ダイエット中のおやつのおすすめ【コンビニ・手作りレシピ】

ナッツや昆布・みかん?ダイエット中でもおすすめのおやつは?

ダイエットにおいて大切なことは、摂取カロリーや糖質をいかにカットするかで、そのためにもおやつを摂らないようにすることが多いのです。

しかし、人によってなかなか我慢できるものではなく、太らないおすすめコンビニ商品手作りレシピはないものかと考えている人も多いでしょう。

そこで、今回はダイエット中におけるおやつについて考えていきたいと思います。


Sponsored Link


ダイエット中でもナッツや昆布・みかんならOK?


最初から極論を申し上げてしまうと、ダイエット中なら間食をしないほうが良いという説が多くなっております。

それは摂取カロリーが少なる方が良いのは勿論ですが、食事の回数をしっかりと1日3回にするということを体に覚えさせることが大切で、脂っこいものを食べることで不健康になることを避けるという意味合いもあるのです。

それでも、我慢できずにもうどうしようもないと感じている方は食べるしかないのではないでしょうか。

基本的にストレスがかかり続けることで体重減少が遅くなってしまいます

そのため、おやつを我慢し続けることでストレスが溜まってしまう人は摂取するしかないのかと思います。

そのため、ダイエット中に食べても太らないものが良いのですが、具体的には血糖値の上がりにくいもの、専門用語を使うとGI値(グリセミック指数)の低いものを選ぶのが正解なのです。

ナッツや昆布やみかんならGI値も低いので食べるならばおすすめのものと言えるでしょう。

ダイエットにおいて覚えておいてほしいGI値がどうなっているかですが、より具体的に解説するためにも、食べるのが良くないとなっているGI値が高いものを記載しますので、確認しておいてください。

飴・チョコレート・ドーナツ・ポップコーン・キャラメル・かりんとう・ケーキ・クッキー・ワッフル・フライドポテト・白米・パン類(ライ麦といったものは除く)・コーンフレーク・インスタントラーメン・ベーグル・うどん・もち・ビーフン・ジャガイモ・人参・とうもろこし・練乳・こしあん・つぶあん・ホットケーキ・みたらし団子などが高めとなっているので、間食でこれらの食品を食べるのは危険ですね。

GI値が高いものは食べることで血糖値が上昇してしまい、インシュリンが大量に分泌されてしまいます。

そのインシュリンが脂肪を大量に作り始めて脂肪分解を抑制するようになるので、太りやすく痩せにくい体にしてしまうのです。

ダイエット中に間食したい方は覚えておかれると良いかと思います。

 

低インシュリンダイエットの方法や効果【低GI値の食品】

みかんダイエットの方法や効果と痩せた口コミ!夜だけ食べる?

ナッツダイエットにおすすめの種類や摂取量は?食べ過ぎは太る?

 

おやつにふさわしい時間は?


それではおやつを食べてよい時間帯について考えていきましょう。

まず間違いなく避けたいのは寝る前の3時間です。

寝る3時間前以降の時間帯に食べると摂取したカロリーが消費されにくくなるので止めておきましょう。

太る確率が高まります。

基本的には昼と夕飯の間に食べるのが間食として一般的でしょう。

この時間帯は人によってはかなりの時間が空いてしまうので、比較的有効なタイミングと言えるかと思います。

それ以外では起床後30分以内に食べることでしょう。

この時間帯は脂肪に変換されることが少なく筋肉が付きやすいので、糖質摂取をしても影響が少ないのです。

高確率で運動のエネルギーとなってくれるでしょう。

あとは、筋トレ後30分以内に食べるのも有効です。

筋トレを行った後におやつを食べれば、糖質を摂取したことで筋肉が回復して付きやすくしてくれるので理想的な状況となるのです(この時タンパク質も一緒に摂取するのが理想です)。

 

ダイエット!寝る前の食事や飲み物・筋トレやストレッチ

間食抜きダイエットの効果は?痩せない?痩せた口コミは?

 

ダイエット中でも食べられるおやつ!手作りレシピは?


