みかんダイエットの方法や効果と痩せた口コミ!夜だけ食べる?

焼きなどみかんを使ったレシピ!ダイエットのやり方は置き換え?

みかんは日本にとってリンゴと並んで非常に愛されている果物です。

実は、このみかんを使ってダイエットをする方法があり、痩せたという口コミもあって効果的だと言われているのです。

そこで、今回はみかんを使ったダイエットについて紹介いたします。


Sponsored Link


みかんの栄養やカロリー・糖質の量は?


みかんにも色々と種類がありますし、サイズ差もあるのでだいたいになってしまいますが、ミカンのカロリーは100gで約30~50kcalとなっております。

糖質は100gあたり約10gです。

白米100gで35gと考えると少ないでしょう。

次に栄養成分についてですが、ミカンにはカリウムなどのミネラル類やビタミンAやB群などのビタミン類、そしてクエン酸やポリフェノール類のフラボノイド化合物などが含まれております。

ビタミンは果物に多く含まれているといわれておりますが、それはこのミカンでも同じことのようです。

特に、ビタミンCは豊富に含まれていますので、ビタミンCを狙って摂取したいという方にとってもメリットのある果物と言えるでしょう。

 

クエン酸ダイエットの効果や方法・運動との関係!逆効果?

果物ダイエットの効果は?おすすめは朝食か夜か食前か?

 

みかんダイエットの方法は?夜だけ食べる?


やり方についても色々と調べてみましたが、どうやら置き換えで使っている人は少ないようです。

概ね食前に1個食べて水を飲むようにするといったものとなっております。

いわゆるみかんが水と混ざることで食前に食べるとお腹がふくれやすくなるのでその効果を狙ってのやり方でしょう。

糖やコレステロールの吸収が抑えられる作用もみかんに含まれるペクチンにはありますので、その利点を考えた場合でも食前に食べることが最適だと言えるでしょう。

要するに、みかんダイエットとは食事の量を減らして糖質などの吸収量を減らす摂取カロリー減を狙ったダイエットということになります。

 

水ダイエットの方法や効果の口コミは?水道水やお茶でもOK?

糖質制限ダイエットやり方は?効果やデメリット・成功法は?

満腹食べてダイエット!低カロリーの食品やおやつやレシピは?

 

みかんダイエットの効果は?


みかん2個で1日に必要なビタミンCが摂取できるので、ビタミン不足になるということは少なくなるでしょう。

ビタミンCには抗酸化作用が含まれており美白作用や体の老化防止作用があり、美肌を手に入れて若く保ちたいという方には必須となります。

ほかにも不溶性食物繊維が含まれていることから、便秘トラブル解決に役立ってくれますし、ペクチンの作用で消化酵素の働きを助けてくれるため、その後の食事による脂肪吸収を防いでくれるようになります。

また、みかんのような柑橘類の香りはアロマテラピー効果もありますし、眠気を吹き飛ばす作用もありますので、集中したいときに有効な食べ物にもなっております。

 

食物繊維はなぜダイエット効果がある?おすすめサプリや食品!

酵素ダイエットの効果や口コミ・やり方は?サプリ等おすすめは?

 

みかんダイエットの痩せた口コミ


ミカンダイエットの口コミは痩せたというのもかなりあります。

「1週間で2kg痩せた」「3ヶ月ほど続けて8kg痩せた」「便秘解消で体重が減った」など、具体的に体重が減ったという報告も多々あるのです。

もちろん、成功しなかったという報告もあります。

これらはシンプルで特に体重は変わらなかったという意見に収束していました。

単純に痩せなかったようです。

やり方がシンプルでありながらも、食事の量が制限できた人は痩せたのでしょう。

効果がなかったという人は、食事量制限ができなかったのか、それとも糖質が多めの食べ物をたくさんに摂取してしまったのかもしれません。

量を減らしてもその代わりの食べ物のカロリー高めで糖質多めの料理を食べてしまったら痩せない確率は高くなります。

 

食事制限ダイエットの成功方法!停滞期やリバウンド対策は?


Sponsored Link


 

焼きみかんとは?ダイエット効果はある?


このダイエットの成功率を上げる方法が、みかんに一工夫を加えることです。

その工夫とは朝昼晩3食前にみかんを1個食べるだけではなく、みかんを焼いて焼きみかんにすることとなっております。

作り方は、40度のお湯に1分ほどつけた後に、ガスコンロに網をひき中火にかけて表面が少し焦げながら皮がパンパンな状態になったらストップすることです。

非常に簡単でしょう。

なぜ焼くのかというと、ミカンの皮に多く含まれている栄養素を焼くことで果実に浸透させることができるからです。

トースターやストーブの上などにみかんを置いて7~8分ほど加熱するだけでも簡単に作れますので、是非チャレンジしてみてください。

ただし、焦げ目がつくと一気に焦げ付く可能性もあるので、放置するのはやめましょう。

生のみかんに飽きた時用【ダイエット向けみかんレシピ3選】

しかし、ダイエットのためとはいえひたすらみかんを食べ続けるのもつらいでしょう。

そのため、ちょっとしたアレンジ方法を理解しておくと続けやすくなります。

①粉寒天でみかんゼリー


(https://cookpad.com/recipe/1004313)

普通のみかんには飽きてしまったけど、凝った料理をしたくないし時間をかけたくないという方にはこのゼリーがおすすめです。

材料もみかんの絞り汁と粉寒天と水さえあればできるので、非常に簡単と言えるでしょう。

飽きてしまったという方は是非ともチャレンジしてみてください。

 

寒天ダイエットのやり方や効果・注意点は?成功・失敗の口コミは?

 

②りんごとみかんのスムージー


(https://cookpad.com/recipe/2007375)

ジュース感覚でみかんの栄養素を摂取する方法です。

スムージーなどの抵抗感がなくすんなり飲めるという人にはもってこいでしょう。

ジューサーが必要になりますが、ダイエットをしている人たちにとっては活躍どころが多いのではないかと思いますので、一台ほど用意しておくといいでしょう。

 

りんごダイエットは一週間で効果?痩せた口コミやレシピ

スムージーダイエットで痩せた!口コミ・やり方・レシピは?

 

③みかんミルク寒天


(https://cookpad.com/recipe/2967758)

クックパッドでも非常に人気のあったダイエット系のみかんレシピがこちらになります。

缶詰のみかんを使っている物もありましたが、缶詰のみかんはどうしても糖質が高めになってしまいますので、生みかんを使うようにしてください。

こちらもかなり独特な食感になりますが、みかんに飽きたという人にとっては非常に斬新かつ新鮮に感じると思います。

 

ライスミルクダイエットの方法や効果・口コミ・作り方は?

 

みかんの食べ過ぎは良くない?太る?


みかんを食べ過ぎると太るという考え方は多くの方々が持っているようですが、糖質やカロリーを調べた限りだとそこまで心配はないと思います。

確かに50個とか100個食べるという人は明らかにおかしいですが、1日に5個ぐらい食べたとしてもそこまで心配いらないでしょう。

ただし、みかんを多く食べてさらには普通に食事も多く食べるというスタイルの人は確実に太るでしょう。

そのような人はただ単におやつを増やしてしまったような物になるので、効果は上がらないでしょう。

また、食べ過ぎるとβカロテンが体に蓄積されるようになるので、皮膚に色が表れるようになってしまいます。

昔から都市伝説のように食べ過ぎると肌の色が変わると言われておりましたが、実際に変わるのです。

この症状を柑皮症(かんぴしょう)と呼びます。

体には悪い病気ではないのでカロテノイド摂取量を減らせば自然と落ち着くでしょう。

ただし、冷たいみかんをたくさん食べると冷え性になってしまうかもしれませんので、やっぱり食べ過ぎはやめた方がいいと思います。

 

ダイエットでカロリー制限する一日の目安は?停滞期はある?

 

みかんダイエットの方法や効果と痩せた口コミ!夜だけ食べる?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はみかんを使ったダイエットについて記載して参りました。

やり方はシンプルでそこそこ評価も高いみかんダイエットですが、摂取カロリーを抑えるという考え方から成り立っていますので、食欲が旺盛すぎる方にはおそらくそこまでの効果は出ないでしょう。

痩せるためには、己の強い意志が必要ですのでみかんダイエットをする人は「ダイエットをしている!」という強い意志を持って行動してください。

みかんに頼りっきりではいけません。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)