ダイエット中の飲み会対策【食べ物・飲み物・翌日・断るなど】

飲み会前から翌日までのダイエット中の対策は?

ダイエットをしている人にとって大きな障害となるのが外食です。

その中でも辛いのが飲み会となります。

そのため、対策として食べ物飲み物は何を選べばよいのか、翌日は何をしたらよいのか、断るとしたらどのような理由が良いのかを気にしている人も多いでしょう。

そこで、今回はダイエット中の飲み会対策について記載していきます。


Sponsored Link


ダイエット中の飲み会で選ぶと良い食べ物は?


基本的に飲み会で出てくる食べ物は太る要素が満載なものばかりです。

フライドポテトやお酒を何も気にしないで食べて飲むと、炭水化物と油と塩分を摂取することになるので、見る見るうちに体重増加に繋がります。

そして、飲み会は遅くまで長く食事をするケースがほとんどですので、帰った後はすぐに寝る状況になることも多々あります。

ぎりぎりまで飲んで食べて寝てしまうと、胃に固形物が残ったまま寝ることになるので、高血糖状態がずっと維持され、脂肪細胞が活発に活動し太ります。

極論は何も食べないことが理想なのですが、実際はそんなことは不可能なので、野菜を主にたくさん食べるようにして、焼き鳥・刺身・焼き魚などの脂が少ないものを中心に食べるようにしましょう。

そして、締めに出てくるうどんやおにぎりは食べないようにしましょう。

ケーキなどがデザートで出来ることもあるでしょうが、可能なら残しておきたいところです。

フルーツならまだましなのですが…

ダイエット中の飲み会で選ぶと良い飲み物は?


太らないお酒はありませんので極論はお酒を飲まないことですが、それも不可能なことも多いのであきらめたほうがいいでしょう。

基本的に蒸留酒は高カロリーなのでウイスキーや焼酎をたくさん飲めば高いカロリーを摂取することになってしまいますし、かといって醸造酒を選ぶと糖質が多いことからたくさんの糖を摂取することになってしまいます。

そのため、お酒を飲むということはカロリーを多く摂取するのか、糖質を多く摂取するのかの選択になるのです。

「ダイエット中にお酒を飲む=太る」と考えるのが結論としては正しいので、あきらめた方がいいでしょう。

少しでもお酒の影響を減らしたいのなら、できる限り飲まないようにして、しっかりと下準備とその後の対応で乗り切るしかありません。

ダイエット中の飲み会前の対策は?


飲み会はその1回だけでだいたい2000kcalほど摂取してしまうことがあります。

食事だけでも1000kcalを超えてしまうのですが、そこにたくさんのお酒が入ることで一気に膨れ上がるのです。

そのため、前日からの対策として炭水化物摂取量を極力減らすようにしましょう

可能なら0にすることがベストですが、厳しいのなら普段の半分以下にしましょう。

飲み会のある当日の朝は夜までのエネルギーを貯めるつもりでシリアルやオートミールなどの食べ物から炭水化物を補給しましょう。

朝に炭水化物を摂取したのなら、お昼は炭水化物を抜きにされた方がいいでしょう。

お腹がすいて間食をしたくてしょうがない状態になってしまった人は、グリーンスムージーなどでお腹をごまかしましょう。

このように、前日や当日の食事から糖質やカロリーを削るのが効果的な対策となるのです。

あとは事前に乳製品を摂取してアルコールの吸収を緩やかにしましょう。

ダイエット中の飲み会で食べ過ぎた翌日の対策は?


飲み会はたくさんのカロリーと糖質と塩分を摂取する場所です。


Sponsored Link


そのため、ダイエットをしている人はそれらの影響を減らすために次の日は絶食する人もいますが、それは推奨されていません

まず、翌日は代謝をアップさせる食べ物を摂取するようにしてください。

ビタミンB1・B2・B6がオススメです。

具体的にはレバー・豚肉・たらこ・牛乳・イワシ・にんにく等が該当しますのでそれらを敢えて食べられるといいでしょう。

お酒を飲み過ぎた場合は肝機能を強化するタウリンの摂取がおすすめです。

タウリンはマグロ・サバ・さんま・鮭などの魚類に含まれております。

また、食べ過ぎた次の日は糖質やカロリー摂取量は1/3程度に抑えましょう

ただし、食事を抜くのは良くありません。

他には水分や脂肪を体外へ排除するために食物繊維が豊富な野菜を摂取したり、塩分を除去してくれるカリウムをパセリや大豆等の食品から摂取しましょう。

ダイエット中で飲み会をうまく断る方法は?


今までの説明を見ていただければわかると思いますが、ダイエット中の飲み会は率直に申し上げて大きな障害となります。

今までの努力が一夜にしてすべてかき消されてしまう可能性があるので、非常に危険なのです。

体調不良で断ることも可能ですが、仕事の都合上それが不可能なことも多いので難しいですし、幹事に迷惑をかけるのでそれは避けたいところです。

なので、最初の1時間だけ参加するといった一部参加を実行するのがいいのではないかと思います。

不参加の申請をすると不快感を抱かれる方もいますので、多少は参加する意向を示された方が良いのではないかと思います。

勿論、断れる雰囲気でしたら、断った方が良いでしょう。

断る理由としては、日程を確認した後に「その日の夜に実家に帰るので車を運転するから無理」とか「連れ合いの親が来るので顔出しが必要になるから無理」など、しょうがないねーと思っていただけるようなものを用意して避けましょう。

ただし、飲み会が終わって次に再会する日に「参加できなくてすいませんでした」などの謝りの言葉を言うと良いでしょう。

個人的にもお酒が嫌いで飲み会も嫌いだったので、月1回以上飲み会がある会社にいた時は非常にしんどい思いをしました。

飲み会は「お金を払って強制的に参加させられる一円も得にならない残業」という認識でしたので可能ならすべて断りたかったのですが、人付き合いとして我慢して参加し続けました。

あなたは行きたくないようでしたら、それなりの理由をつけて断れる状況を作れるといいですね。

飲み会続きでも太らずにいられる?


飲み会続きになっても太らないでいられる方法はありますが、かなり厳しいです。

まずは飲み会前日・当日・次の日の摂取カロリーと糖質を制限しましょう。

そうすれば太る確率は減ります。

そして、飲み会で出てくるお酒もできる限り控えて水でしのぎましょう

脂が多い食品もシメも避けてください

これらの条件を満たせない場合は太らないでいるのが非常に難しいく、おそらく現実的にできないと思われます。

ただカロリー制限や糖質制限を行った場合、栄養不足になる懸念があります。

カロリーや糖質は飲み会で補えますが、高確率でビタミンやミネラル不足になりますので、太らない状態にはなりますが健康に影響を及ぼす可能性もあります。

そのため、断ることをまずは考えるようにしましょう。

飲み会はダイエットの天敵で回数が多ければ多いほど太る確率が上がるということを覚えておいてください。

ダイエット中の飲み会対策【食べ物・飲み物・翌日・断るなど】のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はダイエット中の飲み会対策について考察していきました。

基本的に飲み会は太ります。

なかなか太るのを回避するのは困難です。

ただし、この被害をできる限り抑えることは前日からしっかりと対策をすることで可能なので、何とかして凌ぎましょう。

ただし、糖質制限ダイエットとかカロリー制限ダイエットを実行している人の場合、これ以上削れないと思われます。

むしろそれらのダイエットをしている人たちがさらに糖質やカロリーを削ると倒れてしまう可能性もあるので、健康を優先しましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)