水泳はダイエットに効果的?成功するメニューは平泳ぎ?

泳ぎ方や時間・距離・頻度など効果的な水泳ダイエット

ダイエットとして最も効果的と言われているのが水泳を行うことで、成功者はしっかりと平泳ぎクロールなどの種目を選んでメニューを組まれているこ1でしょう。

そこで、今回は水泳を利用したダイエットについてどのような効果があるのか、メニューはどうするのが効率的かなどを紹介します。


Sponsored Link


水泳はダイエットに効果的?お腹の贅肉は?


水泳ダイエットとは水泳を行うことでカロリーの消費を増やして痩せやすい状態にすることです。

水の中は空気の中よりも圧力がかかるので、同じ動作をしたとしても消費カロリーが多くなるので、ダイエットには非常に効果的だと言われているのです。

また、圧力が全身に加わることで全身の血流も良くなるので老廃物の排出も促されるようになりますし、新陳代謝も向上しやすくなるので痩せやすい体になってくれるでしょう。

ただ理解していただきたいのは消費カロリーは増えやすいですが、軽い水泳は有酸素運動の一種なので筋トレのような筋肉を大量につけるものとは違います。

そのため、お腹のまわりの脂肪を落とすのには有効でしょうが、腹筋を鍛えてムキムキの状態にすることはできません。

引き締まった体を手に入れやすいのが水泳だと理解されると良いでしょう。

また、具体的に鍛えられる筋肉は肩の筋肉の僧帽筋や胸の筋肉の大胸筋、そして腕の筋肉の上腕二頭筋といったところでしょうね。

 

お腹周りの脂肪の原因と落とし方は?筋トレなど無酸素運動?

脇腹のダイエットにはダンベルやチューブを使った筋トレ!

 

泳ぎ方は平泳ぎが良い?


泳ぎ方は平泳ぎ・クロール・バタフライ・背泳の4種類が基本です。

それぞれの消費カロリーは平泳ぎは女性が30分で246kcal、クロールは女性が30分で191kcal、バタフライは女性が30分で273kcalほど、背泳は女性が30分泳いで164kcalと言われています。

この中でも最も疲れにくいのは平泳ぎでしょう。

バタフライは消費カロリーが高いですがはっきり言ってかなりきついので、長時間続けるのは厳しいでしょう。

そして背泳もなかなか難易度が高いのでおすすめしません。

逆に平泳ぎはそこまで疲れませんし消費カロリーが大きいのでおすすめですね。

あまり疲れないことはダイエットを続けることにおいて重要なことなので疲れにくいけど消費カロリーが大きいことは本当に大切なのです。

 

有酸素運動の効果はいつから出る?おすすめはジョギング?

 

水泳でダイエットを成功させるメニューは?


水泳でダイエットを成功させたい場合はいかに効果的に行うかが重要になります。

水泳は基本的に有酸素運動となっていますが、タイムを競うような全力で泳いでしまった場合は無酸素運動となります。

それらを踏まえた上でメニューを考えましょう。

まず最初にする必要があるのはストレッチや柔軟といった有酸素運動です。

これはダイエット目的というよりも怪我の防止を狙って行うものなので、入念に行いましょう。

そのあとはスクワットや腕立て伏せ、またはダンベルを使った無酸素運動を10分くらい行ってください。

その後に平泳ぎをゆっくりとした動作で行うといいでしょう。

先に無酸素運動をする理由は無酸素運動を行うことで成長ホルモンが分泌され、脂肪が分解(燃焼されやす状態になる)されるので有酸素運動の効果が高まるからです。

そのため、ダイエット狙いの方は無酸素運動を有効に取り入れていきましょう。

注意点は先ほど記載したように、水泳もやり方によっては無酸素運動になってしまうといった点です。

特に全身を使うバタフライはきついと感じて無酸素運動になりがちなので、平泳ぎのように疲れにくいものを長時間続けるようにしましょう。

 

スクワットダイエットの効果が出る期間は?やり方や回数は?

ダイエットを寝ながら!ストレッチなど運動【内ももやお腹等】

 

泳ぐ時間や距離・頻度は?週1でもOK?