それでは、少しでもカロリー摂取量を減らそうと、手作りを考えている方々のためにレシピをいくつか紹介しましょう。

ショコラプリン(177kcal)


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/473087)

これは非常に人気のある手作りレシピでおそらく多くの方々が知っているものとなっております。

非常に簡単に作れるため、普段全く料理をしない方でも材料さえ用意すればあっという間に作ることができます。

その材料も低脂肪乳・無糖のココア・甘味料・粉ゼラチンの4つのみなので、用意するのも簡単でしょう。

牛乳+パルスィート液体タイプを使うことで177kcalになりますが、使う材料を工夫することで摂取カロリーを制限できるので、カロリーをできる限り抑えたいという方は甘味料のカロリーにもこだわってください。

 

ゼリーダイエットの痩せた口コミは?夜だけが効果的?

ココアダイエットって効果があるの?タイミングなど方法は?

 

焼きリンゴ(170kcal)


(参考URL:http://rakuyase-diet.jp/hinami11/archives/1556)

これも非常に簡単に作れるダイエットの定番おやつで、材料はリンゴと糖質を制限しているアイスクリームだけです。

アイスの量は1/3もあればよいでしょう。

はっきり言って満腹感がかなりあるので、これを食べると夕飯が食べれないという事態を引き起こす可能性もあります。

要注意ですね。

作り方は、リンゴを良く洗ってから真ん中をスプーンで貫通しないようにくりぬいて、ラップをかけて600wのレンジで5分加熱し、あけた穴にアイスを入れて完成です。

リンゴとアイスがあればすぐに作れるので、おやつがどうしても食べたくてしょうがないという方はチャレンジしてみるといいでしょう。

 

アイスクリームダイエットの方法や効果は?痩せるレシピは?

りんごダイエットは一週間で効果?痩せた口コミやレシピ

 

ミルクプリン(37kcal)


(参考URL:https://cookpad.com/recipe/406070)

これも人気がある低カロリーおやつなので知っている人も多いかもしれません。

非常に低カロリーな約40kcalなので、多少量を食べたとしても太る確率は低いのです。

ただし、普段全く料理をしないという方はおそらく材料は家にないでしょうから、購入する必要はあるでしょう。

バニラエッセンスやパルスイート、そして粉ゼラチンはおやつ作りが好きな人じゃないと持っていないと思います。

ポイントは粉ゼラチンをレンジで温める時です。

気を抜くと高確率で吹きこぼれて大惨事になってしまうので、温め時間の30秒は監視するようにしてください。

それと、パルスイートの他にラカントでも作成可能なので、そこはお好みで選ぶようにするといいでしょう。

 

牛乳ダイエットのやり方や効果・痩せた口コミ!低脂肪が良い?

 

豆腐のスイーツ(157kcal)


(参考URL:http://slism.net/gourmet/easy-tofu-dessert.html)

ダイエットをしている方なら高確率でお世話になる豆腐ですが、その豆腐をおやつに活用した形になります。

作り方も非常に簡単で、絹ごし豆腐にきな粉や黒蜜といった甘味料をかけるだけです。

豆腐と甘味料さえあれば、どなたでも作ることが可能なので、ダイエット中にひたすら豆腐を使った結果、豆腐に飽きてしまったという人は一度試してみるといいでしょう。

他にも、インスタントコーヒーを使ってカラメル豆腐といったアレンジをすることも可能なので、アレンジ方法を色々模索するといいでしょう。

 

豆腐ダイエットの効果ややり方は?夜だけ?成功の口コミは?


Sponsored Link


高野豆腐ダイエットのレシピや効果は?カロリーは高い?

 

ダイエット中でも食べられるコンビニで買えるおやつは?


