低インシュリンダイエットの方法や効果【低GI値の食品】

ダイエットや糖尿病にも効果的?低インシュリン食品とは?

最近口コミでも話題になっているのが低インシュリンダイエットで、食品摂取方法に気を付けていれば糖尿病といったものにも効果的であるという話もあります。

そこで、今回は低インシュリンダイエットについて紹介したいと思います。


Sponsored Link


インシュリンとは?


インシュリンとは膵臓のランゲルハンス島というところから分泌されるホルモンで、タンパク質の合成や中性脂肪の形成並びに貯蔵、そして血中の糖分をエネルギーとして消費する作用があります。

このインシュリンですが人が太るメカニズムに大きく関係していて、いかに制御するかがカギであるとよく言われるようになったのです。

というのも、食事で糖質を摂取することでブドウ糖が血中に放り出されて、それが原因で血糖値が上昇しないようにするためにインシュリンが働くのですが、血中にブドウ糖が多くなりすぎると、吸収されたエネルギーが使いきれずに余ってしまい、その結果肥満になってしまったり糖尿病になってしまうと言われています。

つまり、インシュリンがあまり働かなくても良い状況を作るということが痩せるための近道であると考えているのが今回のダイエットとなります。

 

糖質制限ダイエットやり方は?効果やデメリット・成功法は?

炭水化物抜きダイエットの効果と方法は?デメリットは体臭?

 

低インシュリンダイエットのポイントはGI値?


低インシュリンダイエットのポイントはGI値になります。

これはグリセミック・インデックスと呼ばれるもので、食べ物を摂取した時に血糖値が上がる速度を表した数値となっております。

この数字が高いほど血糖値の上昇が激しくなるのでインシュリンの分泌が多くなり、少なければ血糖値の上昇がゆっくりとなってインシュリンの分泌も少なくなります

ここで注意しなければいけないことはカロリーとGI値は比例していないということです。

つまり低カロリーでもGI値が高いものもありますし、高カロリーでもGI値が低いものもあります。

そのため、世間からは高カロリーとして嫌われているものもこの低インシュリンダイエットではすすめられることがあるでしょう。

その食べ物は高カロリーでも低GI値ということだと理解してください。

 

果物は意外とGI値は低くダイエットに活用できます。

果物ダイエットの効果は?おすすめは朝食か夜か食前か?

 

低インシュリンダイエットの方法は


低インシュリンダイエットのやり方はカロリー制限をするのではなく、GI値制限をすると思ってください。

できる限り低いGI値のものに食品を切り替えていくことになります。

その代表的なものがお米でしょう。

お米は白米だとGI値も大きいですが玄米だとGI値が低くなるので、できるだけこのGI値が低いものを取り入れていくことになるのです。

しかし、GI値が低いものであったとしても食べ過ぎてしまったらその分蓄積されていってしまうので、食べ過ぎだけはしないようにしてください。

パン類を食べるならライ麦パンを食べたり、うどんを食べるならそばを食べたり、パスタを食べるなら全粒粉パスタにするなど、低GI値のものに変換できるものは次々と変換していきましょう。

具体的にはGI値が60以下の食品を中心に食事を摂るようにされるといいです。

 

玄米ダイエットの効果や口コミ・方法は?炊き方やレシピは?

発芽玄米ダイエットの方法や効果は?痩せた成功の口コミは?

そばダイエットは痩せない?痩せた口コミや夜のレシピ

 

低インシュリンダイエットの効果は?


シンプルに行ってしまえば痩せやすくなるということです。

しかも、無理せずに痩せられる可能性が非常に高いというのがポイントとなります。

実際に実験として、「一日1200キロカロリーの低カロリー食と、1800キロカロリーの低インシュリンダイエット食」を食べ続けたらどうなるのかというものを行った記録があります。


Sponsored Link


その結果、低インシュリンダイエットを続けていた人のほうがはるかに効果が出たというものになっているので、健康的に痩せられると言っていいでしょう。

また、このダイエットを続けていると新たに脂肪が付くことは非常に少なくなるので、太るということは考えなくても良いと言えます。

さらに言えば、色々と食品は切り替えているものの栄養不足になることはほとんどないので、健康的に痩せられるというのも利点と言えるでしょうね。

 

ダイエットで栄養失調に?バランスの良い食事とは?サプリは?

健康的に痩せる方法は?食事や運動メニュー・サプリはOK?

 

低インシュリンダイエットは糖尿病にも有効?


糖尿病の方にきつく言われることは、血糖値のコントロールを徹底的に行うということです。

糖尿病の方はインシュリンが正常に働かなくなってしまうか、分泌過剰な状態が続きすぎて効果が出にくくなってしまうかのどちらかの作用が生じているので、血糖値が上がらない環境をつくるのが必須となるのです。

ちなみに、もともとこのダイエット理論はアメリカで開発された糖尿病に対する食事療法の一種なので、糖尿病においても有効なものであると間違いなく言えるでしょう。

インスリンの分泌を低くおさえる食品を食べるということは現代人にとって健康を維持するほかにも、脂肪合成が阻止されることから脂肪燃焼が進みやすくなるので、積極的に取り入れるようにされると良いでしょう。

 

脂肪燃焼スープのカロリーや効果は?作り方や保存法は?

 

低インシュリンの食品は?野菜や牛乳?


GI値が60以下の食品を中心に食事を摂るようにするのが大切ことですが、60以下の食品で主食となるものはそこまで多くは無いので、ある程度量も制限することを意識しつつ、70を超えているものは食べないようにしたほうがいいでしょう。

100付近のものは論外です。

高GIの食品を記載すると、炭水化物では食パンとフランスパンが95、精白米が88、うどんともちが85、ロールパン83、そうめん80となっております。

逆に低いものはライ麦パンがと玄米が55、そばが54、全粒粉パスタと全粒粉パンと麦が50、玄米がゆが47といったところです。

野菜では芋類・ジャム類・人参・とうもろこし・カボチャパイナップルといったものが高めで、キャベツ・大根・ブロッコリー・こんにゃく・小松菜・もやし・ほうれんそうといったものが低めとなっております。

炭水化物と比べると相対的に低めではありますが、野菜でも高めのものがあるので注意しましょう。

肉類や魚介類は基本的に60以下のものばかりなので気にしなくてよいでしょう。

ただし、豆類はこしあんやつぶあんといったものはかなり高いので避けましょう。

乳製品の場合は加糖練乳やアイスクリームといった甘いもの以外は問題なしです。

海藻類も気にしないでいいでしょう。

問題なのがお菓子類ですね。

ほとんど全てが不可だと思ってください。

プリンやゼリーぐらいならまだ大丈夫といったところです。

 

キャベツダイエットの効果とやり方は?成功・失敗の体験談は?

こんにゃくダイエットの効果とやり方は?腸閉塞に注意?

もやしダイエットは1ヶ月で何キロ痩せる?成功の方法やレシピ!

 

ダイエットにおすすめのレシピは?


低インシュリンダイエットで食べられる食品は紹介したように非常にたくさんあるので悩むことは少ないでしょう。

ただ、基本と言えることは主食となる食品を選び間違えないようにするということです。

パン類を食べたいならライ麦パンにして、お米を食べたいなら玄米を食べるようにしてください。

また、砂糖と芋類といったものが含まれる料理もGI値がかなり高くなるのでおすすめできません。

主食のGI値を気にして、砂糖と芋類を避け、お菓子といったものを避ければ自然と低GI値主体の食事に近づけることができます。

 

低GI値のパンにふすまパンというものがあります。

ふすまパンダイエットの効果や方法は?ローソンで買える?

 

低インシュリンダイエットの方法や効果【低GI値の食品】まとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は低インシュリンダイエットについて紹介させていただきました。

ダイエットには色々とやり方がありますが、このダイエットは食事制限系のダイエットでは一番安全なダイエットと言われており非常に人気が出ている方法となります。

しかし、実行するためには知識がかなり必要なのでどの食品がどの程度のGI値になっているのか把握することから始めてください。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)