ローストビーフはダイエット中でも食べてOKか!カロリーや糖質は?

糖質制限ダイエット中や筋トレにおけるローストビーフの有効性

ダイエット中の人はいろいろと食べ物が制限されます。

ローストビーフを食べても大丈夫なのでしょうか?

ローストビーフカロリーはすぐにわかりますが、糖質や栄養素はどうなっているのでしょうか。

そこで、今回はダイエットにおいてローストビーフを食べても良いのかや有効性について検証します。


Sponsored Link


ローストビーフとは?


ローストビーフはイギリス料理の一つで牛肉の塊を蒸し焼きにしたものです。

基本はオーブンを使って作ります。

焼きあがった後に薄くスライスしてサンドイッチの具やハッシュドビーフに用いることもあれば、グレイビーをかけて食べることもあります。

生ハムなどのハム類と区別がついていない人も多いですが、生ハムは基本的に豚肉です。

ごく少数の高級品では牛肉のハムもありますが、一般的に出回っているものはあくまで豚肉なのでその部分で違いがあると理解してください。

また、ハムやローストビーフは塊の肉を使いスパイスや塩などを刷り込むところまで同じです。

しかし、調理前の扱い方は異なりります。

ローストビーフは中心まで火を通すために事前に常温に戻しておきますが、ハムは菌の繁殖を防ぐため極力冷えた状態にする必要があるので扱い方も異なります。

ローストビーフ1枚のカロリーは?


1枚だと大きさや切り方によってあいまいになるのでここでは、100gで考えていきたいと思います。

基本的にローストビーフ100gのカロリーは196kcal程度です。

基本的に脂身の少ない赤みの部分が使われるので低カロリーなのです。

豚肉や牛肉でもそうなのですが、ばら肉はかなり高カロリーなのに、もも肉は低カロリーとなるので、同じようなものだと思ってください。

また、調理法もオーブンやフライパンなどで蒸し焼きにするといったやり方なので、カロリーが抑えやすいのです。

同じ牛肉料理と比較してもかなりカロリーカットができていると思ってください。

牛カツなどは350kcal程度はいくのでわかりやすいでしょう。

それでも食品全体から見れば低いとは言えないので、ソースや付け合わせはどうするのかは厳選する必要があると考えてくださいね。

ローストビーフの栄養価と体への効果は?


栄養価はいろいろとありますが、特に豊富で効果が期待できるのはカルニチン・鉄分・タンパク質の3つではないでしょうか。

カルニチンは知らないという人もいるかもしれませんが、ダイエットにおいては有用な成分で、これは体内に蓄積された脂肪を除外して脂肪を燃焼させる効果があります。

疲労回復効果もあるので、ダイエットに合わせて体を動かしている人にはうってつけの成分といえるのです。

鉄分が不足すると酸素が運べなくなるので体が酸欠状態になりがちです。

酸素が内臓や細胞に届かなくなると明らかに動きが鈍ってくるので、鉄分不足は避ける必要があります。

タンパク質はみんなが知っている栄養素となっていますが、ダイエット中の方は不足する傾向が強いので補給できるのはいいことでしょう。

タンパク質が不足すると筋肉が低下していきダイエットには悪影響となります。

ダイエットで糖質を抑えている場合にローストビーフはおすすめ?


ダイエットをする上で大切なのはカロリーだけではありません、糖質もしっかりとチェックしましょう(むしろ糖質のほうを気にしたほうがいいという声が高まっています)。

ローストビーフの糖質はなんと100gあたりで約1gです。

非常に低糖質といっていいでしょう。

もともと、ローストビーフは牛肉の塊を蒸し焼きにしてスライスしたものなので、牛肉に含まれる糖質程度しかないのです。

ただし、ソースの糖質は別なのでソースをたっぷりかけて食べる人は低糖質ダイエットには向いていません


Sponsored Link


また、付け合わせにも要注意です。

トマトやニンジンなどの野菜類やキノコ類を付け合わせにすることが多いのですが、実は野菜でもジャガイモやコーンは糖質が高めなので要注意です。

野菜ならすべてが低糖質というわけではないので、そこら辺の見極めができる人なら低糖質ダイエットにこのローストビーフは向いているといえるでしょう。

筋トレとローストビーフは相性がいい?


ローストビーフは高タンパク質の食品なので、筋トレなどのトレーニングに向いている食品といえます。

基本的に、ダイエットをしている方々はタンパク質が不足することで筋肉が消費されて痩せていくのですが、きちんと補給できれば脂肪から痩せていくようになります。

また、筋肉が成長するためにはタンパク質が必須です。

なぜなら筋肉の材料となるからです。

ただし、このタンパク質はつめや皮膚や髪の毛といった体中のあちこちの部位で必要とされる栄養素なので、それなりの量を毎日補給する必要があります

タンパク質は新陳代謝で古くなると生まれ変わるので、筋トレの成果を出すにはかなりの量が必要となるのです。

そのことからも、糖質が低いこのローストビーフは筋トレなどの運動に効果が高い食べ物といえるでしょう。

自宅の炊飯器でのローストビーフの作り方


フライパンやオーブンを使って作成するのがローストビーフなのですが、実はそれ以外の方法もあります。

もちろん、牛肉全体に塩・こしょうを振って下準備をする必要はありますが、それらがしっかり整っていればあっさり作ることができます。

手順は以下の通りでしょう。

牛肉全体に塩コショウを振って保存⇒使うときに表面に出た水分をキッチンペーパーなどで拭く⇒フライパンにサラダ油をひいて表面を焼き色が付くまで強火で焼く、肉汁はソースになるので捨てないこと⇒ジップロックに牛肉を入れてストローなどで空気を抜き密封状態にする⇒炊飯器の釜に沸騰したお湯1Lと冷水200CCと牛肉が入っているジップロックを入れる(お湯は70℃が理想)⇒30分保温する、以上です。

あとは先ほどの肉汁や赤ワイン、お酢や塩を使ってソースを作ってください。

ダイエット中におすすめのローストビーフを使ったレシピ

それでは具体的にダイエットに使えるローストビーフを使ったレシピを紹介します。

①赤身肉でローストビーフ


(https://cookpad.com/recipe/3733151)

いくつか種類はありますが、具体的にダイエットに使うのならこのような形のレシピはこれの応用型がいいでしょう。

基本となるローストビーフの作り方となりますが、時間短縮で簡単に作れるので覚えておいて損はないです。

②ローストビーフとグリル野菜のサラダ


(https://www.bob-an.com/recipes/detail/41168)

これはローストビーフを利用したシンプルなサラダです。

あっさりと食べたいという方はこれが一番いいでしょう。

③和風ローストビーフ


(https://www.lettuceclub.net/recipe/dish/1496/)

作り方は簡単ですが、低カロリーなのでダイエット向けと判断し紹介します。

計算上はカロリーが149kcalで、塩分も控えめかつ30分以内に作れるため覚えておくといいでしょう。

ローストビーフはダイエット中でも食べてOKか!カロリーや糖質は?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はローストビーフについていろいろと検証を重ねてまいりました。

成分などを調べてみるとローストビーフは使い勝手の良い食べ物であるということがわかってきました。

しかし、一人暮らしの方は手の込んだ料理を作るのも大変だと思いますので、炊飯器などを使った簡単レシピを覚えておくといいでしょう。

 


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)