豚肉のダイエットに効果的な部位と方法!人気のレシピは?

ダイエットに有効な豚肉の食べ方と鶏肉や牛肉より効果が高い?

ダイエットに使われるお肉といわれると鶏肉のイメージが強いですが、豚肉を使っても効果があるといわれているのです。

しかし、どの部位を選ぶのか、どのような方法で行うのか、人気のレシピはどのようなものなのかなど知りたいことが多くあるかと思います。

そこで、今回は豚肉を使ってのダイエットについてできる限り詳しく紹介したいと思います。


Sponsored Link


豚肉の栄養と効果・効能


豚肉にはいろんな栄養素が入っておりますが、その中でも特に注目すべき栄養素はビタミンB1・カルニチン・ロイシン・トリプトファンといったところでしょう。

ビタミンB1はよく聞くビタミンの一種ではありますが、糖質の代謝効率を上昇させる作用があるので低糖質ダイエットをしたい方に向いております。

しかし、そのたびにビタミンB1が急速に失われているので、現代日本人はビタミンB1が慢性的に不足しているようです。

カルニチンも脂肪燃焼効率が上昇します。

鶏肉よりも豚肉はこのカルニチンの量が7倍もあるのが大きな差と言えるでしょう。

摂取カロリーは豚肉の方が多いのですが、脂肪燃焼効率はこのカルニチンの作用で上になります。

ロイシンは食欲抑制効果や筋肉分解抑制効果があるので、ダイエットをして綺麗な体になりたい人にとっては重要な栄養素になるでしょうし、トリプトファンは集中力を向上させて睡眠の質を高めます。

 

低糖質ダイエットの効果や方法!外食時のメニューは?

睡眠でダイエット?寝る時間やホルモンが関係?方法は?

夜トマトダイエットのやり方と効果・レシピは?脂肪燃焼成分とは?

 

豚肉にはダイエット効果がある?


豚肉のダイエット効果はカルニチンなどの脂肪燃焼効率を上げる作用によるところが大きいでしょう。

体を動かすための原動力となるエネルギーはATPという名前のものなのですが、この材料となるのが脂肪・糖質・タンパク質です。

このATPはミトコンドリアから生成されますが、食べ物で吸収された脂肪酸がミトコンドリアに運ばれるためにはカルニチンが必要なので、カルニチンを摂取することで効率よく痩せることができるようになるのです。

現代日本人はこのカルニチンが不足している人が多いです。

元々は人間の体内でも生成できるのですが、20代前半から一気に減少する傾向にあるので老化が進むと太りやすくなります

ほかにはビタミンB1のように疲労物質を分解して糖質の代謝効率を上昇させてくれる作用もダイエットには欠かせないと言えるでしょう。

糖質制限ダイエットなどで糖質を完全に摂取しないようにするよりも、ビタミンB1を摂取して糖質の蓄積を防げるようにすることの方が効率が良いという話もあります。

 

糖質制限ダイエットやり方は?効果やデメリット・成功法は?

代謝をあげる方法【食べ物・サプリ・ストレッチ・運動など】

たんぱく質の多い食品一覧!ダイエット効果は?

 

ダイエットに効果な豚肉の部位は?


しかし、豚肉にも色々と部位がありその部位によって栄養素も大きく異なるので選び方が重要になります。

基本的には良質なタンパク質が多くてカロリー少なめなものがベストとなります。

データを比較しているものを見ると、高評価となるのは豚ヒレの赤肉と豚モモでしょう。

この二つは低カロリーで高タンパク質な食材となります。

カルニチンも赤身の部分で色が濃くなっているものほど含まれているとのことですので、選ぶときはこの2種類から選ぶといいでしょう。

バラ肉は半分以上が脂肪という状況すらあるので選ばない方がいいです。

 

低カロリー食品でダイエット!高タンパク食材を含め紹介!

漬物【白菜・きゅうり・すぐきなど】のカロリーとダイエット効果

ダイエット中に低カロリーの食べ物【おやつやケーキレシピ他】

 

豚肉の食べ方などダイエットに有効な方法は?


豚肉ダイエットをするためには、ほかの食材などと組み合わせることで効率を上げた方がいいです。

たとえば、アリシンを含んでいるニンニクを食べるのもいいでしょう。

アリシンにはビタミンB1の働きをより効率化する作用があるので、効果が高まります。

唐辛子などに使われているカプサイシンで脂肪燃焼効率を上げるのもいいです。

肉を食べるとどうしても胃もたれが発生するという人は、キムチなどの発酵食品と組めば腸の働きを助けてくれるので胃もたれも減ります。

ほかにはクエン酸を食べ物で補うのもいいでしょう。

トマトや梅干し、レモンなどの酸味がある食べものに多いので、これらと合わせて摂取することで疲労回復効果を高めて、運動効率を上げましょう。

 

食べ合わせダイエットの具体例!ケーキやご飯ラーメンには?

辛いもののダイエット効果やレシピ!朝や寝る前がおすすめ?


Sponsored Link


キムチダイエットの効果や口コミ・デメリットやレシピは?

梅干し【カリカリ梅に焼き梅干し】ダイエットの効果や口コミ

 

ダイエットに一番向くのは豚肉か鶏肉か牛肉か?


結局、豚肉・鶏肉・牛肉の3種類でダイエットに最も効率的なものはなんなのでしょうか。

結論を最初から言ってしまうと、それぞれ栄養素が異なるのでどちらか一方が100%勝っているとは言えないようです。

ただし、ダイエットに使うならそれぞれ部位を選んで購入する必要があります

豚肉の部位でも説明したように部位ごとに栄養素が異なり、脂質やカロリーなどに大きな差が出るので、好きな部位だけ食べるような人は太ってしまう確率が高いでしょう。

基本的に低カロリーで高タンパク質な鶏肉疲労回復効果や糖質燃焼作用がある豚肉カルニチンが1番豊富な牛肉などそれぞれ長所があるので、お財布の中身と相談して選ぶのもいいかもしれません。

 

鶏肉のダイエット効果やレシピ!筋トレなど成功する方法は?

ダイエット中の焼肉の食べ方【食事前後や部位】と翌日の心得

ローストビーフはダイエット中でも食べてOKか!カロリーや糖質は?

 

豚肉をダイエットに活用する際の注意点


やはり部位の厳選でしょうか。

豚肉でもいろんな部位がありますが、その部位によって栄養価が大きく異なり脂質の量やカロリーもかなり違います。

好きな部位ばかり食べてしまうとダイエットに繋がるどころか太る可能性の方が大きいです。

また、このダイエットは糖質制限ダイエットに近いものがあるので、基本的には豚肉料理を中心にして食事全体の量を減らすようにしてください。

特にご飯の量は減らしましょう

調味料等も厳選することでより効率的に痩せられるようになります。

肉を食べるとどうしてもご飯が食べたくなるという人も多いですが、糖質をたくさん摂取することになるので食生活次第では太ってしまいます。

 

肉ダイエットの方法や効果・口コミ・レシピは?体臭は大丈夫?

ダイエットでめまいや吐き気が!原因は糖質制限や炭水化物抜き?

ケンタッキーはダイエット中でも太らない?【糖質やカロリー】

 

ダイエットに有効な豚肉を使った人気レシピは?

それでは具体的にダイエットに使える豚肉レシピを紹介します。

豚肉を使ったダイエットレシピは意外と多くあるので、選ぶがわからしたら飽きることは無いでしょう。

①豚肉の生姜焼き


(https://cookpad.com/recipe/537351)

基本中の基本となる豚肉料理ですが、玉ねぎを使うことでボリュームを増やしているタイプなので、より経済的な調理法と思ってください。

生姜焼きは好きという人は多いと思いますが、お米と一緒に食べないようにしましょう。

 

生姜紅茶ダイエットの効果や痩せた成功の口コミ!便秘解消も?

玉ねぎをダイエットに生かす方法と効果!痩せた口コミやレシピは?

 

②白菜と豚肉蒸し


(https://cookpad.com/recipe/2155124)

白菜を大量に使う豚肉料理です。

白菜を小さいものなら一玉使うレシピで、ショウガと一緒に摂取できるのがうれしい料理となっております。

鍋のサイズ次第では推奨の量が入らないケースもあるかもしれませんが、そのときは調整するようにしてくださいね。

 

鍋ダイエットの効果や痩せた口コミ!一週間のレシピは?

生姜ダイエットの効果や口コミ・方法は?紅茶などレシピは?

 

③ダイエット豚キムほうれん草のサラダ


(https://cookpad.com/recipe/2923842)

記事でも紹介したように、キムチなどの豚肉による胃もたれを防いでくれるものといっしょに摂取できるようになるレシピです。

かなり独特なサラダですが、普通のサラダに飽きてしまった人こそ作っていただきたいレシピとなります。

火を通すと一部の野菜は栄養素が無くなってしまうので、それを防いでいるのもプラスの点です。

 

サラダダイエットは成功する?使うドレッシングやレシピは?

野菜ダイエットの方法や効果と温野菜・スープなどレシピは?

温野菜ダイエットの方法や効果・口コミは?ドレッシングはOK?

 

豚肉のダイエットに効果的な部位と方法!人気のレシピは?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は豚肉を使ったダイエットについて記載しました。

豚肉はダイエットにも使えるわけですが、ひとり暮らしの場合はコストや作り置きが可能なのかどうかも重要になります。

忙しすぎる人は料理をする時間も無いでしょうし、なかなかレシピを試せないという人も多いでしょう。

そのような人たちこそ簡単に作れるようなサラダなどに豚肉を使ってみてはいかがでしょうか。

アレンジレシピを色々と知ることで摂取できるチャンスを確実に増やすことができます。

クックパッドなどをうまく使って覚えていきましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)