玄米フレークのダイエット効果!おすすめは夜か朝食か?

玄米フレークの栄養と糖質やカロリー!ダイエットの方法は?

玄米フレークは非常にヘルシーな食べ物で、効果的な用い方をすればダイエットにも使えるという意見もしばしば聞かれます。

このダイエットに興味を持たれた方におきましては食べるタイミングとしておすすめなのはなのか朝食なのかなど色々知りたいことも多いでしょう。

そこで、今回はこの玄米フレークを利用したダイエットについてお伝えいたします。


Sponsored Link


玄米フレークとは? 栄養は?


玄米フレークとはケロッグから発売されているシリアルの一種です。

もともと、シリアルは穀類を加工して簡単な調理で食べられるようにしたもので、オートミールやコンフレークといったものも該当しております。

ケロッグは子供向けの甘さを利用した製品が多いのですが、この玄米フレークは鉄分やビタミンなどの栄養素がしっかりと入っており、大人の方々にも食べられるシリアルとして仕上がっているのです。

カルシウムなどの栄養素も補給できるので朝食に食べることが推奨される代表的なシリアルといえるでしょう。

カロリーや糖質は?


玄米フレークのカロリーは1食分で151kcalです。

1食分40gですので、ほかのシリアルと比べてみてもそこまで差はないといえるでしょう。

糖質は40gで33.7gとなっており、そこそこ高い値となっております。

これに牛乳200mlが加わった場合、かなりのカロリーと糖質になるでしょう。

朝食に求められるカロリーは500~700kcalですので、牛乳のカロリーを加えて考えると1食分としては十分なのでしょう。

このように玄米フレークは健康的な食べ物ではありますが、カロリーと糖質があるということは覚えておきましょう。

これがダイエットにおいてどのように使ったらいいのかに大きくかかわってきます。

玄米フレークのダイエット効果


玄米フレークは噛み応えがあり食物繊維も豊富に含んでいることから朝食に食べた場合しっかりと腹持ちの良さを感じることができるでしょう。

朝が早い人でも小腹がすいたと感じることが少なくなるのです。

また、かなり安い値段で提供されているので毎日続けることがとっても簡単というのも利点です。

ダイエット成功率が高くてもコストパフォーマンスの部分が悪いものでは実行しにくいという欠点ができてしまいますが、これは簡単かつ気軽に挑めるという大きな利点があります。

また、ビタミン類やミネラルを効率よく摂取できることから、置き換えダイエットに用いたとしても栄養価が偏ることが少ないというメリットもありますので、痩せた結果不健康になるという状態になりにくいのです。

玄米フレークダイエットのやり方


実際にダイエットに用いる場合は、朝食の際に40gの玄米フレークをヨーグルトや牛乳、そして野菜やフルーツと混ぜて食べるということを続けることです。

注意点としては、ダイエットを主として行っているので、使う牛乳やヨーグルト、そしてフルーツなどのカロリーや糖質には気を付ける必要があるということになります。

牛乳は可能なら低脂肪乳や豆乳にかえるとか、ヨーグルトも低カロリーのものを選ぶといった工夫を加えましょう。

期間は2週間程度といわれておりますが、目標体重に近づけるための期間としては短いので、しばらく続けた方がいいのではないかと思います。

玄米フレークは栄養価的にも優れているので、長い期間続けることでのデメリットはないのです。

ただし、続けているうちに白米などが食べたくなってしまいますので、それは意識して我慢するしかないでしょう。


Sponsored Link


夜食べるのがおすすめ?それとも朝食に?


これは朝食にしたほうがいいという意見が一般的です。

この玄米フレークは栄養価が高めではありますが、カロリーと糖質も高めなので夕食に用いた場合そのエネルギーが蓄積されるという懸念もあるのでしょう。

腹持ちの良さが発揮されたとしても夕食の場合は意味がほとんどありません。

ただし、朝食をほとんど食べないで夕食が非常に多いという方は夕食をこの玄米フレークに変えた場合ある程度カロリーと糖質を制御できる可能性もありますので、自分の食生活からどちらが効果が出やすいか推測するといいでしょう。

食事のカロリーバランスの理想は3:4:3ではありますが、このバランスを守れている人は朝食を置き換えるようにして、夕食の比率が非常に高くなってしまう方は夕食を置き換えるのが良いでしょう。

玄米フレークで痩せた口コミは?


玄米フレークダイエットはシリアル系のダイエットとして情報も統一されていることが多く、玄米フレークダイエットのみの評価を見つけるのはなかなかに難しいようです。

そこで、玄米フレークそのものの商品評価のほうから、ダイエット関連の意見があるのかどうかを探してみたいと思います。

商品の口コミを見た限り、問題なく食べられるという意見や便通が良くなったという意見が多く、体重が減ったという意見はそこまで多くないようです。

ただし、便通が良くなれば体重が減少することも多いので、実質的にダイエットになっている方は多いのでしょう。

予想以上に体重が減らないという意見もありましたが、このシリアルを使ったダイエットはどうしても効果の出方が遅くなりがちですので、時間が必要になるということをご理解ください。

玄米フレークを使ったダイエット向けレシピ3選

それでは玄米フレークを使ったダイエットレシピを具体的に紹介します。

2週間程度ならずっと飽きずに食べられますが、これが年単位になってしまった場合は長い付き合いとなってしまうのです。

いつも通りの牛乳やヨーグルトといったものを使った食べ物以外を試す必要も出てくるのです。

①玄米フレークと黒ゴマのヘルシークッキー♪


(https://cookpad.com/recipe/1728669)

玄米フレークと黒ゴマを使ったクッキーです。

バターも控えめになっており、パルスイートが砂糖の代わりになっているので、かなりヘルシーと言えるでしょう。

オーブンが必要になりますので、一人暮らしの方は出来ない可能性もありますが、チャンスがあるという方はぜひともお試しください。

②ローカロリー!玄米フレークのスコーン


(https://cookpad.com/recipe/633229)

こちらは玄米フレークをノンバターの生地に混ぜ込んだヘルシーなスコーンです。

ミキサーなどで粉々にする必要があるので、ミキサーを用意する必要はありますが、それでもお手軽に作ることができるのでお勧めとなります。

③ヘルシー!玄米フレーク入りクリスピー


(https://cookpad.com/recipe/341410)

これはマシュマロとバターを用いるので多少カロリーはありますが、おやつをしばらく食べておらず、我慢ができなくなったという方向けでしょう。

マシュマロの味を変えれば様々な味となるクリスピーになりますので、普段の味に飽きてしまったという方にはお勧めとなります。

玄米フレークのダイエット効果!おすすめは夜か朝食か?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は玄米フレークを使ったダイエットについて記載しました。

玄米フレークはシリアルの中でもそこそこダイエットには向いているでしょうが、高カロリーで高糖質になっているのがどうしても気になります。

そのため、思ったよりも体重が落ちないという意見も出てきてしまうのです。

体重が落ちないという悩みに直面した方は、できる限り消費カロリーを増やすためにも運動などを取り入れるようにしたほうがいいでしょう。

食事制限系のダイエットに該当しますが、抑えられるカロリーや糖質はそこまで大きくないので人によっては全く効果が出ないこともあります。

毎日体重計に乗り、体重が思った以上に減らないのなら消費カロリーを増やすことを意識してくださいね。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)