ふくらはぎ痩せダイエットの方法【運動・マッサージ・筋トレなど】

グッズや食品などふくらはぎ痩せダイエットの方法

ふくらはぎは人によって状態が様々で、たくさん脂肪がついてしまった方や筋肉が付きすぎた方もいるでしょう。

そのため痩せるには運動マッサージ筋トレなどどのようなダイエット方法がいいのかを模索している方もたくさんいます。

そこで、今回はふくらはぎ痩せダイエットの効果的な方法についてお伝えします。


Sponsored Link


ふくらはぎ痩せダイエットの方法

fukurahagiyase-houhou
ふくらはぎが太くなる原因はむくみ・脂肪・筋肉太りの3つになっております。

全く筋肉が無いふくらはぎだと締まりがなくなるので、太って見えることもありますが、筋肉が付きすぎて悩んでいる方もいるでしょう。

まず、ふくらはぎダイエットを行う場合には、自分のふくらはぎがどうなっているかを理解してください。

いわゆるむくみ・脂肪・筋肉太りのどれが原因になっているかということです。

効果があるのはストレッチ・筋トレ・エクササイズ・マッサージ・セルライト対策といったところでしょう。

重ねてお伝えしますが、ふくらはぎが太くなっている原因を間違い、対策も間違ってしまい、効果がうまく出ないことも多いので、その点には気を付けてくださいね。

 

ダイエットの筋トレで体重増加はなぜ?効果的なメニューは?

 

ふくらはぎ痩せに効果的な運動【エクササイズ】は?

fukurahagiyase-exercise
ふくらはぎに効果があるという点では、つま先立ちでかかとを上げ下げするだけでも十分な効果があります。

階段を利用した上り下りでも同じ効果を得ることができるのでおすすめですよ。

この動作を利用したエクササイズのやり方は以下の通りです。

1.壁などに手をつき、限界までかかとを上げてつま先立ちになって5秒キープする

2.かかとを下ろして5秒休憩する、これを10セットくらい繰り返す

非常に簡単でしょ?

ポイントは毎日続けることとやりすぎないことです。運動を行っている方や筋力が必要な方なら話は別ですが、そうではなく美しく見せたいという方ならやりすぎは禁物です。

ふくらはぎは筋肉が付くとモリモリになってゴツく見えてしまうので、魅せるのが目的ならやりすぎは避けた方が良いでしょう。

また、筋肉太りしてしまっている方はやらないほうがいいでしょう。

むくみや脂肪が増えてきた方たちにおススメです。

 

太もも痩せダイエットの方法は?効果的なエクササイズは?

 

ふくらはぎ痩せに効果的なマッサージ法

fukurahagiyase-massage
これもむくみ・脂肪によってふくらはぎが太く見える方たちにおススメしたい方法となっています。

むくみがひどい方は両手でふくらはぎを雑巾絞りのように掴んでもみほぐすのも効果的ですし、手をぐーの形にして下から上へ、アキレス腱の上部→ふくらはぎ→膝下となるように押し上げるのも良いでしょう。

いわゆるリンパを流す動作ですが、立ち仕事が多い方や筋力が足りていない方は老廃物が溜まりやすくなるので、リンパ管を通す様に下から上へと押し上げる刺激が必要となります。

脂肪が多くセルライトが気になる方は、力を入れずに優しく足首からひざ裏にかけて、両手を使って10~15回ほどさすり上げるのが有効です。

それ以外にも両手で足首をつかんで、雑巾絞りのように強めに絞っていくのも有効で、これは膝まで行うようにしてください。

 

セルライトが太ももやお尻にできた!解消【つぶす】方法は?

 

ふくらはぎ痩せに効果的な筋トレ

osiriyase-squat
エクササイズの項目でも紹介しましたが、つま先立ちを利用したものは効果が高いので意識してまずはやってみるようにしてください

ポイントはお尻とおへその下あたりに力を入れること。

足に力が入りすぎないようにしてください。

踏み台昇降運動もおすすめです。

ただ、できる限り時間を節約したいという方ならまずはスクワットでしょう。

スクワットは下半身をしっかり鍛えることができるので、下半身のダイエットに効果が非常に高くなっているのです。

やり方は下記参照です。

1.両足を肩幅程度に開いて、手を真っ直ぐ前に伸ばす

2.膝を曲げてゆっくりと腰を落としていく、可能なら床と太ももを水平にする


Sponsored Link


3.その体制で3秒キープして、そのあとはゆっくりと元の位置に戻す

これをだいだい10回を1セットとして、3セットやれば十分でしょう。

 

下半身ダイエットを成功させる方法!簡単な運動や器具など

 

ふくらはぎ痩せに効果的な歩き方

fukurahagiyase-arukikata
歩き方の注意点は、筋肉が発達してしまう可能性があるということでしょう。

筋肉太りが気になる方は歩き方を一度見直す必要があります

パタパタと速足で歩くタイプの方はふくらはぎの筋肉を使うことになりますし、腰を落として歩く方も筋肉が発達するでしょう。

また、一番の問題はヒールをよく履く方です。

ヒールは基本的につま先に負担がかかる作りになっているので、常にふくらはぎが鍛えられている状態になります。

そのためヒールを基本的に履き続けている方はふくらはぎに相当筋肉がついているはずです。

なので、外出する時はヒールを履くのを控えて歩く速度をゆっくり目にして負担をかけないようにしましょう。

 

お風呂ダイエットの運動など方法は?足やお腹・小顔に効果?

 

ふくらはぎ痩せに効果的なグッズは?靴下?

fukurahagiyase-kutusita
ふくらはぎを痩せさせるダイエットグッズとして最も有名なのは加圧するタイプのものでしょう。

例えば「加圧靴下」とか「着圧力ソックス」なんて名前で売られているものですね。

これはものによっては100均でも売っているので簡単に入手することができますよ。

他にも「コロコロローラー」「セルライトローラー」と呼ばれているふくらはぎの脂肪やリンパの流れをよくするグッズもあります。

 

縄跳びダイエットの方法は?回数や期間と足痩せなど効果は?

 

ヨガでふくらはぎ痩せはできる?

筋肉太りが酷い方は運動を控える必要がありますが、あまり運動をしなくなってしまうと今度は贅肉になってしまうので、ある程度のストレッチやヨガが必要となります。

特にヨガは効果的だと言われているので、筋肉が付きすぎてしまった方は実践してみるといいでしょう。

やり方は動画参照となりますが、以下に文章としても記載しておきますね。

1.両手を頭の真上で重ね、まっすぐに伸ばす

2.右足を軸にして、左足を後ろに引いて上げていく

3.その姿勢のまま、ゆっくりと呼吸を行う(ポイントは軸足の膝を曲げないようにすること)

4.もう片方の足も同様に行う

 

足パカってダイエット効果はあるの?痩せた口コミや方法は?

 

ふくらはぎ痩せに効果的な食品は?

fukurahagiyase-syokuhin
運動やエクササイズも効果的ですが、むくみがひどい場合は食事も見直したほうがいいでしょう。

もちろん脂肪が付きすぎている方は消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っている状態にあるので、食べる量にも気を付ける必要があります

まず、塩分は過剰摂取すると血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみ出すので、身体に余分な水分が増えてむくみやすくなります

なので、むくみがひどい方は塩分摂取量を気にしてみてください。

また、むくみを解消するためには血行を良くすることも大切なので、ビタミンEやタンパク質は必須となるでしょう。

ビタミンEはアーモンドにたくさん含まれているので、アーモンドを食べるのがいいですよ。

タンパク質は動物性たんぱく質の場合、脂質が多くなるので、植物性タンパク質を摂るようにしましょう。

これはきな粉・落花生・雑穀などに含まれています。

 

たんぱく質の多い食品一覧!ダイエット効果は?

 

ふくらはぎ痩せダイエットの方法【運動・マッサージ・筋トレなど】まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はふくらはぎ痩せダイエットの方法についてお伝えしました。

ふくらはぎは通常のダイエットではなかなか落とせない部位なので、ストレッチやエクササイズといったものが必須となるでしょう。

特に、つま先立ちのトレーニングはどこでもいつでもできるので、電車やバスで移動中の時にやるのもいいですよ。

ただし、筋肉太りの方は鍛えすぎるのも問題なので、脂肪にならないように血行を良くしつつ筋肉を減らしていきましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)