エクササイズ・マッサージなど】と原因

背中の肉を落とすダイエット法【エクササイズ・ストレッチなど】

 

スクワットは毎日行った方が良い?


これはその人の状況次第でしょう。

ほとんど筋肉が無い人が負荷をかけて毎日スクワットを実行した場合、筋肉痛になってしまいますので間隔を置いた方がいいですが、そこまで筋肉痛を感じないという方は毎日実行した方がいいです。

運動に対する考え方として、間隔を空けた方がいいのは超回復が必要なレベルの高負荷な筋トレや筋肉痛が生じる状態になりますので、スクワット程度ならば日をまたぐ必要は無いのです。

しかし、そのスクワットがダンベルなどの重しを使って高負荷になっているものだった場合は体への負担も大きくなってしまいますので、超回復を狙って日をまたぐようにした方がいいでしょう。

結論として、自重のみで行うレベルのスクワットだった場合は毎日実行するのが基本で、自重以外に負荷を追加し、かなり体に負担をかける場合は日をまたいだほうがいいということになります。

 

超回復につきましては次のページも参考にしてください。

ダイエットの筋トレで体重増加はなぜ?効果的なメニューは?

 

スクワットダイエットにおける正しい呼吸法は?

筋トレやストレッチ、そしてエクササイズにおいても大切なことは呼吸をどのように行うかです。

基本的に運動をしている時は筋肉は酸素が必須となっているので、呼吸法によって効果が変わってきます。

原則としては力を入れたいときに息を吐き、脱力するときに吸うのが良いでしょう。

スクワットの場合は鼻から吸って口から細くゆっくり吐き出していく感じでやってみるのが良いでしょう。

基本は下腹を意識した腹式呼吸で、筋肉に負荷がかかっている時は息を吐き負荷が抜ける時に呼吸をしてください。

 

下腹ダイエットを即効で行う運動や食事は?腹筋やプール?

ダイエット!寝る前の食事や飲み物・筋トレやストレッチ

二の腕痩せダイエットの方法!エクササイズにエステなど

 

スクワットで効果が表れる期間は一ヶ月?


Sponsored Link


スクワットダイエットの効果が出るまでの日数ですが、だいたい早くて1周間から2週間程度で効果がでてきてくると言われております。

しかし30日以上経過してもダイエット効果が出ない人もいるでしょう。

ちなみに、アメリカでは「30日スクワット」と言うダイエット方法が女子の間でものすごく流行っているようなので、そのことから日本でも30日で効果があるといわれるようになったのかもしれません。

この場合のやり方は以下の通りです。

1.3日間スクワットをやったら1日休む

2.初日は50回からスタートして、やるたびに5回ずつ増やしていく

最終的には250回ほどやることになるので相当ハードになりますね。

 

一週間でダイエット!3 キロ痩せる運動や献立など方法は?

ふくらはぎ痩せダイエットの方法【運動・マッサージ・筋トレなど】

 

ダイエットは日記をつけると効果的?

squatdiet-nikki
日記をつけると痩せやすくなるといいますか、日記をつけて毎日体重計に乗ったり食事のメニューを記載するようにすれば、体重が減っているかどうか、栄養価は偏っていないかを判断することができるようになるので、見直しも図れるようになって効果が上がるという考えです。

食べ過ぎているかどうかも把握できるようになり、運動量もメモしておけば運動量が少ないのか多いのかを認識できるので、ダイエットへの意識がすごく高まり、その結果痩せやすくなります。

また、生活習慣の見直しもできるので、その点からもおすすめされております。

 

レコーディングダイエットの効果や方法は?ノート?アプリ?

計るだけダイエットの効果や記録用紙への記入など方法は?

 

スクワットダイエット効果の口コミは?

squatdiet-kutikomi
スクワットダイエットにおいてどのような口コミや評価が付いているか確認しましょう。

某評価サイトによると、ペース・手軽さ・予算・成功率の4つの評価を5段階でした場合、ペースが2・手軽さが4・予算が5・成功率が4となっておりました。

基本的にスクワット自体は有酸素運動ではなく筋トレに近いものになるため、脂肪が一気に落ちるわけではなく、ペース評価は落ち込むのは当然のことでしょう。

ただし、体一つでできるため予算や手軽さは高評価になります。成功率も4と高評価となっていますので、やはりおすすめの運動と言えるかと思います。

長きにわたって実行し続けることのできる方が多いということですね。

そのことからも長く続ければ間違いなく効果があるという証になるのではないでしょうか。

 

ダイエットで手軽にできる効果的な運動や朝食など食事レシピ

有酸素運動の効果はいつから出る?おすすめはジョギング?

 

スクワットダイエットの効果が出る期間は?やり方や回数は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はスクワットダイエットの効果が出る期間についてや、やり方および回数のことも触れさせて頂きました。

スクワットは全身運動に近いものがあるので、毎日続けることで間違いなく筋肉がついて身体の代謝も上がるはずです。それにプラスしてある程度の食事制限も行えば効果的に痩せることができるはずです。

その際にはタンパク質を多めに摂取して筋肉を落とさないようにしてあげましょう。


Sponsored Link


コメント