水泳ダイエットの考え方は30分以上ゆったり泳ぐことなので、最低でも30分は泳ぐ必要があると考えましょう。


Sponsored Link


先にも記載していますが、その30分間において脂肪燃焼効率を上げたい場合は事前に無酸素運動をしてくといいです。

さらに本格的にダイエットをしたい方は毎日やるのが正解ですけど、水泳が苦手な方は週1でもきついはずです。

なので初めのうちは週1でもいいので続けるようにしましょう。

その後は週4くらいのペースにできるといいと思います。

また、泳ぐ距離については正解はありません。

人によって心肺機能やスタミナに差があるので、正確な適度に疲れる距離は出てきません。

そのため、個々人で適度に疲れるくらいの運動を行うことが重要と考えられると良いでしょう。

 

自転車ダイエット成功の方法は?時間や距離と効果など

 

プールを歩くだけでも効果的?


泳げない方は平泳ぎもクロールもできないでしょうが、プールの場合は歩くだけでも効果的なので泳げない人はひたすら水中を歩くことを目標にしてみてください。

水中は水の抵抗があるので陸上で歩くよりもはるかに消費カロリーが大きいのです。

それに全身の筋肉を使うので程よく筋肉がつき脂肪燃焼効率も向上します。

なので、泳げないから水泳ダイエットはできないというわけではありません。

 

ウォーキングのダイエット効果は?成功する距離・時間・頻度は?

 

水泳ダイエットで効果を高める食事は?


ダイエットにおいて大切なことは消費カロリーが摂取カロリーを上回ることです。

ですが、水泳はかなり体力を消耗するので、食事制限まで行っている方はかなりきついものがあるでしょう。

高カロリーのものを大量に食べるのは論外ですが、1食抜きダイエットといったものと併用するのは良くないでしょう。

可能な限り3食きちんと摂取して、運動前はバナナといったものから糖分やバリン・ロイシン・イソロイシンといったアミノ酸を摂取するとより効果的でしょう。

また、ある程度のタンパク質も摂取して筋肉を作られやすくするのもいいでしょう。

とにかく、水泳をダイエットに取り入れている方は食事制限をするときついことが多々あるので、3食きちんととるようにしてください。

 

低カロリー食品でダイエット!高タンパク食材を含め紹介!

 

水泳ダイエットで太る人の原因は?


水泳は消費カロリーが大きいので、基本的に水泳を取り入れている方は痩せやすくなっているはずです。

しかし、人によってはかなり食べてしまうことでなかなか痩せないといった現象が起きている人もいます

そういう人は、体重が減るよう少し食べる量を減らしてみたり、消費カロリーを増やすためにストレッチや柔軟をきっちり行って筋肉をほぐすか、成長ホルモンを効率よく分泌させえるために水泳前に無酸素運動を行うようにしてみましょう。

また、水中ウォーキングを行っている方は大股である程度スピードを出して歩くようにしないと効果が出にくいので注意しましょう。

また軸がぶれていても効果が下がります。

ただ水中を歩けばいいというものではないので、注意してみましょう。

インナーマッスルを意識して背筋を伸ばして早歩きを行いましょう。

前述したとおり水泳はかなり疲れるのでついつい食べ過ぎる傾向にあるので、しっかりカロリー管理はしてくださいね。

あとは水が冷たすぎると効果が下がるので水の温度にも気を付けましょう。

また、アフターケアで体を温めるのも重要です。

ちなみにしっかり量もこなしているのに痩せないという方は、本気で取り組みすぎるあまり水泳が全て無酸素運動になっている可能性があります。

そのような人は脂肪の燃焼よりも筋肉が付くスピードのほうが速くなってあまり脂肪がついていないけど筋肉が付いた状態になり、体重が落ちていないといったことになるかもしれませんね。

なので、無酸素運動になっているかどうか注意して水泳を実行しましょう。

 

インナーマッスルのダイエット効果は?腹筋や脚などの鍛え方

ダイエットでカロリー制限する一日の目安は?停滞期はある?

 

水泳はダイエットに効果的?成功するメニューは平泳ぎ?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は水泳を利用したダイエットについてどのような効果があるのか、メニューはどうしたらいいのかを紹介しました。

ダイエットに大切だとよく叫ばれている運動ですが、運動には無酸素運動と有酸素運動があり、それぞれ効果が違うということをしっかりと理解する必要があります。

特に水泳の場合は、昔からダイエットに効果的と言われていましたが、やり方によっては無酸素運動という筋肉が付きやすい運動になってしまうので、疲れすぎない程度に行うようにしてください。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)