減塩ダイエットの効果は高いのか!方法や成功の口コミは?

スープやナポリタンのレシピなど減塩ダイエットの方法

減塩をすることは健康面でプラスの作用が強いと言われていますが、ダイエットにおいても効果があると言われており、しっかりとその方法を理解することで成功確率も上がるとされています。

そう聞かれると実際にどのような口コミがあるかというのは気になるところかと思います。

そこで、今回は減塩ダイエットについて口コミを含め、できる限り詳しく紹介したいと思います。


Sponsored Link


減塩ダイエットとは?


塩分はとりすぎることで、むくみが多く発生するようになりますし、健康に影響を及ぼす確率も上昇させてしまいます。

そのため、塩分摂取量を減らすことで健康になりつつむくみを無くし痩せやすい体をつくるのが塩分ダイエットです。

塩分は溜めすぎると体内に古い塩分が溜まっていってしまうので、身体に余計な水分が溜まるようになるのです。

体の中の塩が多いと水分もどんどん多くなるのでむくみが多発するのですが、逆に塩分摂取量を減らすと体内の塩分濃度が低くなるので、その濃度を調整するために水分を体外に押し出す働きが増すようになるのです。

減塩ダイエットの効果


身体から余計な水分が抜けるようになると血液量も適切になるので、心臓の負担が軽くなり循環効率が上がります。

循環効率が上がるということは栄養素の循環もスムーズにいくようになるので、代謝効率が上がるようになり、痩せやすい体になってくれるでしょう。

また、減塩をすると胃酸が抑えられるようになるので、食欲も落ちます

そうするとダイエット成功確率も上昇するものなのです。

そして塩分過多から解放されることで細胞の老化を止めやすくなるでしょうし、肌の状態も整いやすくなるでしょう。

現代の日本人は塩分過多なので、このダイエットによる効き目はかなり大きいと思われます。

減塩ダイエットの方法


減塩ダイエットのやり方は非常にシンプルで3日間ほど塩分を一気に減らしてください

目安はだいたい3gまでです。

塩分の摂りすぎは良くありませんが、一切摂取しないのも危険なので3gちょうどくらいになるように調整してください。

スナック菓子などの塩分が多いものは絶対に食べてはいけません。

また、塩分を体外に押し出すためには水分の力が不可欠なので、水を大めに飲みましょう。

だいたい1.5~2リットルは飲みましょう

塩を抜くと味が薄いと感じてしまうでしょうが、可能なら我慢して、どうしようもないという方は胡椒や七味等でごまかしてください。

ノンオイルドレッシングにも塩分が豊富に含まれている可能性がありますので、しっかりと成分をチェックしましょう。

そして、余分な水分や塩分を抜くためにはカリウムが有効ですので、パセリや昆布や納豆といったカリウムが豊富な食べ物を食べましょう。

ちなみに減塩すると熱中症の恐れがありますので、夏など汗を多くかく暑い環境下では行わない方が良いでしょう。

減塩ダイエット成功の口コミ


口コミとしては成功したという人やむくみから解放されたという声は確かにあります

しかし、それと同時に目立つのが「危険だと思うから実行できない」とか「夏場に実行することで倒れそうになって医師から注意された」等という報告です。

人間が生きる上では塩分は必要不可欠ではありますので、夏場の暑すぎる時期に実行するのは危ないかもしれません。

肌がきれいになったとか便秘が解消されるようになったという報告もありますが、危険と紙一重のダイエットともいえますので、正しいやり方を理解して実行するようにしてください。

体調管理には十分考慮してから行いましょう。


Sponsored Link


減塩ダイエットの注意点


減塩ダイエットで危険な状態なるのはこのダイエットによる塩分不足です。

塩分を抑えるダイエットなので塩分不足になるのは当然と思ってしまうかもしれませんが、このダイエットは減らすのであって0にするダイエットではありません。

塩分は体の中でもかなり重要度の高い栄養素であり、不足することで筋肉や神経の機能障害が発生し、下痢や脱水症状を引き出すようになってしまう可能性が高まります。

特に、夏場は汗からも塩分が排出されるのでこのダイエットの危険度は増します。

そのため、このダイエットをする人は、あくまで減らすのであって0にするのではないということを忘れないようにしてください。

妊婦さんは減塩が必要?


妊娠中は塩分を控えるように医師から指示されると思います。

その最大の理由が体内の塩分濃度が高いほど、水分が保持されるようになるので血中水分量が増加してむくみが多発して心臓に負担がかかり、血液の循環効率が低下するのです。

この影響は自分の体に対しても悪影響となりますが、胎児に対しても栄養素が行渡り難くなるので、胎児の体重がなかなか増加しない状態になってしまう可能性があり、絶対に塩分過多になってはいけないと言われております。

つまり、妊婦さんの場合はダイエット目的ではなく母子共々の健康面でのマイナス作用が強いため、摂りすぎは避けるように言われているのです。

調味料として七味・胡椒・レモン・お酢を使って減塩を心がけるようにしましょう。

減塩ダイエット向けのレシピ

それでは具体的な減塩レシピを紹介します。

通常通りの作り方では塩が多めになってしまう物でも、しっかりとした味付けながらも塩分少なめの料理を作ることは可能なのです。

やり方を理解しないとできませんので、しっかりと調理方法を覚えていきましょう。

①ナポリタン


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/3710447)

これは減塩でありながらもカロリーオフなナポリタンなので、ダイエット中の方、特に減塩ダイエット中の方には非常に効果的なナポリタンとなっております。

生活改善の一環としても減塩生活は大切ですし、ダイエットをする必要がある方にとってかなりのおすすめです。

計算上は一人前で0.33gの塩分となっており、目安の3gと比べて非常に少ないことが分かります。

無縁のトマトジュースを使って塩を使わないナポリタンとなるので、人によってはちょっと味付けが足りないと感じてしまうでしょうが、そのような人はオリーブ油を使ってごまかしましょう。

②スープ


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/4409067

こちらは「減塩レシピ きゃべつと卵のスープ」と呼ばれるもので塩分は一人前でなんと0.5gです。

しっかりと量を摂取することができますので、夕飯などはこれのみでも良いと感じることでしょう。

卵を溶き卵にする時は白身と黄身がフォークを使うと綺麗に混ざるとのことですので、苦戦する方は試してみるといいでしょう。

③春菊の納豆和え


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/4546634)

こちらはシンプルではありますが、春菊特有の苦みもとれるので何か一品物足りないという方にとってお勧めできるものとなっております。

納豆の付属のタレがあると思いますが、減塩を狙っているので使うのは避けましょう。

減塩ダイエットの効果は高いのか!方法や成功の口コミは?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は減塩ダイエットについて紹介いたしました。

減塩ダイエットは3日間しっかり行うと、人によってはそれだけで3キロも痩せる人がいます。

しかし、それはあくまで水分が排出されたことによる体重減少ため、いつも通りの食生活に急に戻すと一気にリバウンドする可能性があります。

それでも、3日間真剣に続けることで塩分濃度が下がりむくみが無くなって代謝が上がっている状態になってしますので、そこから別のダイエットを実行するようにすればその体重もキープしやすくなりますし、足掛かりとして体重減少をしやすくなってくれることでしょう。

3日間という短い期間ではありますが、塩分3gとなると食べられるものが非常に少なくなりますので、レシピを揃えておくことは必須となるでしょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)