ダイエット中の暴飲暴食の原因【ストレス・生理前】とリセット法

手法

生理前や食事制限などダイエット中の暴飲暴食の原因と防ぐ方法

ダイエットによってストレスフルの状態になると、それが理由で失敗に繋がってしまったという人はたくさんいるでしょう。

暴飲暴食原因ストレスだけなのか、生理前といった体調に問題は無いのか、リセットして防ぐことはできないのかと色々と調べている人も多いでしょう。

そこで、今回は暴飲暴食でダイエットを失敗しないように、この暴飲暴食の原因を特定して防ぐ方法について記載していきます。


Sponsored Link


暴飲暴食とは?


暴飲暴食を辞書で調べると「度が過ぎるほどに食べたり飲んだりすること」と出てきます。

要するに、制限なく好き勝手な飲食をすることでしょう。

この暴飲暴食というのは自我によって押さえつけられている部分もあるので、押さえつけられなくなると暴走してしまうことも非常に多いのです。

この暴走してしまうパターンで非常に多いのが、ダイエットによって色々と我慢していたのに我慢しきれなくなってしまい好き放題な飲食に突き進むというパターンになります。

一度でもこのような状態になると、もはや止められなくなるのでダイエットは失敗となるのです。

この暴飲暴食はダイエットに対して大きなマイナスになるということは間違いなく皆が理解しているのですが、理解していてもどうにもならない状態になってしまうので、実行した後は激しい後悔と自責の念に駆られてしまいます。

ダイエット中の暴飲暴食の原因

それではこのダイエット中の暴飲暴食の原因についてまずは調べていきましょう。

当たり前のように思い浮かぶものから、言われてみないとわからないものまでありますのでこの部分を自分なりにしっかりと飲み込む必要があります。

①ストレス


食事制限やダイエットに繋がる運動は特に苦もなく実行できるけど、それでも暴飲暴食に走ってしまうという人は、ストレス発散の方法が好きなものを大量に食べるという行動になっている人たちです。

ストレス発散の方法が趣味に没頭するという方ならば暴飲暴食に走ることは少ないのですが、食事そのものが楽しみという人でそれを自制心でダイエットのために抑え込んでいた人だと会社や仕事で嫌なことが積み重なると暴走してしまいます。

これは考え方を変えてポジティブ思考に切り替える努力といった自分自身が社会に適応する能力を求められてしまいますので、解決するのはなかなか難しいのです。

②生理前


女性は生理によって身体のホルモンバランスが大きく乱れます。

特に排卵期や生理中は女性ホルモンバランスが大きく乱れますので、空腹感が強くなりイライラするようになるのです。

このイライラを解消する方法が暴飲暴食となってしまうパターンの人はダイエットもめちゃくちゃ苦戦します。

こういう人は食事の回数を増やして血糖値の安定しやすい状況を作るといった特殊な努力が必要になるので注意しましょう。

女性ホルモンに関するトラブルというのはなかなか解決できない部分なので、生理に関するトラブルがひどいという方は一度病院の医師に診てもらった方がいいです。

生理が止まるまでこの被害が出続けますので、対策は早めに行いましょう。

③年末年始


クリスマスや正月といった期間はどうしてもカロリーや糖質がたっぷりな食事が続きますので太ります。

1年に1回という特別な日なのでこれを防ぐのは厳しいでしょう。

ひとり暮らしの方は正月やクリスマスだからといってケーキやお餅といったカロリーと糖質がたっぷりなものを食べないように意識すれば防げるのですが、実家暮らしの方や家族暮らしの方は自分一人のためにそれらをなしにすることは出来ませんので防ぎようがないのです。

これはどうしようもない部分がありますので、消費カロリーを稼ぐためにも運動を増やすしかないでしょう。

寝正月として殆ど動かないでテレビを楽しむ人も多いでしょうが、大量にカロリーを摂取して全く動かないでいると年末年始のお休み期間で瞬く間に太ってしまいますので、おいしい食べ物を堪能した後はできる限り動くしかありません。

④食事制限


シンプルなダイエットはやはり食事制限なのですが、食事が何よりも楽しみな人にとってこの制限はストレスフルになります。

ある程度自制できる人でもストレスが蓄積しているパターンもありますが、本当に食べることが大好きな人にとってこれはもはや苦行になりますのでどうしても暴飲暴食の確率が高まります

⑤その他


ダイエットに失敗して暴飲暴食に走ってしまう原因はいくつかありますが、その中でもどうしようもないものも存在しております。

たとえば、上司がお酒が大好きでひたすら飲み会に連れて行かれるという人だとダイエット成功確率は低くなるでしょう。

上司が好き勝手食べている中、ダイエット中だからと自重していたら「俺の酒が飲めないのか」とか「酒の席で自重するとはマナーがなっていない」と叱責されることがあります。

こうなるともはやダイエットどころではないので、やけくそになってしまい暴飲暴食に走ってしまうこともあるのです。

いわゆる環境要因によって邪魔されるというパターンですが、これをクリアにするためには会社を辞めるといったなかなかにあり得ない方法になってしまいますので防ぐことが出来ません。

ダイエットが出来る環境かどうかは運の要素も強いのでしやすい環境にあるという人は運がいいと考えてください。


Sponsored Link


暴飲暴食した翌日のリセット法


暴飲暴食をした次の日はまだ取り返しがつくのでちょっとした対策をすることでダメージを最小限に出来ます。

これがいわゆるリセット法なので覚えておくと役立つでしょう。

過剰に摂取した栄養素が体脂肪に変わるのは瞬時ではなく2~3日程度はかかると言われているので、変わる前にどうにかしてしまえばいいのです。

炭水化物を食べ過ぎたという人は糖質をエネルギーに変換しやすくするビタミンB1が大量に必要になります。

これは豚肉やレバーや豆類から補給しましょう。

基本的にビタミンB群は摂取しすぎたエネルギーを消費させるために役立つ栄養素なのでほうれん草や小松菜といった色の濃い葉物野菜を摂取して補給してください。

他にも筋肉量を減らさないようにするために大豆食品や鶏肉からタンパク質を補給するのも重要ですし、基礎代謝を向上させて余分なエネルギーや脂肪を燃焼しやすくするために唐辛子やニンニクや生姜を摂取するのも有効です。

ダイエット中の暴飲暴食を防ぐ方法


暴飲暴食の引き金が何であるのかを理解することからスタートしましょう。

原因がはっきりわかれば対策も出来ます。

食事制限によるストレスがひどくて失敗するという人は運動を主体とするダイエットに切り替えてください

それだけでも失敗確率は下がります。

会社や仕事のストレスがひどくて失敗するという人はポジティブ思考を手に入れることも重要ですし、趣味や運動といった別の方向でストレスを発散できる方法を見つけるしかありません。

それ以外の環境要因は自分の考え方を変えるか職場を変えるといった対応が必要になってしまいます。

生理周期によってホルモンバランスが乱れて暴飲暴食が増えるという方は、食事の回数を増やして血糖値を安定化させるとか、カロリーと糖質が低い料理を中心にして量は食べるといった対策が有効です。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

ダイエット失敗確率を上げてしまう暴飲暴食について記載して参りました。

暴飲暴食は人によって原因が異なりますが、その原因を特定できれば防ぎやすくなるのも事実です。

環境要因が原因だと対策が難しくなってしまいますが、それでも諦めずにチャレンジし続ければいつかは成功します。

諦めないという気持ちと暴飲暴食に走らない安定したメンタルこそが最も重要なのです。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました