野菜ジュースダイエットの方法【市販のカゴメでOK?】と口コミ

野菜ジュースのおすすめレシピと食事前などやり方と効果

健康飲料として長く人気の商品となっているのが野菜ジュースダイエット方法の一つとして、取り入れている人も多いです。

市販されているものも多く口コミでも効果的とつぶやかれることもあります。

このような野菜ジュースダイエットにおいては食事前に飲むなどのやり方が気になるところでしょう。

そこで、今回は野菜ジュースを使ってのダイエット方法を紹介したいと思います。


Sponsored Link


野菜ジュースダイエットとは?方法は食事前に飲む?


野菜ジュースダイエットとは野菜ジュースを飲むだけという非常にシンプルなダイエット方法で、難易度でいえばかなり簡単なタイプにはいるでしょう。

野菜ジュースはビタミンやミネラルをたくさん補給できるので、必要な栄養素がしっかり摂取できると多くの方々に勧められております。

やり方は朝食の前に野菜ジュースを飲むことと、朝食の代わりに野菜ジュースを飲むという二つがあります。

普段朝食を食べることができないという方は後者になって、朝食を食べることができるという人は前者になるでしょう。

野菜ジュースは市販されているカゴメでOK?


市販されているものでもOKという声もありますが、野菜ジュースは飲みやすさを重視するものが多く、りんごやみかんなどが入っているためカロリーが高めになっており、やめた方がいいという声も多いです。

しかも、野菜の栄養素は加熱することで失われてしまうので、加熱した後にジュースとしたものでは栄養価的に自家製のものよりも劣るという意見も多いです。

食品衛生法によって野菜の加熱が義務付けられているので、野菜ジュースも例外ではなく栄養素が半減しているといわれております。

結論から言えば、可能ならミキサーやジューサーを使って野菜ジュースを作って飲むようにしましょう。

野菜ジュースダイエットの効果


野菜ジュースダイエットの効果は酵素・ビタミン・ミネラルという栄養素が補給できるようになることで、腸内環境の改善作用が働いたり、余分な水分が排出されることでむくみが解消されるという効果が期待できます。

ビタミンが多く取り入れられるので、美肌になる人もいるでしょう。

野菜ジュースダイエットはダイエットとともに出てきがちな肌トラブルが出にくいというのはよい効果でしょう。

また大きな利点は野菜を選ぶことで味を変えることができるという点です。

味や風味を変えることができるので、飽きるという確率が低く続けられる可能性が高いという大きなメリットがあります。

夜の置き換えが最も効果的?


置き換えダイエットとしても使うことができるので、夜の置き換えに使うのも良いでしょう。

夕飯を摂取した後にエネルギー消費はほとんどないので、置き換えた後の空腹も怖くありません。

基本的なやり方は朝食を置き換えるか朝食とセットで使うことですが、夜の置き換えも良いと思います。

ただし、朝食と昼食で高カロリーの食事を摂取している人は夜置き換えたとしても効果が出ないことの方が多いので、1日の食事のバランスを考えてください。

野菜ジュースダイエットで痩せた口コミ【1ヶ月で何kg?】


野菜ジュースダイエットの口コミはネット上ではそこまで多く拾えませんでした。

なぜなら、野菜ジュースを用いてのダイエットでは、他の方法も取り入れていたり、断食に用いたりしているので、野菜ジュースのみを使ってダイエットをしているという人の意見が少ないのです。

数少ない意見の中には「1ヶ月で4kg痩せた」というものもあったので、効果的に痩せることもできるのでしょう。


Sponsored Link


断食するために用いている人はもっと痩せている人もいましたが、デメリットが大きいので断食はおすすめできないと個人的には思います。

野菜ジュースだけで一週間過せば確実に痩せる?でも危険?


これはいわゆる断食ダイエットに近いやり方で、食べ物として野菜ジュースのみを用意して、ほかのものを一切とらないというやり方でしょう。

ただし、断食にはちゃんとしたやり方があり、そのやり方を守れない人は率直に申し上げて推奨されていないので行わないようにされた方がいいでしょう。

1週間野菜ジュースのみの生活をすれば間違いなく痩せます

しかし、確実にタンパク質などの栄養素が足りなくなるので、脂肪が減少して痩せるというよりは筋肉が低下して痩せている可能性が高いです。

痩せられるでしょうがおすすめできません

ちなみに、断食の方法は前日前々日から準備をして食事の量を減らすようにして、食いだめを避けるようにし、前日にはしっかりと水分をとります。

その後空腹を感じたら野菜ジュースを飲むという生活を続けるのですが、摂取量は500ml程度に抑えた方がいいでしょう。

果物のカロリーで太る可能性があります。

この断食はファスティングとも呼ばれており、短期間なら健康法としても取り入れられておりますが、1週間は長すぎると思います。

野菜ジュースダイエットのおすすめレシピ3選

それでは野菜ジュースダイエットにおけるおすすめレシピを紹介します。

野菜ジュースを作る上でのポイントは果物なら皮をしっかりとむいて、皮ごと使うものならしっかりと洗うこと、一口大の大きさに切ること、ミキサーにははじめに固いものを入れるようにすること、材料が混ざったのなら1分ぐらいはかき混ぜることです。

覚えておかれると良いでしょう。

①ゴーヤ&キウイジュース


(https://cookpad.com/recipe/1529677)

ゴーヤとキウイを使ったジュースですが、非常にさわやかに仕上がっているので、飲み応えがよく夏場に愛用している人も多いでしょう。

朝の生野菜ジュースを摂取したいという方にはおすすめとなっております。

キウイはビタミンCやビタミンEが豊富になっておりますので、それを加熱することなくフレッシュジュースにできれば毎日たくさんのビタミン補給ができます

②キャベツとキウイのフレッシュジュース


(https://cookpad.com/recipe/1829667)

キャベツとキウイを使ったジュースになります。

こちらもキウイが補給できるのですがキャベツと併用になっているので、先ほど紹介したものと比べると味や食感が異なります。

③夏旨☆しそジュース★赤紫蘇ジュース


(https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1330001839/)

赤紫蘇の葉を使った特殊な野菜ジュースで普段の野菜ジュースに飽きてしまったという人には特におすすめとなります。

見た目も独特で不思議な香りもしますので、人によってははまってしまうこともあるでしょう。

実際に作った人の評価としても簡単だったという意見が多かったので、気になる人はチャレンジしてみるといいでしょう。

野菜ジュースでの3日間断食ダイエットとは?


先ほど少しだけ触れましたが、野菜ジュースを使って断食する方法もあります。

3日間や2日、人によっては1日だけ実行するプチ断食なのですが、内臓が休まる期間となりますのでデトックス効果があります。

人間の内臓は毎日の食事で常に絶え間なく動いてしまっているので、野菜ジュースなどの消化しやすいものを摂取するだけの期間を設けると、動き続ける間にたまってしまった老廃物が排出されるのです。

野菜ジュースを使えばビタミンやミネラル、そして便秘解消効果が高い食物繊維を摂取できるので、ダイエット効果が出やすくなるという面もあるのでしょう。

野菜ジュースダイエットの方法【市販のカゴメでOK?】と口コミのまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回は野菜ジュースダイエットについて紹介しました。

野菜ジュースは健康飲料ではあるのですが、日本の食品衛生法によって加熱した後のものを使っているのでどうしても栄養価が破壊されているようです。

そのため、しっかり野菜の効果を得たいという方はミキサーやジューサーを購入して自宅で作成された方が良いでしょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)