次は作りたくはないけど、できる限り摂取カロリーを抑えたいという方のためにコンビニで買えるおすすめおやつをいくつか紹介しましょう。

代表的なものは間違いなくセブンイレブンの「ミックスナッツ」となります。

一袋食べてしまった場合は525kcalと非常に多いカロリーとなってしまいますが、噛み応えが非常にあるので一袋全部食べられる人は少ないと思います。

ナッツ類は油分や脂質が多いのですが、糖質が少なめで不飽和脂肪酸の油分なので太りにくいのは確かです。

次におすすめするのはどこのコンビニでも必ず販売しているするめ類ですね。

代表的なものだとセブンイレブンの「味わいあたりめ」といったところでしょうか。

これは一袋あたり156kcalとそこまでカロリーは多くなく、さらには噛み応えがかなりあるためおやつに最適なのです。

また、タンパク質も含んでいるものが多く、ナイアシンといった成分によってダイエットをしやすくしてくれるので迷ったらするめ系の低カロリーなおやつを選択されるといいでしょう。

ただし、マヨネーズを付けて食べたりはしないようにしてください!

他にはこんにゃくをチップスにして低カロリーなおやつとして販売している「こんにゃくチップス」もいいでしょう。

これはローソンで販売されているもので一袋当たり63kcalと非常に低カロリーとなっており、小腹がすいた時に安心して食べられるものと言えるでしょう。

あとは「野菜チップス」「有機むき甘栗」「観点ゼリー」あたりがオススメとなっているので、とにかく低カロリーのものを選ぶようにしましょう。

 

するめのダイエット効果や痩せた口コミは?デメリットは体臭?

こんにゃくダイエットの効果とやり方は?腸閉塞に注意?

ゼリーダイエットの痩せた口コミは?夜だけが効果的?

 

市販されているおやつにふさわしい食べ物は?


基本的に市販されているものでおやつに向いているものは先に説明したGI値が低いものとなっております。

いくつか挙げますと、昆布・甘栗・ナッツ類・ゼリー類・ヨーグルト類となっております。

あとはするめやドライフルーツもいいでしょう。

具体的にカロリーを記載すると、ドライフルーツでは乾燥バナナ10枚で約60kcl、レーズン40粒で約60kcal、プルーン2個で約50kcalとなっております。

また、寒天は100gで2kcalと非常に低カロリーとなっているので、寒天を利用したおやつもいいでしょう。

寒天は食物繊維が豊富でお腹も膨らみやすく、ダイエット中に食べるのは最適となっているのです。

代表的な寒天のおやつはたねやの寒天で、これは蜜をかけたとしても141kcalとなっております。

するめは意外と高カロリーで100gあたりだいたい300calとなっていますが、たくさん食べられるものではないのでおすすめとなっているのです。

ただし、塩分も多めなので大量には絶対に食べないようにしましょう。

他にも空腹を紛らわすにはガムを噛むのが有効で、シュガーレスガム系統のものを購入するのもいいでしょう。

これは一粒10kcal程度なので、噛み続けることで満腹感も得られますし、ダイエットには非常に役立つものとなってくれます。

あとはヨーグルト系統のもので代表的なものは「小岩井 生乳(なまにゅう)100%ヨーグルト」といったものでしょうか。

これは130kcalとなっておりますが、腸内環境を整えるのに最適で美容にもよくカルシウム摂取にも最適なので、牛乳が苦手な方にはおすすめかと思います。

マンナンライフの「蒟蒻畑ララクラッシュ」もおやつとしては非常に有効です。

これはゼリーといったGI値が低いものとなっていて、低カロリーかつ食物繊維が豊富と非常にダイエット中の方向けのものとなっております。

摂取カロリーは4個食べると28kcalなので、一つ当たり10kcalもないと考えていいでしょう。

 

ドライフルーツのダイエット効果は?マンゴーなど種類は?

ヨーグルトダイエット体験談や方法は?朝昼夜で効果的なのは?

飲むヨーグルトのダイエット効果や方法!夜飲むと太る?

 

ダイエット中に間食はしない方が良い?


ダイエットにおける間食は基本的にはしない方が良いのですが、微妙なところがあります

大きく分けて「食べ物を厳選するのなら間食をしたほうが痩せる」という説と「摂取カロリーを増やす間食は良くないから痩せない」という説があります。

非常に両極端であり、どちらも成功例があるのでどちらが正しいのか、簡単に説明が付かない状態になってしまっているのです。

まず、「食べ物を厳選するのなら間食をしたほうが痩せる」と主張している方々の意見を記載していきます。

まず、間食をすると血糖値を一定に保つことができると言われております。

ダイエット中はできる限り血糖値を一定に保つことが大切であり、血糖値の急上昇は脂肪増加の原因となり、糖が筋肉に運ばれる率が上昇し運動エネルギーになるので余ってしまった場合は脂肪に変換されるようになるのです。

つまり、脂肪が増えやすくなる状況を避けたい人はできる限り血糖値の上昇を避ける必要があるということです。

この血糖値が上がりやすい状況というのは空腹時にGI値が高いものを摂取することなので、空腹状態は避けるために間食をした方が良いと力説する人が多いのです。

また、間食をすることで筋肉の分解を防ぐことができるので、筋トレを合わせて行っている人も間食が推奨されることが多くなっております。

他には、間食が大好きな人にとっては我慢するということは想像以上に苦しいこととなっており、ストレスが非常に溜まってしまいます。

ストレスは溜まりすぎることで交感神経が刺激されてしまい、血管収縮が始まり血流が悪化するので、筋肉に栄養素が行かなくなるので基礎代謝が大きく減少します。

さらに、ストレスを溜め込むことで、コルチゾールというホルモンが分泌されるようになり、インスリンが大量分泌されるようになるので、必要以上に体脂肪を貯えるようになってしまうのです。

そのため、ストレス解消のためにも間食はある程度は必要だと解説する人もいました。

それ以外にも、ストレスが溜まりすぎることでセロトニンの分泌量が減ってしまいます。

セロトニンが多く分泌されることで食欲の抑制作用を得ることができたのですが、それが無くなってしまうと食欲を抑えにくくなってしまうので過食にはしってしまって、太ってしまうことすらあるのです。

逆に「摂取カロリーを増やす間食は良くないから痩せない」と考えている人たちは、説明も非常にシンプルでわざわざ摂取するカロリーを増やす行いをしたほうが太るのだから、減らしたら痩せるだろうというものとなっております。

実際に間食が原因で太ってしまっているという人も大勢いるのは事実なので、こちらの説も正しいと言えるでしょう。

例えば、ケーキ一つで約500kcalとなっているのでそれをやめてしまえば痩せやすくなるのは事実なのです。

ダイエットの一つに「間食抜きダイエット」というものがあり、成功者も多数います。

この間食を抜くダイエットの効果は、無駄な摂取カロリーを抑えられるので痩せやすくなること、間食は脂質の高いものが多くそれらを食べなくなるので、ドロドロ血になることを避けられるようになり、ニキビや吹き出物といったものを回避できるようになるというものでした。

ただし、この間食抜きダイエットの方法はひたすら我慢することが主流なので、ストレスが溜まりやすく人によってはマイナスに働いてしまっていることも事実なのです。

このように、両者とも納得できる意見となっているので、はっきり言ってどちらが正しいとは言えない状態になっております。

人それぞれに相性があると思いますので、自分が有効と思われる方を選択されると良いかと思います。

だからと言って、全くコントレールせずに間食の頻度や量を増やしてしまったら、なかなかダイエットの成功は難しいかと思います。

 

ダイエット中でも太らないおやつ!コンビニにあるお菓子は?

ストレス太りの方の痩せ方とダイエットによるストレスの解消法!

間食抜きダイエットの効果は?痩せない?痩せた口コミは?

 

ダイエット中のおやつのおすすめ【コンビニ・手作りレシピ】まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は、ダイエットにおける間食について検証し、おすすめのおやつも紹介してまいりました。

結論として、ダイエットにおける間食は摂り方を間違えると太る可能性が非常に大きいということです。

ただし、間食をケーキから低カロリーなものに変えただけで痩せるというものではなく、しっかりと消費カロリーを増やさないとなかなか難しいということは理解して頂けたらと思います。

本気で痩せたい方は、食事制限をして、間食もやめて、運動もしっかり行うことが一番なのですが、それは人によって体にかかる負荷も心にかかる負荷もものすごい大きいので、できることから始めてみるのが良いでしょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)