ゆで卵ダイエットの効果と方法!1日何個まで?

ゆで卵のカロリーやダイエット向けレシピ【筋トレに有効?】

非常に身近にある食べ物の一つに卵というものがありますが、これをゆで卵にして食べるという人も多いでしょう。

実はこのゆで卵を使って行うダイエット方法効果的という噂があるのです。

はたして1日何個食べればいいのかなど、どのような方法で行うのでしょうか。

そこで、今回はこのゆで卵を使ったダイエットについて調べていきたいと思います。


Sponsored Link


ゆで卵のカロリーとダイエット効果は?


ゆで卵は非常に身近にある食べ物です。

このゆで卵はだいたい1個で90kcalです。

このカロリーをどのように感じるのかは人次第だと思いますが、満腹感などを考えた場合はかなり少ないと思います。

ただし、コレステロールが多めということだけは認識しておきましょう。

このゆで卵のダイエット効果は腹持ちがいいということです。

食べた後はしばらくお腹が膨れてくれるのでダイエットしやすいのです。

また、消費カロリーが高く、アミノ酸が豊富なので筋肉増量作用や代謝増加作用があります。

つまり、運動とセットで鍛えることでより効果が高まるということなのです。

ゆで卵ダイエットの方法


ゆで卵ダイエットのやり方はいくつかあるのですが、朝食で2個か3個ほど置き換えて食べる、1日1食のみ肉や魚の代わりに食べる、間食用にして食べるの3つになります。

この中でも最も有名なのが朝食を置き換えるダイエットではないでしょうか。

このダイエットは最もシンプルでやり方も簡単なので実行者も多いといわれております。

朝食ではなく夕食を置き換えるパターンも提唱されておりました。

また、肉や魚との置き換えも名前の通りでこれは脂質が高い食べ物を避けることで良質なたんぱく質を卵から補給しつつ脂肪をカットすることが狙いということになるでしょう。

どちらのダイエットもそこまで一気に栄養バランスを崩す様子はないので、健康を害する危険性は少ないと思います。

間食を切り替える人も健康面では問題ないでしょう。

ゆで卵のコレステロールは大丈夫?一日何個まで?


ゆで卵のコレステロールはかなり気になる部類に入るでしょう。

そのため、食べすぎ注意と必ず指摘される食べ物でもあるのです。

コレステロールはダイエットとのかかわりは薄いので体重面では影響が出にくいですが、健康面では気になってしまうでしょう。

動脈硬化などの厄介な症状につながってしまいます

情報を探ってみると2個くらいという意見から10個までいけるというものまであるのでいろいろと判断がしにくい状況のようです。

結論から言えば2個か3個程度で抑えたほうがいいと思います。

人間の肝臓の代謝などを考えれば10個くらいなら耐えられるのではないかと思います。

肝臓では1000~1500mgのコレステロールが合成されていると聞きますのでそこからの考えです。

ただし、肝臓の機能や代謝効率などは人によって大きく異なりますので、一概に10個食べてokとは言いにくいのです。

従いまして2個か3個くらいが無難と考えますが、ご自身のコレステロール値をチェックしながら数を調整するのが良いでしょう。

一週間でどのくらい痩せるのが目安?


目安は0.5kg程度でいいでしょう。

これが4週間と考えると2kgとなります。

1ヶ月の現体重の5%以上減らすと停滞期になってしまう可能性が高いので、ダイエットの失敗率が高まります。


Sponsored Link


停滞期は条件次第で変わってきますが、基本のラインは1ヶ月で体重の5%以上痩せると発生すると考えられていますので、1ヶ月で10kgも痩せるようなダイエットは必ずどこかで止まってしまうのです。

1ヶ月5%以内のラインを意識して痩せましょう。

もし、停滞期に突入してしまった場合はすぐにあきらめてしまうのは危険です。

こちらがダイエットをやめたとしても体はそれを理解してはくれないので、しばらくは省エネモードが続いてしまいます。

省エネモード中に通常の食事に戻してしまうと、摂取カロリーオーバーになってしまい簡単に太ってしまうのです。

ゆで卵は筋トレに有効?


良質なたんぱく質が摂取できるゆで卵は筋トレに適しております

ゆで卵は簡単でお手頃な食材となっておりますのでダイエット目的ではなく筋トレ目的の方もぜひとも利用していただきたいです。

タンパク質の中でもゆで卵の場合は必須アミノ酸をすべて含んでいる素晴らしいバランスのタンパク質なので、筋肉になる効率も非常に高く筋トレのお供といわれているのです。

また、筋肉の合成に使われる栄養素であるビタミンやミネラルも含んでおりますし、筋トレによる筋肉の炎症を落とす作用があるオメガ3脂肪酸の効果も期待できるのです。

このように、筋トレにプラスになる作用が多いのでダイエットをするついでに体を鍛え直したいという方にはお勧めとなります。

ただし、体に必要な栄養素のすべてが詰まっているわけではありませんので、体をしっかりと鍛えたら栄養補給のためにも卵に含まれていない栄養も摂取するようにしてください。

ゆで卵のゆで方は?


冷蔵庫から出して室温に戻し、鍋に約2リットルの水と小さじ1杯分の塩を入れて火をかけます。

塩を入れる理由は空にひびが入ったとお気に卵白が流れないようにするためです。

沸騰した後は一つずつお玉やスプーンを使って卵を投入します。

再度沸騰したら火加減を弱めて堅ゆでなら12分ほど茹でて、半熟ならその半分程度茹でましょう。

お好みの茹で加減は人によると思いますので、そこは探りながら行ってください。

ゆであがったら一つずつすくって冷水に入れましょう。

ここで冷水を使わないと殻に白身がくっついて大変なことになります。

ゆで卵を使ったダイエットレシピ


(https://cookpad.com/recipe/4019786)

ゆで卵ダイエットはそこそこ効率が良いダイエットといえますし、栄養面でもコレステロールを制御することができればお勧めできるダイエットです。

しかし、唯一といってもいい大きな欠点があります。

それはゆで卵をひたすらそのまま食べ続けるのは飽きるということです。

人にもよりますが、1週間もすればその味や食感になんとなく違和感を覚えるようになって1ヶ月くらいで、拒否感が出る人もいると思います。

筆者もひたすら食べ続けるダイエットで、1ヶ月で嫌いになりました。

そうならないようにするためにも、レシピを覚えましょう

いわゆる、「ゆで卵に飽きたor飽きるのを防止」に使うということです。

例えば、画像に貼ってあるような「茹で卵和え」なんかはどうでしょうか。

マスタードなどが使われてはいますが、ピーマンやキャベツなども含んでいますので、いつもと違う食感で食べることができます。

ほかにも、「ダイエット☆栄養満天ゆで卵☆55㌍(https://cookpad.com/recipe/3527720)」はいいレシピだと思います。

これは鮭とブロッコリーを使っているシンプルなものですが、カロリー制限をしている人ならとっても作りやすいでしょう。

ゆで卵ダイエットの効果と方法!1日何個まで?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はゆで卵を使ったダイエットについて紹介しました。

ゆで卵を使ったダイエットは個人的にそこそこ効果があると思いますが、その本領を発揮しやすい状況はやっぱり筋トレなどの運動が追加された時だと思います。

そのため、運動を主体のダイエットをしたいという方はこのダイエットを取り入れるべきだと思うのです。

筋トレのための道具、ダンベルや腹筋マシーンなどが家にある方はぜひとも挑戦しましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)