レギンス入浴ダイエットは痩せない?口コミや正しい方法!

道具

レギンス入浴ダイエットの効果や方法!普通のレギンスOK?

レギンス入浴ダイエットは一昔前にテレビで紹介されて一時期話題になりましたが、痩せないとか効果がないといった口コミが非常に増えたことで一気に消えていきました。

これは方法が間違っていたという指摘が入って、本当のやり方を指示する人も出始めたので再評価する人も出てきているようです。

今回はこのレギンス入浴ダイエットはなぜ痩せないといわれるようになったのか、本当のやり方とはいったい何なのかを調べていきます。


Sponsored Link


レギンス入浴とは?


レギンス入浴ダイエットとはレギンスを履いて入浴するというシンプルなダイエットです。

ダイエットエキスパートの和田清香さんが考案して、2015年にテレビで紹介されることで一気に広まったダイエットとなっております。

モデルの中村アンさんがInstagramで紹介したということもありましたので、一時的に盛り上がったのです。

ただし、ここではくレギンスというのは着圧タイプのものなので通常のレギンスでは特に効果がないと考えてください。

このようにちょっとしたやり方の注釈はありましたが、比較的簡単にできるダイエットとして広まったようです。

レギンス入浴のダイエット効果【やせない?】


レギンス入浴ダイエットはダイエット効果があると話題になりましたが、具体的にどのような効果が発揮されるのでしょうか。

それは着圧レギンスを履いてお風呂に入ることでお湯の水圧と着圧により足が引き締められることで発揮されます。

いわゆる引き締め効果が強く働いて、むくみやセルライトが減らされるということなのでしょう。

マッサージなども併用することがありますので、ひたすら筋肉や脂肪を刺激し、血行が促進されて代謝が上がるという指摘もあります。

もともと、お風呂に入るとお湯によって体が温まって血行が促進されるものではありますが、圧力をかけることでこの血行促進がさらに効率的に行われるようになるのでしょう。

ある程度効果効能を推察すると、痩せられるようなダイエットだと感じますが、なぜ失敗したという報告が相次いだのかが本当に気になります。

口コミはある?

もともとは効果があると話題になって一気に広まったのですが、その後効果がないという口コミが逆にはやり始めることで一気に廃れました。

具体的には先ほど紹介した着圧用のレギンスの口コミを見るとわかります。

その中には「3週間ほど続けたが痩せた感覚はない」とか「1ヶ月くらい試したけど意味がない」といった効果がなかったというものが案の定あり、総合評価も下がっております。

5点満点の2.2点はAmazonの評価としても低すぎます。

さすがにこの評価は気になる数字になりますので、購入前にレビューを確認したほうがいいでしょう。

着圧レギンスダイエットは実際に痩せなかったとか効果がなかったという口コミも気になりますが、着圧レギンスに依存している部分もあるので、このレギンス側にトラブルが発生すると一気に評価が悪くなります。

具体的に「使ってみたら全然引き締め感のないただのレギンス」なんて評価もありましたでの、不平不満が溜まっていることがわかります。

正しい方法は?


よく議論になるのがここです。

このやり方の部分を間違っているから正しい効果が出ないとレギンス入浴ダイエットを推奨する人は指摘します。

まず、基本的なやり方は着圧レギンスを履いた状態で入浴することですが、入浴する時間は20~30分程度に抑えて、半身浴にするとより効果が高まります

半身浴のほうが下半身のリンパの流れや血液の流れが良くなるので効果が上がるといわれているのです。

お湯の温度は38~40℃にしてじっくりと温まることが大切です。

そのほうが副交感神経も活発化しやすいので効果は大きくなります。

そして入りながら効果を上げるためにも足裏マッサージやむくみ解消運動などをこなしていきます。

また、このダイエットはマッサージも混みとなるとかなり汗をかくダイエットになりますので、実行前には必ず水分補給をしておきましょう。

運動やマッサージでダイエット効果がアップ?その方法は?

(自宅で出来るレギンス入浴ダイエットとマッサージでセルライトも撃退)

具体的な方法は運動やマッサージをすることなのですが、その内容は動画で紹介しているような3つのマッサージという行動となります。

一つ目が足首を回す運動で、足の指の間に手の指を入れてつかみ反対の手は足首を固定して5回ほど足先を回し反対側も同じように実行するというものです。

二つ目が両手で握りこぶしを作って膝の上から足の付け根まで押し流すというもので、三つ目が雑巾絞りのように太ももの外側と内側をしぼるというものです

それ以外となりますが、最後は足首から鼠径部まで押し流すようなリンパマッサージをすればいいでしょう。

この押し上げる方法については次の動画(ダイエットエキスパート和田清香の美調整ダイエット(脚マッサ))で実践しているものがありますので、そのまま実行すればいいでしょう。

普通のレギンスでOK?選び方は?


ここで必要になるレギンスは圧力をかける必要があるので、着圧レギンスです。

通常のレギンスでは効果がありません。


Sponsored Link


しかし、着圧レギンスにもいくつか種類がありますので、効果を高めたい場合には吟味する必要があるでしょう。

個人的には答えはあまりないように見受けられますが、着圧レギンスに注目して作られたレギンスもいくつかありますので、それらを活用するのが一番かと思われます。

その代表作が「(エクスレッグスリマー)」でしょう。

Amazonでも売られていますのでリンクを貼ります。

レギンス入浴ダイエットで痩せない人の考えられる原因


これはいろいろと考えられますが、第一に考えられることがレギンスそのものが合わなくて続けられなかったというパターンでしょう。

このレギンス入浴ダイエットは試用する着圧レギンスに依存している部分が大きいので、レギンス選びに失敗するとその時点で失敗となります。

次に考えられることはマッサージの不足でしょう。

ここで紹介しているマッサージもある程度しっかりとお風呂の中でこなすことが出来れば、普段運動不足気味の人でも細くなる効果が出るといわれていますが、全く効果が出ないという人はマッサージの仕方が悪いと考えたほうがいいかもしれません。

他には、半身浴で30分ほど入りながらマッサージをこなすというダイエットなので、消費カロリーを稼ぐためにお風呂を使っているということもわかります。

逆に、摂取カロリーが多く糖質摂取量も多い人ならばお風呂だけでは痩せるのは困難でしょう。

本気で痩せたいのならば、摂取カロリーや糖質のほうも気にしないとダイエットは不可能です。

そして、何よりレギンス入浴ダイエットはそれほど消費カロリーが大きいわけではなく、足の引き締め効果がメインかと思いますので「〇〇キロ痩せたい」といったようなそれなりの体重減を目標としている人の場合、不本意な結果になる可能性は高いでしょう。

 

レギンス入浴ダイエットにつきましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。

4MEEE 正しいやり方で効率よく美脚を目指そう!レギンス入浴ダイエット

 

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はレギンス入浴ダイエットについて紹介いたしました。

このダイエットは本格的に着圧レギンスを使ってマッサージまでこなせば脚痩せに効果があるでしょうが、ただ単に痩せたいという考え方を持っている人の場合は、摂取カロリーや糖質を気にしつつ消費カロリーを増やすために有酸素運動を取り入れたほうがいいでしょう。

着圧レギンスにかなり依存しているダイエットなので、自分にぴったりの着圧レギンスを見つけられないとダイエットにもならない部分がネックです。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました