おからクッキーのダイエット効果のほどは?方法と人気レシピを紹介!

おからクッキーを食べ過ぎた場合のダイエット効果および糖質やカロリー

健康に良いと多くの方々に推奨されるおからクッキーですが、このおからクッキーを使えばダイエットにも効果的で、方法を理解することで痩せることができる人気ダイエットの一つとなるのです。

おからを使ったレシピを知っている方ならなおやりやすいでしょう。

そこで、今回はおからクッキーを使ったダイエットについて紹介したいと思います。


Sponsored Link


おからクッキーは美味しい?糖質やカロリーは?


ダイエットをする方法として最もポピュラーなのが摂取カロリーや糖質を減らすことです。

この方法は運動主体のダイエットをしない方々でもそれなりの成果が出るので、とりあえずダイエットをすると考えた場合にはこのダイエットを行うことになるでしょう。

実際にそのダイエットに向いているのがおからクッキーでこれはだいたい1枚20~40kcalで糖質0.8~2.5gとなっておりました。

もちろん、販売しているもので大きさが異なりますので、同じ1枚と換算することはできませんが、この数字は1枚あたりだいたい8~10gのおからクッキーを見比べたデータなので、ある程度は収束しているといえるのではないでしょうか。

ただし、このおからクッキーはダイエットに使えるとか、おいしいという評判がかなり多方面に広まっているので、商品量もかなり増えています。

そのため、同じおからクッキーとくくってしまうと成分がかなり異なるということもよくあるので、購入前にチェックするようにしましょう。

おからクッキーのダイエット効果は?


おからクッキーをダイエットとして活用する場合の効果は、まず便秘解消でしょう。

おからには食物繊維が豊富に含まれているので、普段から食物繊維が不足気味の人は便通がよくなることが期待できます。

オリゴ糖の作用も働くので腸内環境改善作用も働くことでしょう。

また、大豆イソフラボンによる作用も強く働き女性ホルモンの代わりに働いてくるようになるので、ホルモン異常によるトラブル、例えば更年期障害などの影響を薄めてくれます。

更年期障害になるといろいろと行動に支障が出るため、ダイエットがしにくくなりますが、女性の方々は行動しやすくなるため、ダイエット向けと考えることもできるでしょう。

肌トラブル改善や基礎代謝量アップの作用もあり、ダイエットに効果的となっております。

ミネラルも豊富なのでミネラル不足の方々にもお勧めしたいです。

おからクッキーダイエットのやり方


具体的なやり方について説明します。

おからクッキーを使ったダイエットのやり方は朝昼晩の食事のうち1食をおからクッキーに置き換える、置き換えダイエットとなるでしょう。

ただし、午前中におからのみにすると栄養不足になり家から出て帰ってくるまでもたない可能性も高いので、朝食は避けたほうがいいと思います。

晩ご飯時に実行するのが一番安全でしょう。

また、おからクッキーは食べるとおなかの中で膨らむという作用もありますので、食前に食べることで空腹感を抑えるというやり方もあります。

これは3食すべてで試せるものなので、食事の前に1枚ずつよく噛んで食べて食欲を抑えるやり方もいいでしょう。

食前に食べるか1食置き換えるかはその人次第となりますので、やりやすいほうを実行されると良いかと思います。

おからクッキーを選ぶポイントは?


一昔前まではそこまでの種類はありませんでしたが、ダイエットブームがなくならない現代においておからは大注目されてしまい、その派生製品も一気に増えてしまいました。

つまり、おからクッキーも種類が多いということです。

この部分では個人的な見解が入りますが、人工甘味料が入っていないものかつ保存料が入っておらず無添加なものがいいでしょう。

これでいくつかは数が絞れますが、ここからカロリーと糖質の少ないものでさらに絞ります

一つにまで無理やり絞る必要はありません。

なぜなら、おからクッキーはシンプルな味となっており、1種類だと高確率で飽きてきます。

そうならないようにするためにも複数種類確保しておくのが理想なのです。

おからクッキーの食べ過ぎは太る?適量は?


基本的におからクッキーも食べすぎると太ります

その最大の理由は原材料が小麦粉やマーガリンであるため、食べ過ぎると糖質摂取量がかなり増えてしまうのです。

そのため、量は7~10枚程度に抑えるようにしてください。

また、おからクッキーを食べるときは水分を補給しながら摂取するようにしましょう。


Sponsored Link


おなかの中で膨れやすくなるので水分摂取は忘れないようにしてください。

ここで出てくる水分はノンカロリーならよいといわれておりますが、お水がやっぱりベストでしょう。

市販されているおすすめのおからクッキー3選

おからクッキーを入手する方法は自作するか売られているものを購入するかの二択です。

ここではダイエットでよく使われているおからクッキーを紹介しますので参考にしてください。

① 豆乳おからクッキー


(参考URL:豆乳おからクッキー)

「カフェプリムラ」のクッキーはおからの中でもとっても有名といわれており、1枚当たりカロリーが27kcalと少なめです。

また、小麦粉が不使用で堅焼きでコリコリとした食感になっていることから、一度食べると病みつきになってしまうことでしょう。

ただし、口の中で膨らむ作用があるので乳幼児やお年寄りが召し上がるのは気を付けましょう。

② 神林堂 豆乳ダイエットおからクッキーバー


(参考URL:神林堂 豆乳ダイエットおからクッキーバー50本入り)

砂糖を使っていないのに甘さがほんのりと出ているクッキーでこちらも人気の商品となっております。

量もかなりありますので、これ一つでしばらくダイエットを続けることができることでしょう。

③ ほろっと柔らか ヘルシー&DIET応援 新感覚満腹おから豆乳ソフトクッキー


(参考URL:ほろっと柔らか ヘルシー&DIET応援 新感覚満腹おから豆乳ソフトクッキ)

ダイエットに向いている商品とは味のバリエーションが豊富な商品なので、このようにいくつかの味が最初から用意されているおからクッキーはお勧めといえるでしょう。

おからクッキーの人気レシピ3選

今度は自分でおからクッキーを作るときのレシピを紹介します。

おからクッキーは慣れれば簡単に作れますので、まず試しにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

①豆乳おからクッキー


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/1037751)

市販のおからクッキーはどうしても値段の兼ね合いから購入するときに二の足を踏むという方はこちらのクッキーを作ってみましょう。

2日ぐらい放置することでしっとりしてきますので、違う食感を感じたいという方は作ってみましょう。

②おからでアイスボックスクッキー


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/4445047)

一枚あたりの糖質0.6gのクッキーでアイスボックスクッキーとなっており、夏場にぴったりなものとなっております。

ただし、作るうえでボロボロになる確率が高く固めるのが難しいとのことですので、冷凍庫でしっかりと固めるようにしましょう。

③最強ダイエットおからクッキー


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/3792186)

小麦粉と砂糖が入っていないココア味のおからクッキーですので、通常のおからクッキー以外もチャレンジしたいという方にお勧めです。

おからクッキーのダイエット効果のほどは?方法と人気レシピを紹介!のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はおからクッキーを使ったダイエットについて紹介いたしました。

おからクッキーはダイエットに使える代物ではありますが、頼りすぎると栄養価が偏りますので、無理はしないほうがいいでしょう。

食べ過ぎた場合はカロリーオーバーとなりますので、きちんと摂取量制限をして自制しながらダイエットをするようにしてください。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)