お尻痩せダイエットの方法【ストレッチ・エクササイズなど】

筋トレや歩き方などお尻痩せダイエットに効果的な方法

男性の方ならそこまで気にされないでしょうが、女性の方たちなら多くの人が気にする部位、それがお尻です。

そのため、お尻痩せダイエット方法は常に研究されており、ストレッチエクササイズ筋トレといろんな方法がとられております。

そこで、今回はお尻痩せダイエットの様々な方法についてお伝えします。


Sponsored Link


お尻痩せダイエットの方法

osiriyase-houhou
細身のパンツをはきたいけどお尻のせいで入らないとか昔はいていたものが体形が変わったせいではけなくなってしまったということはないですか?

人によっては下半身やお尻に脂肪が付きやすい人がいますし、特に女性の場合、筋肉量が少ないので下半身やお尻周りは脂肪が付きやすくなってしまいます

お尻が大きくなる原因は、脂肪がついたパターン、骨盤が歪んでしまったパターン、筋力が低下してしまっているパターンの3つに分けられます。

そのため、ただ単にダイエットをしても成功しないことがあるのです。

実際に、お尻痩せをしたいならウォーキング・筋トレ・ストレッチ・骨盤矯正・マッサージ・エステ等が有効でしょう。

他にもバランスボールを使ったりお尻歩きをすることも有効となります。

 

ウォーキングのダイエット効果は?成功する距離・時間・頻度は?

 

お尻痩せに効果的なストレッチは?

筋肉と関節の可動域を向上させるストレッチですが、基本的に体のこわばりがあったり疲労が蓄積されているなら、まずはこれから始めるといいでしょう。

ウォーキングや筋トレとなるとちょっと負荷が重くなるケースもあるので、慣れないうちはストレッチから始めましょう

やり方は動画参照となりますが、一応文字でも記載しておきます。

1.四つん這いの姿勢になる

2.お腹を意識しながら、呼吸をし、息を吐きながら、左手と右足を床に対して平行になるように上げて、この体勢を30秒キープする。

3.30秒たったら、右足を床につけないように下げ、そのまま膝を外に開くようにアップとダウンと繰り返しを30回行う

4.さらに、右足を床につけないで、今度は足裏を天井に押しつけるイメージで上げる。この時、膝は伸ばさないようにしましょう。

5.これが1セットとなり、1日3セット行う(左足ももちろん行う)

筋力が無い方の場合、最初の30秒キープがちょっと大変かもしれません。

ただし、ストレッチの分類に入っているものであり、負荷はそこまできつくはないので、苦しさはそれほど感じないでしょう。

 

太もも痩せダイエットの方法は?効果的なエクササイズは?

 

お尻痩せに効果的な運動【エクササイズ】は?

こちらはエクササイズに分類されるものなので、ストレッチよりも少し負荷が大きくなっているでしょう。

やり方は動画参照なのですが、こちらも文字にて記載しておきますね。

1.姿勢を整え、まっすぐに立つ

2.両手をウエストに置き、右足のつま先を床につけ、膝を軽く折り曲げた状態から、膝を中、外へと開いていく

3.膝を外に開いたら、そのまま後ろ側へと持ち上げる(左足も行う)

これ以外にもお尻歩きもいいでしょう。

お尻歩きは腰もひねるのでウエストの引き締めにも効果があります。

骨盤の矯正にもある程度の効果があるので、試してみるといいですよ。

やり方は以下の流れになっています。

1. 地面に座り、両足を伸ばす

2. 歩くイメージで腰をひねるように動かして、お尻で前へ進む

3. 3分間ほど行って3セットする

 

お腹周りの脂肪の原因と落とし方は?筋トレなど無酸素運動?

 

尻痩せに効果的な筋トレは?

お尻に関する筋トレで最も代表的なものはやっぱりスクワットですね。

これは太ももも鍛えられるので下半身が気になる方にもおすすめです。

道具も何も必要ないですしどこでもできますのでやり方を把握しておくといいでしょう。

また、ここではちょっと変わったスクワットを紹介しようと思います。

これはアメリカでも大流行しているので参考にしてみるといいですよ。

やり方は動画も載せますのでそちらを参考にしてください。

文字表記にすると下記になります。

1.足をお相撲さんが四股を踏む時のように大股に広げ、またつま先も外側に向ける

2.両手をお腹の上に組む

3.腰をゆっくりと深くおとす→これを10回続ける

4.組んだ両手を頭の後ろにあて上記と同じ動作をする→10回続ける

5.お相撲さんがよくやる動作ですが、両手を上に広げて掲げながら上記と同じ動作をする→これも10回続ける

 

下半身ダイエットを成功させる方法!簡単な運動や器具など

 

 

お尻痩せに効果的な歩き方は?

utimomoyase-arukikata
普段の歩き方のせいでお尻に贅肉が付きやすくなっている方もいます。


Sponsored Link


特に注意が必要なのが内股の人です。

内股の人は基本的に骨盤が歪んでおります。

そして内股の歩き方は普通の歩き方と違ってお尻の筋肉をあまり使わないので、垂れやすくなってしまうでしょう。

効果的な歩き方というよりも、しっかりと正しい姿勢で歩くことができれば間違いなく骨盤も正しい位置をキープするようになりますし、お尻が垂れることも減っていきます。

いくつかポイントがあるので、箇条書きにして記載しましょう。

・顎を引く

・腰の位置は引き気味にして前に出ないようにする

・出っ尻にならないように、へその下に力を入れるイメージを持つ

・かかとを意識して着地するようにする

・地面をけるのは足の指

・腕をある程度振って、ひざ裏を意識するのも忘れずに

 

骨盤矯正ダイエットの効果や方法【バスタオル・枕・運動など】

 

お尻痩せにスクワットは効果的?

osiriyase-squat
筋トレの項目でも紹介しましたが、スクワットは間違いなく効果的です。

ただし、いろんな方法があるので、同じスクワットでも負荷が全く異なってくるでしょう。

最初に紹介したのが「Wide Sumo Squat」というお相撲さんを意識したものでしたが、他にも相撲スクワットはたくさんあります。

例えば「片足つま先立ち相撲スクワット」なんていうものもあるのです。

やり方は下記参照。

1.脚を広めに開き、つま先を45度ほど外側に向けます。

2.この体勢から片方の脚のかかとを上げながら、ひざを曲げていきます。

3.ひざの角度が90度になったところで一旦静止します。

4.ひざを伸ばすと同時にかかとを下ろし、元の体勢に戻ります。

ひざを左右交互に上げ、これを繰り返します。

 

スクワットダイエットの効果が出る期間は?やり方や回数は?

 

エステでお尻痩せはできるの?

osiriyase-esthe
エステでも間違いなくお尻痩せはできるでしょう。

しかし、結構な金額がかかって複数回通う必要性があるので、可能なら最終手段にしておきたいです。

お金に余裕があって時間もたっぷりあるという方なら最初からエステという手段も間違いないでしょうが…

しかし、中にはあらゆる方法を行ってもなかなか痩せない人もいるのでそのような方はエステに一度行くのもありです。

基本的にエステにいる人は痩せさせることを考えてたくさんの人たちを見てきているので、痩せるプロと言ってもいい方々です。

そのため、相談をすれば今まで気が付かなかった問題点を指摘してくれる可能性があります。

下手にダイエットグッズを集めすぎてしまったり、かなり膨大な時間をかけてしまうぐらいなら最初からエステ任せにしたほうが正解なこともあるので、ケースバイケースかもしれませんね。

 

セルライトが太ももやお尻にできた!解消【つぶす】方法は?

 

おしり痩せに効果的なグッズって何かある?


部分痩せの方法は部位によって色々とありますが、その中でも地味に難易度が高めと言われているのがお尻です。

腹筋や二の腕といった部分は鍛え方もなんとなくわかりますが、お尻となるとなかなか浮かばないものと言えるでしょう。

そんな、お尻の部分痩せを応援するかのように、実はグッズも用意されているのです。

最も多いのが、下着を改良して作られた特殊なものでしょう。

たとえば「フライビシット」というショーツは骨盤矯正効果もありますし、一つ一つも安いので多くの方が求めている一品となっております。

骨盤矯正効果は実感しにくいと言われることもありますが、下着として身につけるだけですので、試してみる価値はあります。

それ以外では、リンパマッサージ効果があるスパッツとか塗り込むことで効果が発揮されるジェルなどいろんなものがあるようです。

どれが一番効果があるのかはやっぱり試してみないとわからない部分ではありますので、個人的に色々と調べてみてからの購入を推奨します。

ただ、この試すという行動にもお金はかかりますので、安いものから試してみるのが金銭面でも安全と言えるでしょう。

 

ダイエットに効果的なリンパマッサージ方法を紹介!足・お腹など

顔痩せの方法【リンパマッサージ・エクササイズ・ガムなど】

 

お尻痩せダイエットの方法【ストレッチ・エクササイズなど】まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はお尻痩せダイエットの方法についてお伝えしました。

太ももやお尻といった部位に女性の方は脂肪が付きやすくなっているので、ちょっと油断すると簡単に脂肪がついてしまう方もいるでしょう。

そのたびにダイエットを行うようになってしまうと、身体もきついものがあるのでまずはストレッチや筋トレといったたるんだ部位を鍛えることから始めてみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)