ラクトフェリンの内臓脂肪低減効果!ダイエットの口コミは?

栄養素

ダイエットに効果的なラクトフェリンの飲み方!副作用は?

世の中には「ダイエット効果があります」なんてうたい文句で売られているサプリメントは大量にありますが、その中の一つが内臓脂肪を低減する効果もあるといわれているラクトフェリンです。

口コミはどうなっているのか副作用はあるのかなど、良く知らないものだからこそ手が出せない商品にもなっております。

そこで、今回はこのラクトフェリンについてお伝えし、どうしてダイエット効果があるのか、どのような摂取方法はあるのかなどの情報をまとめていきます。


Sponsored Link


ラクトフェリンとは?


ラクトフェリンはものすごくあっさりとした説明をするとタンパク質の一種です。

ただし、このタンパク質は哺乳類の乳に含まれていることが多いタンパク質なので、母乳で育ったお子さんがたくさん摂取していることになります。

母乳にはいろいろと優れている点があるので見直されていましたが、その中で健やかに育つために重要な要素としてこのラクトフェリンが注目されたようです。

このラクトフェリンは出産後の数日間に分泌される母乳、つまり初乳に最も多く含まれており、感染症予防などに非常に優れた効果があります。

もちろん、紹介したように人間以外の動物の乳からも摂取できるので、サプリメントを介しての摂取が推奨されるようになり多方面で紹介されるようになっております。

 

ラクトフェリンにつきましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。

日本ラクトフェリン学会 ラクトフェリンとは?

 

ラクトフェリンのダイエット効果【内臓脂肪低減に?】


このように健康面ではいろいろと効果的な作用をもたらしてくれる多機能たんぱく質のラクトフェリンですが、ダイエット効果はあるのでしょうか。

これはいろいろと調べてみると、どうやらラクトフェリンにはLPSというコレステロールや中性脂肪を増加させる要因となる物質を中和する働きがあるので痩せられるとのことでした。

実際にこれらの効果が本物なのか、日本プロテオーム学会で調査した結果を発表しており、その結果ではラクトフェリンを摂取し続けた人は内臓脂肪が減少して体重減少に成功しているという報告があります(参考資料:ラクトフェリンの内臓脂肪低減メカニズムの解析~日本プロテオーム学会(https://www.jhupo.org/data/proteomeletters/16004.pdf))。

まだまだすべての効能がはっきりしているわけではありませんが、どうやら痩せやすい体質になる効果が高めとのことなので、ダイエットに注目されるようになったのでしょう。

口コミはある?


これはラクトフェリンのサプリメントの口コミを見てみるといいでしょう。

いろいろと商品化されているので、それらの商品評価の中に痩せられたことを意味するものがどれくらいあるのかで見抜けます。

実際に見てみたのは有名なサプリメントメーカーのDHCより発売されている「ラクトフェリン」です。

こちらもAmazonで売られているのでチェックしてみると、どうやらダイエット効果を売りにして販売されているわけではないのでそちらの口コミは少ないことがわかります。

それでも3kg痩せたという口コミはありますので、効果が出る人もいるといえるでしょう。

ラクトフェリンの効果効能は?


ラクトフェリンの効果効能は外部から侵入する細菌やウイルスからに負けないようにするための免疫力をつけさせるところにあります。

母乳には免疫力を向上させる作用があるといわれておりましたが、このラクトフェリンもその効果に一枚かんでいると言えるのです。

ナチュラルキラー細胞の働きを高める作用があり、がん細胞やウイルスを破壊する力もあるといわれているので、どれだけ強力なのかが良くわかります。

それ以外にも、悪玉菌から鉄を奪いとって成長しにくい状況にしてしまう効果や逆に善玉菌のビフィズス菌を増やす作用がありますので、腸内環境を整える力が強いともいわれております。

この鉄を吸収する作用によって貧血を改善する作用もあるとのことなので、タンパク質とは思えないような効果がそろっているようです。

メタボ対策に?


先にダイエット効果で説明したように、このラクトフェリンのダイエット効果はコレステロールや中性脂肪を増加させる要因となる物質を抑え込んで、脂肪の合成を抑制して脂肪を効率よく分解させる働きがあるといわれております。

脂肪肝を作らないためにもラクトフェリンは役立つとすら言われているのです。

脂肪はタンパク質分解酵素のリパーゼによって分解されるものなのですが、ペリリピンによって保護されているのでなかなか分解できません。

しかし、ラクトフェリンはこのペリリピンを減らして分解しやすくなるといわれており、ダイエット効果も出やすいといわれているのです。

こういったことからメタボ対策にプラスに働くと考えていいでしょう。

ダイエットに有効なラクトフェリンの飲み方


ラクトフェリンはメーカーによっていろいろとサプリメントとして売られるようになっています。


Sponsored Link


飲み方についてはメーカーによって大きく変わってくるようですが、ラクトフェリンの効能などを考えれば、ある程度摂取するタイミングは絞れるでしょう。

具体的に1日3粒用意されたのなら胃酸が発生しづらい食間や寝る前が推奨されるので、朝食と昼食の間、3時のおやつの時間、睡眠前といった分け方をするといいでしょう。

ラクトフェリンは胃酸に弱い性質があるということを認識して、摂取タイミングを自分の行動の仕方と併せるようにしましょう。

 

副作用は大丈夫?


このようにダイエット効果についてもまことしやかに広まって多くの方々に求められる商品となっているラクトフェリンですが、ここまで効能があるのならば副作用が存在するのではと疑問視してしまう人ももちろん出てきます。

これも調べてみたのですが、過剰摂取した場合には食欲不振や下痢や便秘といった症状が出るようですが、それ以外の副作用は存在しないとのことです。

もともと親がお子さんに与えるために発生する特殊なタンパク質がラクトフェリンなので、副作用はほとんど存在しないように作られているとのことです。

確かに、親から子供に与える栄養素に強烈な副作用があるとは考えにくいでしょう。

内臓脂肪蓄積による体への影響は?


赤ん坊のうちは全く気にする必要がない内臓脂肪ですが、中年に差し掛かって基礎代謝が落ち始めると男性は一気にお腹周りが膨れていきます。

いわゆる内臓脂肪の発生です。

内臓脂肪が蓄積すると、お腹周りがだいぶたるんで見えるので見た目上も美しくはありませんが、悪玉ホルモンが増加して善玉ホルモンが低下しやすくなるので、はっきり言って健康面でもよろしくありません。

高血糖・脂質異常・高血圧が発生する確率も上がりますので、動脈硬化などの危険な病気になる可能性も高まるでしょう。

 

ラクトフェリンは楽天市場で購入することができます。

楽天市場 「ラクトフェリン」の検索結果

 

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はラクトフェリンのダイエット効果を中心にお伝えして参りました。

ラクトフェリンにはダイエット効果があるという噂は前からありましたが、しっかりとしたデータまであるとは思いませんでした。

内臓脂肪を減らす効果があるとのことなので、女性よりも男性のほうが気にするべきサプリメントとなるでしょう。

ただし、飲むだけで痩せられるものではなさそうなので、飲んだら脂肪燃焼がしやすいように運動をすることは必須と考えたほうがいいでしょう。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました