乳酸菌ダイエットのやり方や効果と口コミ!サプリは有効?

栄養素

ヤクルトやサプリなど乳酸菌のダイエット効果や口コミ

乳酸菌は身体に必要であるという認識は日本人にもかなり浸透しており、ヤクルトやヨーグルトを摂取する人も増えたでしょう。

やり方次第ではダイエット効果があるという口コミもありますが、それは乳酸菌サプリの摂取でも問題ないのでしょうか。

そもそも、乳酸菌を摂取するだけで痩せられるのかどうかも気になります。

そこで、今回は乳酸菌ダイエットについて調べて参ります。


Sponsored Link


乳酸菌ダイエットのやり方


乳酸菌ダイエットのやり方は、ヨーグルトを使ったものが一般的になるでしょう。

具体的には、1日200gのプレーンヨーグルトを摂取するというやり方になります。

ジャムやフルーツが入っているものは高カロリー高糖質になってしまうので良くありません。

また、先ほど説明したように、乳酸菌には非常に多くの種類がありますので、ダイエットに使いたいという方は内臓脂肪を減らす効果があると言われているガセリ菌SP株が入ったものや、ラクトバチルスラムノーサスGG菌やTMC0409菌やTMC1543菌のような体脂肪の減少や体重の減少効果があるものを選ぶ必要があるでしょう。

もちろん、便秘がひどいという方はビフィズス菌BB536株といった乳酸菌を選んで解消するというのも方法の一つです。

ダイエット効果は?


腸内環境が整えばそれだけ便秘や下痢といったトラブルがなくなります。

特に便秘になるとお腹周りがぽっこりしてしまうので、まずはこれがなくなる可能性が高まるというのがダイエットの第一歩でしょう。

また、腸内細菌には脂質の吸収を抑制するもの、特殊な菌や脂質の吸収を促進する菌が存在しているという情報もあります。

乳酸菌にはこの脂質の吸収を促進してしまうデブ菌の増殖を抑制する作用があると言われているのです。

つまり、太りにくい身体作りに乳酸菌は役に立つと言うことになります。

乳酸菌にはコレステロールなどの脂質や糖質の吸収を抑える作用がありますので、本格的にダイエットをしたいという方の強いお供になってくれます。

腸内環境が落ち着けば、それだけ幸せホルモンと呼ばれるセロトニンも分泌されやすくなるので、ダイエットによるイライラが発生しにくくなるというメリットもあるでしょう。

口コミはある?


ヨーグルトダイエットの口コミは多数ありますが、乳酸菌ダイエットの口コミはほとんどありません。

乳酸菌の効果は確かで、これをダイエットに活用したという人はいるのですが、その人はヨーグルトダイエットの方に書き込みを行っているようで、「乳酸菌ダイエットで痩せました!」といった書き込みは少ないのです。

なので、ヨーグルトダイエットの口コミを参考にして、痩せるかどうかを判断した方がいいでしょう。

痩せやすくする乳酸菌も存在しているので、その乳酸菌が入ったヨーグルトの評価を見るのも効果的です。

乳酸菌の種類って?


乳酸菌、乳酸菌と巷では当たり前のように浸透しておりますが、実はこの乳酸菌にも種類があります。

まず、乳酸菌は植物性乳酸菌と動物性乳酸菌に別けることが出来ます。

植物性乳酸菌は野菜や穀物を使った発酵食品、味噌や醤油や甘酒に含まれている乳酸菌です。

動物性乳酸菌は動物の乳に含まれている乳酸菌のことです。

乳糖を栄養とする動物性乳酸菌はチーズやヨーグルトにも使われていますので、現代人はこちらの方が摂取量が多めでしょう。

ここからが厄介なのですが、これらの乳酸菌は実はものすごい種類があり、○○属××種△△株といった分け方がされているのです。

この属には、ラクトバチルスやビフィズス菌や乳酸球菌といった有名な名前もあります。

これらの株が違うだけでも効果効能が異なりますので、自分が摂取する乳酸菌はどのような効果があるのかを先に調べる必要があるでしょう。

名前や種類を全部覚えるのは不可能なので、自分が欲しいと思った商品の乳酸菌が何なのかを調べるといったスタンスがいいでしょう。

乳酸菌の働き・効果は?


乳酸菌は先ほど説明したように非常に多種多様に存在しており、その種類によって効果も異なるので一様に説明することは不可能です。

乳酸菌に良くある作用は整腸作用と免疫作用の2種類でしょう。

乳酸菌は善玉菌を増やす作用や悪玉菌の増殖を抑制する作用を持っているものが多いので、腸の働きをサポートして下痢や便秘といったトラブルを防ぐ働きがあるのです。

また、腸内環境を改善する作用というのは有害物質を除去する力が向上するという意味にもなりますので、病気になりにくくなりますし、小腸や大腸のレセプターを刺激することで免疫力が向上する作用もあるのです。

もちろん、種類によっては便秘解消作用が強いものもありますし、免疫力向上作用やアトピー性皮膚炎の改善作用、花粉症予防作用などが発揮されるものもあるようです。

どのような効果が欲しいのかをまずは決めてから乳酸菌を選ぶのもいいでしょう。

腸内環境悪化によるデメリットは?


腸内環境を改善する作用がある乳酸菌ですが、逆に腸内環境が悪化してしまったらどうなるのかを知っておくのもいいでしょう。


Sponsored Link


腸内環境が悪化すると悪玉菌が一気に増えて有害ガスが溜まるようになります。

この有害ガスはオナラやゲップである程度除外されるのですが、すべて除外するのは不可能なので腸から吸収されるようになってしまうのです。

こうなると有害物質が身体の中を巡るようになるので、皮膚にも届いてしまうようになります。

そうすると肌荒れといったトラブルが発生するのです。

腸内環境が悪化すると肌荒れが生じるのは事実だと理解してください。

また、悪玉菌が増えすぎると腸内異常発酵が発生しやすくなりますので、有毒物質やガスが溜まりやすくなります。

こうなると腸粘膜などの刺激が発生して炎症が起こるようになりますので、肌にも悪い物質が送り届けられるようになってアトピーが発生する可能性すらあります。

免疫力そのものが落ちますので、身体の防御機能が低下しますし花粉症やアレルギー症状も悪化しやすくなるでしょう。

そして体臭や口臭も悪化する可能性もあります。

ダイエット向きの乳酸菌や食品【ヤクルト・サプリは効果的?】


これは二通りの考え方がありますのでどちらを実行するのかで変わってくるでしょう。

あくまで乳酸菌にこだわるという方は、やり方のところで紹介した乳酸菌が含まれているヨーグルトや飲み物を摂取するという選択肢になりますし、そこまで種類にこだわらないという方は乳酸菌が多く含まれている食べ物を選択するという方法になります。

ダイエット向けの乳酸菌が豊富な食べ物と考えると、キムチやヨーグルトが筆頭でしょう。

味噌や醤油や日本酒にも含まれていますが、調味料になるとあまり量が摂取できないのでダイエット向けになりません。

乳酸菌にこだわるという方は、ヤクルトやサプリメントにこだわるのも一つの手です。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回は乳酸菌ダイエットについて記載して参りました。

乳酸菌ダイエットは効果があると思われますが、如何せんヨーグルトダイエットのほうが知名度が高いので口コミといった情報は集めにくいです。

しかし、乳酸菌の中にはダイエット効果があるものが発見されていますので、活用する術は間違いなくあるでしょう。

ヨーグルト好きの方は、痩せやすい乳酸菌がどの程度の効果があるのか試してみることをおすすめします。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました