朝バナナダイエットのやり方や効果・口コミは?失敗の原因は?

朝バナナダイエットを成功させる方法や期間

朝バナナダイエットとは一時期大ブームになってバナナが飛ぶように売れたことがありました。

それ故、やり方効果、またその口コミも結構出回っています。

ブームとはなりましたが、その口コミの中には失敗談がかなりあるとも言われています。

今回は、今朝バナナダイエットに興味を持たれている方に成功して頂くためのやり方効果についてお伝えしたいと思います。


Sponsored Link


朝バナナダイエットとは?やり方は?


朝バナナダイエットとは朝にバナナを食べるだけのダイエットではありません

この部分の認識を誤っている方が非常に多く、そのため多くの失敗者が出ています。

具体的なやり方は下記になるでしょう。

1.朝食にバナナを食べて常温の水を飲む、バナナは3本まで

2.普段飲む飲み物も、常温の水に変更する

3.昼食と夕食の制限はないが夕食は遅くても20時までには食べる

4.3時のおやつは1種類ならOKでコーヒーやお茶も可能

5.遅くても24時には寝るようにする

このようになっております。

おそらく多くの方にとってきついのは3つ目と5つ目でしょうか。

社会人として働いている人の全ての方に当てはまるものではありませんが、この時間帯を死守するのが厳しい人も多いでしょう。

平日は家に帰るのが23時くらいで寝るのが26時、起きるのが7時という生活をしていた人間なので、この部分を守るのは、昔の自分では不可能ですね。

朝バナナダイエットの効果は?


朝バナナダイエットの効果はまず便通が良くなることでしょう。

一食をバナナと水に置き換えるので胃腸の負担が減り休息時間が増えることもねらい目なので、腸内環境が整いやすくバナナには食物繊維が豊富に含まれているので便秘解消効果に繋がります。

他には、バナナの消化吸収はたったの1時間と短いので脂肪燃焼効果を得やすく代謝が起こりやすいという利点もあります。

また、バナナは睡眠効果のある「セロトニン」を作るために必要な「トリプトファン」という成分も多く含むなど、睡眠のバランスも整いやすくなり、快眠できる可能性が高まりますし、腸内環境改善によって肌トラブルといったものも減るようになることが期待できます

それ以外にはバナナに含まれているペクチンの効果によってコレステロール値を抑えられるようになるので生活習慣病予防にも有効ということも効果の1つでしょうか。

効果が表れるまでの期間は?


やり方に意外とこだわりのあるダイエットである朝バナナダイエットの効果が出る期間はどうやら人によって違うようです。

最初にお伝えしたやり方を完全に実現できている人なら1ヶ月で3キロ程度痩せているといった意見が多いようですが、ある程度しか実行できていない人はそこまで効果が出ていないようです。

そのため、手始めに2ヶ月は続けてみてはいかがでしょうか。

2ヶ月間も続けることは大変でしょうが、他のものすごくきつい食事制限があったり体を酷使したりするようなダイエットと比べるとかなり楽な部類に入るので続けること自体は可能なはずです。

バナナも安いですしね。

コストパフォーマンス的にも負担は少ないダイエットですので、地道に続けていかれたらと思います。

朝バナナダイエット成功の口コミは?


朝バナナダイエットは成功者もいますが失敗者も多数いるダイエットです。

ダイエットには合う人と合わない人がいるのでその人が合わなかったと言われてしまえばそれまででしょうが…

それでは成功した人たちの口コミを調べていきましょう。


Sponsored Link


例えば「始めて3日で1キロ減った」とか「半年で8キロ痩せた」というものもありましたし、「便通が良くなった」とか「肌にハリが出てつるつるになった」というものもあり、健康面でプラスに感じている方も多数いました。

ただしこれらの口コミを見てみると、ここで記載したやり方以外の方法を取っている方が非常にたくさんいて、それらの方々の失敗談や成功談を見ても参考にならないかもしれません。

朝バナナダイエット失敗の原因は?


失敗の原因はやはりやり方通りにできなかったというのが一番当てはまると思います。

率直に申し上げて、このやり方を完全に成し遂げられる人はなかなかいません。

それでも、近づける努力はできます。

他には朝バナナダイエットは酵素の働きで痩せるダイエットでもあるので、酵素が壊れているバナナを食べても効果が薄いと言われております。

そのため、基本的に焼きバナナや冷凍バナナは使ってはいけません

それらは酵素が破壊されているので効率が一気に低下します。

また、バナナジュースといったものを冷たくして飲むと体が冷やされて効果が減少するので避けた方が良いこととなります。

朝バナナダイエットの失敗の最大の理由はバナナに飽きることです。

焼くことも冷たくすることも良くないので、なかなか工夫ができません。

他の果物にも酵素はたくさん含まれていますのでそちらで代用するのもありと言われているようです。

具体的にはキウイあたりを代用品として使うのも有効とのことです。

ちなみに私はもう数年間、ほぼ毎日朝にバナナを食べていますが飽きておりません。

豆乳や牛乳などの水分も摂ると効果的?


バナナと相性が良いと言われているのが豆乳やヨーグルト、牛乳といった乳製品です。

牛乳と卵とバナナをミキサーで混ぜたバナナシェークを朝に飲むのも有効と言われております。

他にもバナナの輪切りを、黒酢と黒砂糖に漬けるといった食べ方もあります。

バナナスムージーはひそかに人気になっているのですが、作り方を間違えると太ってしまう可能性があるため、果糖を摂り過ぎないように注意してスムージーを作りましょう。

また、このダイエットの条件の中に飲み物はできる限り常温の水という表記があるので余分な成分が含まない飲み物を摂取するようにしてください。

朝バナナダイエットで成功した芸能人は?


有名人では森公美子さんや深田恭子さんが実行した方として有名になりました。

まず、森公美子さんはTBSの番組の企画でこのダイエットを実行しており、その番組での結果は1ヶ月で7キロほどの減量に成功しております。

結局はリバウンドをしてしまったのでこのダイエット効果も無くなってしまったようです。

次に深田恭子さんはドロンジョ様の衣装を着る必要がある「ヤッターマン」の撮影のために痩せたようです。

その痩せた時のやり方がこの朝バナナダイエットでした。

体形が変わりやすいと言われている深田恭子さんはこの衣装を着た時にお尻の部分が破れるというアクシデントがあってから本格的に痩せようと努力したようですが、3ヶ月で12キロという恐ろしい成果を出しており爆発的に有名になりました。

ただし、他にもキムチダイエット・全裸ダイエット・白湯ダイエットといったものを並行して行ったとも言われているので、バナナダイエットのみの成果ではないでしょうが、それでも明確な成功例として数えることができるでしょう。

朝バナナダイエットのやり方や効果・口コミは?失敗の原因は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は、朝バナナダイエットについて色々とご紹介させていただきました。

朝バナナダイエットという名前だけで捉えてしまうと、朝にバナナを食べるだけのダイエットと感じてしまいますが、明確なルールがかなりあるので実行する場合にはそのルールを理解する必要があります。

しかし、バナナを食べすぎるとシュウ酸を過剰摂取することになるので最悪の場合、尿路結石になる可能性があるので数は3本以内に抑えてください。

正しいやり方をすれば時間はかかりますが効果は出やすいと言われておりますので、じっくりと続けましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)