ココアダイエットって効果があるの?タイミングなど方法は?

ココアのレシピや効能・ダイエット方法や効果について

ココアダイエット効果があって非常に簡単に行うことができるという噂も流れていますが、タイミング方法そしてレシピを間違えると失敗するという噂も流れております。

そこで、今回はココアダイエットタイミング方法について解説し、本当にココアダイエット効果が期待できるのかを検証していきます。


Sponsored Link


ココアダイエットの効果は?

cocoadiet-cocoa
ココアダイエットの効果はシンプルでココアの良いところを最大限に引き出すところにあるでしょう。

そのため、ココアの効果であるリラックス効果・美肌効果・便秘解消効果・体臭改善効果・冷え性改善効果・免疫力向上効果・血管機能拡張効果・疲労回復効果といったものが出やすくなってきます。

さらに特筆すべきなのがココアには食欲を抑える効果があるので、結果的に食事制限ダイエットをする味方となってくれます。

また、ダイエットにおいてとっても厄介になるのが便秘なので、その便秘も改善されやすくなるのも効果的にダイエットをしやすくなるポイントと言えるでしょう。

飲むタイミングなどココアダイエットの方法は?

cocoa-timing
ココアダイエットのやり方はいわゆる食事制限ダイエットや置き換えダイエットとは違い、ココア以外に摂取するのがNGというものではありません

あくまでココアを摂取するようにするのがポイントなのです。

そのため、やり方は朝食前と夕食前に摂るようにして、空腹感を抑えてダイエットに繋がるようにすればよいでしょう。

また、間食が癖になってしまっている方は間食代わりにココアを飲むのも有効と言えます。

ただし、注意しなければならない点がいくつかあります。

まず、ひたすら甘いココアを求めるのは避けねばなりません

いわゆる大量に砂糖を入れるようにしたり、水分を加える時に牛乳を加えるようにするのはココアのカロリーが大きくなりすぎるので止めましょう。

美味しくココアを堪能したいという方なら問題ないですが、目的がダイエットならばココアのカロリーも絞るようにしましょう。

「甘いココア以外はココアではない!」という人も中に入るでしょうが、そのような方はオリゴ糖シロップを使うようにしましょう。

オリゴ糖なら砂糖のように吸収されないので、カロリーも抑えることができます。

また、消化されずに腸まで達し、ビフィズス菌のエサとなってくれるので便秘解消がさらに促進されるでしょう。

ただし、オリゴ糖にもいろいろと種類があり添加物が大量に含まれているものもあるので、オリゴ糖もダイエットにつなげたいなら厳選する必要があります。

また、市販にあるミルクココアは実はたくさん砂糖がふくまれているので、市販品で試したいと思っている方の場合は摂取量を抑えるようにしてください。

例えダイエットに効果があるといってもその辺りは気を付けないと失敗の素なので注意してくださいね。

このダイエットは簡単に始められるのでいろんな方が挑戦していますが、ものすごく失敗者も多いので飲む量とカロリーには気を配りましょう

だいたい1日2回程度にするのがベストかもしれません。

ココアのカロリーや効能は?

cocoa-kounou
市販にあるミルクココアは実はたくさん砂糖がふくまれているので、市販品で試したいと思っている方の場合は摂取量を抑えてカロリーをコントロールする必要があります。

また、ココアはティースプーン一杯で16kcalほどあるので、コクや風味が欲しくて大量に入れてしまうとこれもカロリーが高くなってしまう原因となりますので、気を付けてくださいね。

そのことを踏まえると、1日2回程度に飲む回数に制限をかけたほうがいいという話に繋がるのです。

しかし、砂糖やミルクさえ入っていなければココアのカロリーも相当低めに抑えることができるので、ダイエットを気にする方は何を入れるのかも吟味してください。

例えば牛乳はコップ1杯あたりでだいたい130kcalもするので、牛乳で割ると一気に150kcalにもなってしまいます。

それに砂糖が加わると200kcalぐらいになってしまうでしょう。

200kcalを運動で消費するのははっきり言って大変です。


Sponsored Link


これをもし1日3杯ほど飲んでいた場合、それだけで600kcalになってしまいます。

体重が軽い女性の摂取カロリーは20代で1800kcal程度となっているので、一食分に該当するということですね。

これはちょっと笑えないでしょう。

たしかに、ココアにはポリフェノールや食物繊維が豊富に入っているので便秘解消や活性酸素除去作用が期待されますが、飲み方を間違えるとただ単に太る原因になるので気を付けましょう。

いわゆる「ココアは太る!」と言われてる原因は、このようにいろんなカロリーがあるものと加えることができることなのでしょう。

ココア単体ならばそこまでカロリーはないのでダイエット効果が期待できることになるのです。

ココアのおすすめレシピ

cocoa-recipe
それでは、いくつかのココアのレシピを紹介します。

ココアダイエットにおいて大切なことは飲むタイミング以外にも飲む量やカロリーを抑えることにあるので、少しでもカロリーを抑える方法を紹介します。

①ピュアココアの作り方
cocoa-pyua

マグカップにココアと甘みを入れる

ティースプーン1杯分の湯か温めた牛乳を入れ、なめらかになるまでかき混ぜる

レンジで温めた牛乳を注いで混ぜる

②ココア生姜の作り方

cocoa-syouga
まず、乾燥生姜を作る必要があるため、スライスした生姜を乾燥させる。

食品乾燥機があればだいたい68℃くらいで3~6時間乾燥。

ないならば、室内で1週間程度放置

乾燥し終わったら、ミキサーにかけて粉末にする

あとはいつも通りにココアを作るさいに、ココアと砕いた乾燥生姜を入れてお湯を注いで完成

③ミルクココアの作り方

cocoa-milk
一番簡単な作成方法はピュアココアやスキムミルク、そして砂糖といった甘味料をカップに全部入れてお湯を注ぐだけです。

コツは少しお湯を入れた時にかき混ぜてある程度粉末を溶かすようにすることと、スキムミルクがうまく溶けないならば50度くらいのお湯で先に溶かすようにするといいでしょう。

ダイエットココアの飴って?

cocoa-ame
ココアの効果が世間により広められるようになっているので、それの関連商品もいろいろと取り扱われるようになっています。

その中の一つにココア飴のようなものもあるのです。

特にダイエット用のココア飴の場合はカロリーが20パーセントオフというように、低カロリーに作られているので、ココア飴に頼りたい人はカロリーを見るといいでしょう。

ダイエット用のココア飴は砂糖を使っていないことも多く、食物繊維やポリフェノールなども補うことが出来るので、気軽にココアを作れない環境にいる人にはおすすめとなります。

ココアのカフェインの影響は?

cocoa-cafein
ココアにはカフェインが含まれていますが、コーヒーや紅茶と比べた場合少なくなっております。

だいたいココアの場合は含有量は100mlあたり10mg未満で、コーヒーなら100mlあたり60mg~100mgで、紅茶なら100mlあたり30mgとなっています。

そのため、そこまでカフェインの作用に対して神経質になる必要はないでしょうが、カフェインは少量でも結構効果を発揮することが多いので、夜に飲んでしまうと覚せい作用によって眠れなくなる可能性もあります

そのため、夕食前に飲むようにして夜寝る前は飲まないようにしたほうがいいでしょう。

ココアダイエットって効果があるの?タイミングなど方法は?まとめ

以上、いかがだったでしょうか

今回はココアダイエットのタイミングや方法について解説し、本当にココアダイエットは効果が期待できるのかを検証していきました。

ココアダイエットはただ単にココアを追加することで、空腹状態を和らげ、食事量を抑えたり、便秘解消したりすることでダイエット効果を狙ったものなので、食事を全く抑えない場合はほとんど効果が期待できないでしょう。

なので、まずは「ココアを飲む=痩せる」というわけではないということをしっかり認識するようにしてください。

また、ココアに牛乳や砂糖を使いすぎると太る原因になることも覚えておきましょう。


Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)