禁酒ダイエットの効果の出る期間は一週間か!具体的方法は?

禁酒しても痩せない原因は!ノンアルコールビールはOK?

禁酒ダイエットにおいても重要なことですが、お酒が大好きな人はそれだけでも効果があると言われております。

その期間はだいたい一週間という声がありますが、本当にそのような短期間で可能なのでしょうか。

その場合、具体的な方法としてどのようなことを行えばいいのでしょうか。

そこで、今回は禁酒によるダイエットの方法について記載します。


Sponsored Link


飲酒による太る原因と禁酒によるダイエット効果は?


お酒を飲むと太る原因はいくつもあります。

たとえば、アルコール飲料でおいしくできあがっているものは糖質が多く高カロリーになっていると言うことです。

一部のアルコール飲料はカロリーを抑えているものもありますが、基本的には高カロリーなのでたくさん飲めば高確率で太ります。

わかりやすく数字で記載すると、生ビール中ジョッキ一杯でだいたい200kcalですし、焼酎ならコップ一杯で250kcalになります。

ご飯普通盛りで235kcalなのですごい高さです。

そして、味の濃いおつまみを体が求めるので必然的にカロリー摂取量がオーバーしますし、塩分摂取量が多くなりすぎるのでむくみも多く発生しやすくなります。

また、肝臓の脂肪合成を活発にする「酵素」を生成してしまうので脂肪の蓄積率が高まり悪玉コレステロールが増えます。

さらに肝臓を酷使してしまうことで脂肪の分解を肝臓がする暇が無くなるので、脂肪酸の蓄積が積み重なっていくのです。

つまり、アルコールを毎日飲んでいる人は飲まない人よりも太る可能性が高いと言うことです。

逆に、禁酒をすればこれらの作用とおさらばできるようになるので、痩せやすくなります。

禁酒ダイエットで効果の出る期間は?一週間?


禁酒ダイエットで効果が出るまでの期間は第一段階としては1週間、そして本格的な効果が出るまでは最低でも1ヶ月と考えた方がいいでしょう。

最初の1週間は体重の変化では無く、体調の変化といった別なところになります。

「なんとなくからだが軽くなった」とか「夜眠れるようになって朝が起きれるようになった」といった些細な変化が出始めるのです。

1ヶ月ほど経過すれば、徐々にですが成功している人は体重の変化まで出てくるようになります。

早寝早起きのリズムもできはじめますので、より健康的になっていることでしょう。

1ヶ月も禁酒生活をするとそれだけお金の消費量も減りますので、そちらの部分でも差がわかってくるようになるのではないかと思います。

禁酒ダイエットの方法は?


やり方はシンプルでお酒をやめることです。

それ以外には糖質やカロリーを気にした生活をすれば良いというものになります。

しかし、アルコールの依存度が高い人ほど簡単にはやめられなくなってしまっているので、それなりの対策を用意する必要があります。

まずは、お酒は太るものだという意識を徹底することです。

先ほど記載したようにお米のカロリーを把握して「このお酒は白米○杯分に相当する」という考え方ができればいいでしょう。

そして、口寂しさを紛らわせる方法を手に入れてください。

蒟蒻や寒天といった低カロリーのオヤツやガムなどがいいでしょう。

それか代わりの飲み物を用意するのもいいと思います。

どうしてもお酒を飲みたくなってしまったのなら、あえて運動をするといった気を紛らわせる方法を実行するのも良いかと思います。

とにかく、禁酒するための方法を理解して実践することにあります。

禁酒で筋トレ効果が上がる?


これはある意味で正解です。

というのも、アルコールを飲むことで人間の体内では筋肉を分解するのを防ぐアミノ酸やタンパク質が急速に消費されていくようになり、筋肉を分解して脂肪を蓄積させるホルモンのコルチゾンが分泌されるようになるのです。


Sponsored Link


それ以外にも脂肪を分解する役割がある肝臓がアルコールの消費に酷使され続けることで、脂肪の分解効率が減少するという欠点もあります。

また、テストステロンという男性ホルモンがお酒を飲むことで分泌されにくくなるので、筋肉がつきにくい状態になってしまうと言うこともあるでしょう。

禁酒をすることでこれらの作用が無くなるので筋トレの効率が上がるのです。

効率が悪くなっている状態から元に戻ると思われると良いでしょう。

禁酒しても痩せない原因は?


禁酒をしても全く痩せないという人はたくさんいます。

禁酒をすることで痩せるという考え方は、あくまでお酒やおつまみでのカロリーや糖質摂取を減らしたから痩せるというものなので、禁酒してもカロリーや糖質をしっかりと摂取していとしたら痩せるわけがありません

実際に、お酒を全く飲まない人すべてが痩せているわけではないということを理解してください。

お酒やたばこが嫌いな方でも太っている方はたくさんいます。

本気で痩せたいのなら禁酒+運動+食事制限を実行した方がいいでしょう。

ストレスが溜まることでダイエットは失敗するとまれに言われますが、努力無くして成功させるのは難しいでしょう。

禁酒ダイエットでノンアルコールビールはOK?


どうしても我慢できなくてつらすぎるという人はノンアルコールビールを飲むのもいいでしょう。

それ以外のノンアルコール飲料でもいいと思います。

ただし、あくまでダイエット中ですので、摂取カロリーや糖質には気をつけてください

その部分を意識しないと痩せることはありません

禁酒をしている理由は色々とあると思いますが、それが痩せるためだというのなら、意識するところは意識するようにしましょう。

禁酒ダイエットをサポートするアプリ3選

それでは禁酒を成功させるための方法として、役に立つアプリをいくつか紹介しましょう。

今の世の中はダイエット系のサポートアプリも用意されておりますし、このように禁酒をしようと思っている方々をサポートするアプリも存在するのです。

①我慢カウンター 禁欲072


これは名前の通りタイマー系のアプリなのですが、どれだけ自分が我慢できたのかを記入してタイマーとしてはかることができるシンプルなものです。

難しい操作は不要なので、誰にでも使えるという部分が利点となっております。

②○禁タイマー


こちらは先ほど紹介したものと似ておりますが、これはSNSにもつなげることができるので、自分の活動記録をあえて公表することでより強力なプレッシャーを与えて続けやすいようにするということもできます。

より大きな縛りを求めている方ならこちらでしょう。

③禁酒かくれんぼ無償版


M.I.S. AUSTRALIAが配信するAndroidアプリで禁酒ステータスの表示や禁酒サポートメッセージ登録など禁酒専門に作られたアプリの一つです。

それ以外にも成功時の報酬や失敗時の罰則の設定など面白い使い方ができるのでモチベーションの維持には最適でしょう。

禁酒ダイエットの効果の出る期間は一週間か!具体的方法は?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は禁酒ダイエットについて紹介いたしました。

飲酒をしている人でもしていない人でも太ってしまう人は太ってしまうものなのですが、飲酒量が多い人ほど太りやすい状況になっているのは事実です。

そのため、そのような方で元から食が細いという方は、禁酒をするだけでかなりの効果が出るでしょう。

しかし、食事が大好きでよく食べるような人は禁酒をしても効果は薄くなります。

結局は摂取カロリーを減らして消費カロリーをどれだけ増やせるのかという勝負になりますので、食事制限や運動なども考えた方がいいでしょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)