大豆ダイエットの方法!食べる量や炒りなどレシピは?

イソフラボンのサプリなど効果的な大豆ダイエットのやり方

大豆は健康食品として現代人の方々に広く推奨される食べ物ではありますが、この大豆の力を使ってダイエットにも活かせると言われております。

食べる量を適度にし、炒り大豆などレシピを工夫することでより効果的となると言われております。

そこで、今回はこの大豆ダイエット方法について紹介したいと思います。


Sponsored Link


大豆ダイエットの概要


大豆ダイエットは女性にとってプラスとなる作用が強いイソフラボンなどの栄養素を含んでいるので、ダイエット目的ではない方でも積極的に取り入れていると思われます。

しかし、健康面ではプラスになる作用は強いというイメージはありますが、ダイエットには強いというイメージはそこまでないでしょう。

このダイエットは普段の食事に大豆をプラスするダイエットで、大豆を使って置き換えを行うダイエットではありません。

極端な食事制限は体重減少には効果はありますが、健康を害する可能性が高くなってしまいますので、それを避けるためにはこのような無理のないダイエットが推奨されております。

 

健康的に痩せる方法は?食事や運動メニュー・サプリはOK?

豆乳ダイエットの方法や効果・成功の口コミ!毎日飲むべき?

 

食べる量など大豆ダイエットの具体的な方法


大豆ダイエットのやり方は毎日の食事に大豆を使った料理をプラスするというシンプルなダイエットです。

つまり、健康に気を付けて納豆や豆腐といった大豆食品を摂取している人はこのダイエットを実行しているということになります。

やり方は摂取すればOKということとなっているので、細かい指定は無いといっていいでしょう。

もともと、みそ汁などの日本食に大豆は使われているので、実行している人は多いかもしれません。

みそ汁を毎日飲むのが大変という人は、豆乳でも構いませんので毎日飲む癖をつけるようにしましょう。

また、量についても決まりはありませんが、イソフラボンの摂取量は決まっておりますので、食べ過ぎは要注意です。

具体的にはサプリメントなどの健康食品からの1日上限摂取量は30mgで、食品からの1日摂取量は75mgとなっているのです。

みそ汁20gに約6mg、豆腐1丁300gに約60mg、納豆1パックに約35mgとなっているので、豆腐1丁と納豆1パックを摂取すると目安量を超えるということになります。

これらの量からわかるように、通常の食事だけでもイソフラボンの摂取量は簡単に上回ってしまうでしょう。

 

味噌汁ダイエットの方法はインスタントでOK?成功の口コミとレシピ!

ミネラル豆乳ダイエットの方法や効果・痩せた体験談は?

豆腐ダイエットの効果ややり方は?夜だけ?成功の口コミは?

 

大豆ダイエットの効果は?


大豆を摂取するということは食物性タンパク質を摂取することに繋がるので、体重が減少しても筋力量があまり低下しない状態になってくれます。

体重が減少すると筋肉からエネルギーを使われやすくなりがちですが、食物性タンパク質を摂取するとそれを防ぎやすくなるのでこれだけでもダイエットには効果的と言えるでしょう。

それ以外には大豆には大豆サポニンという脂肪分解酵素のリパーゼに働きかける成分が含まれているので、脂肪が付きにくくなってくれるのです。

そして食物繊維やオリゴ糖の作用によって便通もよくなりますので腸の中がすっきりとした状態になり痩せやすくなります。

また、大豆には少量を摂取したとしても満腹感が得やすくなるという作用もありますので、よく噛んで食べることで食事の摂取量を減らすことができるようになります。

 

満腹食べてダイエット!低カロリーの食品やおやつやレシピは?

納豆ダイエットの方法は?キムチ・オリーブオイルで相乗効果?

 

ダイエットには炒り大豆がより効果的?


大豆ダイエットのやり方は非常にシンプルですが、この大豆の力をより効果的にする方法が炒り大豆(煎り大豆)を使ったものです。

これはフライパンなどで油を敷かないで炒ったものを摂取するというダイエットですが、このようにさっと調理することで噛み応えが確実に上昇するので満腹感を得やすくなります。

それ以外には蒸した大豆も効果的と言われております。

蒸した大豆は調理の段階で失われる可能性のある食物繊維などが失われないので、大豆に含まれた成分をそのまま摂取することができるようになるのです。

蒸した場合は柔らかくなりますので、食感も大きく変わり食べやすいと感じる人もいるでしょう。

アレンジの仕方はたくさんありますので、自分好みにやり方を実行できるようにされると良いでしょう。

 

ひよこ豆のダイエット効果やレシピ【スープやカレー】と方法

 

大豆イソフラボンのサプリはおすすめ?


大豆の栄養素は多くの方々に注目されているので、それらの成分を摂取できるようになるサプリメントはかなりの量があります。


Sponsored Link


しかし、個人的には大豆ダイエットを行いたいという方はサプリメントに頼るのは避けたほうが良いと考えているのです。

あくまで、他の食事制限系のダイエットを行っており、足りない栄養素をサプリメントで補いたいという方なら問題ないと思いますが、大豆ダイエットをしたいから大豆の栄養素をサプリメントで補いたいという方はサプリ探しに苦労すると感じたからです。

大豆の成分であり大豆イソフラボンなどのサプリメントはたくさんありますが、大豆に含まれているすべての成分を含んでいるサプリメントはなかなかありません

大豆ダイエットは大豆に含まれている栄養素を満遍なく使うダイエットなので、栄養素一つの力で何とかしようというダイエットではありません。

そのため、ここではサプリメントで大豆ダイエットは推奨しないとお伝えさせていただきます。

 

食事制限ダイエットの成功方法!停滞期やリバウンド対策は?

食事制限なしで痩せるダイエット法【筋トレ・運動・サプリ】

 

大豆のカロリーと栄養や効能は?


大豆には様々な栄養素が含まれております。

タンパク質・ビタミンE・カリウム・カルシウム・マグネシウム・食物繊維・鉄分・亜鉛・ビタミンB1・葉酸など様々な栄養素が含まれているのです。

それ以外にもビフィズス菌を増殖させるオリゴ糖やコレステロール値を低下させる作用がある大豆レシチン抗酸化作用があり血中脂質低下作用もある大豆サポニン、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを行ってくれるため更年期障害などの不調を防ぐ作用のある大豆イソフラボンなど多くの機能性物質が含まれているので、多くの方々から非常に素晴らしい力があると言われるようになったのです。

アメリカ合衆国でもこの力は注目されており、ガン予防に効果がある食べ物としても公表されているので、世界中に注目されている食材となっているのです。

 

ホルモンバランスの乱れはダイエットに影響!整える方法は?

低カロリー食品でダイエット!高タンパク食材を含め紹介!

 

大豆ダイエットのレシピ


それでは実際に大豆を効果的に摂取したいという方のために、大豆を使った調理方法をいくつか紹介します。

アレンジの仕方は多種多様ですが、ダイエットをしているという認識だけは忘れないようにしましょう。

簡単茹で大豆ダイエット 作りおきにも


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/3891177

これはものすごいシンプルな調理法ですが、昆布だしを入れて豆が柔らかくなるまで火をかければ、十分に食べられる味になるでしょう。

シンプルではありますが、作り置きも可能ですので、覚えておくとお得な一品だと思います。

 

作り置きダイエットメニュー4選!やり方や効果は?

 

3分で♪ヘルシー大豆サラダ☆


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/3875813

こちらは野菜と一緒にヘルシーに調理したものとなっておりますが、キュウリやカニカマといった材料しか使わないものとなっているので、まだまだ工夫することができる調理法ともいえるでしょう。

ヘルシーに油と調味料が控えめとなっていますので、ダイエットを考えている人にとっては有用なものとなってくれるでしょう。

 

きゅうりダイエットの方法は丸かじりか!おすすめレシピは?

サラダダイエットは成功する?使うドレッシングやレシピは?

 

☆ひじきと大豆の煮物☆


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/3798428

鉄分などの栄養素を補給したい方にはひじきがオススメです。

これはおそらく調理法に紹介するまでもなく、作り方を理解している人も多いと思われます。

大豆を摂取する方法としては最もポピュラーなものの一つなので、覚えておいて損はないでしょう。

 

豆類を使ったダイエット法には次のようなものもあります。

枝豆はダイエットにいい?やり方や効果・痩せた口コミを紹介!

高野豆腐ダイエットのレシピや効果は?カロリーは高い?

 

大豆ダイエットの方法!食べる量や炒りなどレシピは?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は大豆ダイエットの方法について紹介いたしました。

大豆は非常に健康面でプラスになる作用が強いのですが、その力を使うことでダイエットにもプラスとなる作用が働いてくれるようになります。

しかし、イソフラボンの摂取量が決まっておりますので、食べ過ぎはしてはいけません。

この摂取制限量は想像よりも低めに感じた人も多いと思われますが、この数値を意識して摂取するようにしましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)