低糖質ダイエットの効果や方法!外食時のメニューは?

コンビニで買える食品など低糖質ダイエットの方法や効果

ダイエットの中でも成功率が高いと言われているのが低糖質ダイエットです。

効果方法メニューなども古くから研究され概ね見解は統一されておりますし、外食時コンビニを利用した場合のの対応法もよく協議されております。

今回はこの低糖質ダイエットについてまとめます。


Sponsored Link


低糖質とは?ダイエット方法は?


低糖質ダイエットとは糖尿病患者等が勧められる糖質を制限する食生活を中心とするダイエットです。

 

やり方はご飯・パン・麺類といった糖質の多い食品は省きます

とにかく糖質がたくさん含まれている食べ物はできるだけ避けるようにしましょう。

特にGI値が高いものは要注意です。

GI値は体内で糖に変わることで血糖値が上昇する速度で、この値が大きければ大きいほど血糖値上昇率が高いということになります。

こういった食品はこの低糖質ダイエットでは避けねばなりません。

具体的にはパン類・麺類・インスタントラーメン・ジャガイモ・人参・とうもろこし・かぼちゃ・パイナップル・イチゴジャム・アイスクリーム・練乳・あんこ類・お菓子全般・蜂蜜・砂糖などがGI値が高いものとなっているので、これらもできる限り避けましょう。

低糖質ダイエットの効果は?


糖質をとることで血中の血糖値が上昇しインスリンが分泌され、グリコーゲンとして蓄積するのですが、使われなかったブドウ糖は中性脂肪となり蓄積されていくようになります。

そのため、インスリンが分泌されないように低糖質の食生活を続けることで中性脂肪の蓄積を抑えることができるというダイエットです。

この状態で、消費エネルギーを増やすとグリコーゲンとしての蓄積では足りなくなり、脂肪の燃焼が効率よく行われるようになります

ただし、タンパク質が不足すると筋肉からもエネルギーが消費されるようになり、筋肉が弱っていくので要注意です。

そのため、効率よく低糖質ダイエットを行うことができれば、代謝効率も上昇しますし、確実に体重が減っていくことになるでしょう。

低糖質食品は?ヨーグルトやそば?


糖質の少ない食品は、肉類・魚類・チーズ類・キャベツ・レタス・白菜・きゅうり・大根・枝豆・味噌・醤油・オリーブオイル・サラダ油・卵・アーモンド・豆腐・納豆・きのこ類・ひじきを除く海藻類・こんにゃくなどといったところでしょうか。

基本は肉類や魚類、そして葉物野菜になるかと思われます。

お米やパンが食べられないことにかなりの抵抗感が出るかもしれませんが、どうしても食べたいという方はGI値が低めの玄米やライ麦パンにしましょう。

食パンや白米は絶対に禁止です。

ヨーグルトや牛乳といった乳製品も大丈夫ですがアイスクリームなどは禁止なので気を付けましょう。

また、麺類は基本的に禁止ですが春雨なら問題ないですし、そばならぎりぎりで大丈夫といった具合です。

低糖質ダイエットの食品(補足)


避けるべき食品としてインスタント食品やお菓子類も含まれます。

調味料も和風ドレッシングも意外に糖質が高めのものがあったり、ケチャップのように糖質多めのものもあるので、制限したほうがいいでしょう。

肉・魚・卵・乳製品・大豆製品・葉物野菜・きのこ類・海藻類などを食べて栄養補給をしっかり行ってください。

飲み物も要注意で、糖質が多い飲み物は避けましょう

無糖のコーヒーやお茶や水ならOKです。


Sponsored Link


コンビニで買える低糖質食品は?


昔はダイエット中には絶対に利用しない方が良いと言われていたコンビニですが、今では健康食品ブームとなっているので、ダイエットにも活用できる食べ物が多くなっております。

具体的にはサラダチキン・ブランパン・葉物サラダ類・さばの塩焼き・チーズ類といったところでしょうか。

ただ、この中で注意が必要なのがさばの塩焼きです。

糖質はほとんどないのですが、脂質が高めなので食べ過ぎると脂肪増加に繋がります

このようにお伝えすると脂質はダイエットの敵と思われるかもしれませんが、脂溶性のビタミンは脂質がないと溶けませんし、不足すると体調悪化に繋がることもあるので、摂取しないということだけはやめておきましょう

外食で食べられる低糖質メニューは?


ダイエット中に厳しいのが外食です。

このメニューの選び方を間違えると、今までの努力が吹き飛びます。

とりあえず、外食が避けられないという方は、選んではいけないものは何かを把握してください。

それはパン類・米類・麺類です。

あとは一部の野菜も要注意となります。

基本は肉類・葉物野菜類・魚類・きのこ類などが中心となりますが、お魚でも煮付けになるとみりんが染み込んでおり、かなりの糖質量となってしまうので避けた方がいいです。

魚類を食べたい方は焼き魚や刺身を選ぶのが無難です。

味噌にも味噌の量次第では糖質が多くなりがちなので注意しましょう。

タレ系のものも糖質が高くなりがちなので要注意です。

低糖質ダイエットに筋トレ+有酸素運動が効果的?


低糖質ダイエットをしている理由は糖質を抑え込むことで中性脂肪の溜め込みを防ぎ、脂肪を燃焼しやすい状態を作るところにあります。

糖質を制限している状態で消費エネルギーが多いと自然とグリコーゲン以外のエネルギーを使う必要が出るので、必然的に痩せていくのです。

ただし、日常的な仕事や業務がデスクワーク中心の方は消費エネルギーが非常に少ないので効率もおそらくかなり悪いでしょう。

そのような人たちは可能なレベルで無酸素運動と有酸素運動を行うようにしてください。

痩せやすい状態になる=痩せるではないので、痩せやすい状態にしたらその体を利用してしっかりと痩せる行動が必要になるのです。

それが筋トレなどの無酸素運動からの有酸素運動となります。

タンパク質を摂って、しっかりと体を鍛えるようにしましょう。

低糖質ダイエットには危険もある?


低糖質ダイエットで最も大変なことが、食べ物選びです。

できる限り糖質が少ないものを食べるというやり方ではありますが、このダイエットの弱点は制限される対象が多すぎるところにあります。

そのため、食べられるものにかなりの制限がかかるのです。

こうなると、食事を用意するのが非常に大変になるので食事を食べないようになる人が多くいますし、断食ダイエットに近づく人が増えてしまうのです。

肉や魚が良いと言われても、肉や魚はお米やパンに比べると高いので、エンゲル係数が上がります。

お金がかかってしかも面倒というダイエットになると、もはや食事そのものが面倒と感じてしまい、栄養不足になる確率が非常に高いので注意してください

低糖質ダイエットの効果や方法!外食時のメニューは?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は低糖質ダイエットについて解説してまいりました。

このダイエットは言葉にすると簡単なのですが、本格的に取り入れた場合、実は非常に面倒なダイエットに該当します。

制限される食べ物が多すぎるのです。

外食もおそらくほとんどできなくなりますし、甘いものは食べられなくなるでしょう。

お米やパンといった主食も禁止となるので、かなりの忍耐力が必要になります。

成功しやすいダイエットではありますが、制限がきついので長期で続けるのは大変であるという覚悟を持ちましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)