ファイブファクターダイエットルール!効果や食事メニューは?

ファイブファクター

ファイブファクターダイエットのやり方【食事・運動】口コミは?

特殊なダイエットの一つであるファイブファクターダイエットはハリウッドセレブ御用達のいろんな条件が含まれています。

食事の方法やそのメニュー、具体的な効果や運動の中身など言葉だけでは見えないものも多いです。

口コミがあるのかどうかも、ハリウッドセレブ御用達という時点でかなり気になります。

そこで、今回はこのファイブファクターダイエットについて紹介し、具体的にどのようなダイエットなのか、やり方はどうなっているのかをお伝えいたします。

私たち一庶民でも出来るようなダイエットなのでしょうか。


Sponsored Link


ファイブファクターダイエットとは【ルールがある?】


ファイブファクターダイエットとは、いろんな要素に5という数字を使ったルールに従って行うダイエットです。

具体的には1日5食にわける食事に5つのルールを設ける週5日に5つの運動を5分間ずつ行う、これを5週間続けるといったダイエットになっております。

このように「5」という数字がキーワードなので、ファイブファクターダイエットと呼ばれているのです。

ハリウッドセレブのトレーナーとして有名な、ハーレイ・パスターナック氏が考案したダイエット法になるのですが、実際にこのダイエットを取り入れることでハル・ベリー、レディー・ガガ、ジェシカ・シンプソン、アリシア・キーズといった超有名セレブが痩せたという報告があるので有名になりました。

しかし、私たち一庶民とこのような高級セレブは住んでいる環境や状況が違いすぎますので、そもそもそのダイエットが実行できるかどうかも怪しいという声も多数あります。

効果は?


このファイブファクターダイエットは私たちの生活リズムも大きく変えるようなダイエットであり、なかなかユニークな効果が発揮されます。

まず食事の感覚が通常ならば6時間程度あるのに、このダイエットは5回も食事をすることになるので3時間程度しか間隔が空かず、空腹感がほとんど発生しません。

ちょくちょく食事をしているイメージなので、継続性が高く間食も不要なのです。

また、このダイエットは炭水化物の糖質をカットしてGI値が低いものを率先して食べるダイエットなので、血糖値の上昇が抑えられるようになり痩せやすい状態をキープします。

もちろん、各食事、満腹になるまで食べてはいけませんが、定期的に食べますので、ダイエットによるストレスも少ないというのが特徴でしょう。

やり方【食事面】


このファイブファクターダイエットはルールがかなり独特なので、分けて解説します。

食事面では炭水化物、食物繊維、タンパク質、脂質、水分をバランスよく摂るようにします。

食事におけるルールは5つあり、できる限りGI値が低い炭水化物を摂取するようにすること、良質なタンパク質を摂取するために脂質が少ない赤身肉や卵白や大豆を摂取すること、1日5~10gの食物繊維を摂取すること、油を摂取する場合は不飽和脂肪酸が多く含まれているエゴマ油やオリーブオイルにすること、水分を多めに補給する必要があるができる限り無糖のものにすること、となっております。

食事メニューに対するルールというよりも、細かい部分のルール指定がありますのでそれらを守ればメニューはある意味何でもいいと言えるでしょう。

ただし、低GI値の食べ物という時点である程度の制限がかかっているので食べられるものは限られてきます。

白米やパンは問答無用で禁止でしょう。

ちなみに、1週間に1回は好きなものを食べても良い日が設けられているので、その時は好きな炭水化物を摂取しても良さそうです。

メニューにふさわしい食材は?


まず糖質の摂取と高GIを拒絶するダイエットなので、豆類・果物・野菜類が中心となるでしょう。

パンや白米を食べたいという方は全粒粉パンと玄米にチェンジしてください。

これならGI値も低めです。

また、良質なタンパク質の摂取が推奨されているので脂質や糖質がたっぷりの肉ではなく、鳥のササミや卵白や大豆類が推奨されるのでしょう。

食物繊維の摂取も指定されているので、野菜や果物の皮も食べることになります。

あとは、糖分がない飲み物が推奨されているので、水やお茶を筆頭に、無糖の紅茶やコーヒーも使うことが出来ます。

やり方【運動面】


1週間に5回の運動が推奨されているのがこのファイブファクターダイエットです。

そして1回の内容については5分のダイエットを5つ用意して25分行うというものですが、個人的に効率を上げるために最初に筋トレを実行して後は各種有酸素運動を実行することが良いと考えています。

具体的には、スクワットやクランチやレッグレイズといった筋トレを最初に持ってきて、後はフラフープや踏み台昇降やルームランナーを5分ずつ実行するという方法です。

逆に、体を温めるために最初の5分はランニングを行って、その後にスクワットやアームカールといった筋トレを3つ行い、最後にクールダウンの有酸素運動を行うという意見もあります。

口コミはある?


かなり特殊なダイエットであり、一般的な社会人には実行しづらい面がありますので口コミはほとんど無いです。


Sponsored Link


専業主婦であり、更に時間にとらわれていない方以外、難しいかもしれません。

食事の間隔を3時間にして5回摂取するというやり方は、お仕事をしている人たちの時間管理からは大きくずれているのがネックです。

なので、他の人たちが実行したという口コミを当てにするのはやめた方がいいでしょう。

一部のセレブで時間がある方々ならば実行している節もありますので、その人たちのTwitterやFacebookを追いかけると意見が見られるかもしれません。

いわゆる、理論はわかるけど現実的に実行できる人がほとんどいないダイエットになってしまっているので、口コミ数も今後のびるとは思えません。

ファイブファクターダイエットの本がある?


(ハリウッドセレブ専属トレーナーが教えるファイブファクターダイエット)

このファイブファクターダイエットについて詳しく紹介している本も存在しています。

最初の説明で紹介したダイエット推奨人であるハーレイ・パスターナック氏が書いている本なので中身が気になるという方はチェックしてみるといいでしょう。

この本が登場したのが2010年で中古品も非常に安い値段で取引されているので、少しでも安くしたいという方は中古本を頼りましょう。

安いところでは1円というびっくり価格になっています。

送料は別途かかりますが。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はファイブファクターダイエットについて紹介いたしました。

ファイブファクターダイエットはこのように食事の回数が多くかつエクササイズが中心のダイエットなのですが、欧米ではエクササイズ+多食ダイエットの典型例として紹介されていることが多く、かなりスタンダードっぽいです。

実際にこのダイエットが欧米では中心になったとしても、やはり食事の回数が多いので実行するのが非常に難しいという致命的な欠点がありますので、日本ではなかなか流行らないでしょう。

本の発売日が2010年なのに、2018年現在では糖質制限ダイエットのような爆発的はヒットをした姿がありませんので、「このようなダイエットもあるんだ・・・」という認識程度でいいと思われます。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました