紙コップダイエットのサイズやメニューなどやり方!効果の出る期間は?

道具

紙コップダイエットで痩せた口コミとやり方!韓国で流行?

ダイエットにはいろんな方法がありますが、その中には「これを使ってどうすればいいの?」と思ってしまうダイエットもあります。

その一つが紙コップダイエットです。

サイズやメニューなどのやり方そして効果が出るまでの期間はどれだけあるのかなどわからない部分が多すぎるので、ある意味興味深いダイエットと言えるでしょう。

そこで、今回は紙コップダイエットについて紹介いたします。


Sponsored Link


紙コップダイエットとは?韓国で流行?


紙コップは美容に関する意識がものすごく高い韓国で流行したダイエットの一つで、紙コップを利用することで食べすぎを防止するダイエットとなっております。

紙コップに食べ物を入れてしまえば大量に食べることは不可能になりますので、そこで我慢することが出来れば摂取カロリーや糖質を抑えることが出来るということなのでしょう。

紙コップのサイズはその紙コップによって異なりますが、どの程度の量を摂取したのかを簡単に管理することが出来ますので、摂取カロリーや糖質を細かくチェックしながらダイエットをすることが可能となります。

紙コップのサイズなど具体的なやり方は?


具体的なやり方は紙コップを3つ用意して、一つ目が炭水化物用、二つ目が野菜用、三つ目がタンパク質が含まれているおかず用として用います。

非常にシンプルです。

このやり方をすべての食事で続けます

朝も昼も夜も続けることになりますので、紙コップが手放せなくなるでしょう。

ただし、その量は紙コップの大きさによって変わってしまうので、出来る限り小さめの紙コップを用意したほうが効果は上がると考えましょう。

また、朝食の量は炭水化物1杯+野菜1杯+たんぱく質0.5杯として、昼食の量は炭水化物1杯+野菜1杯+たんぱく質0.5杯とし、夕飯の量は炭水化物0.5杯+野菜1杯+タンパク質0.5杯としましょう。

山盛りにしてはいけません。

メニューは何でも良い?


メニューはある程度決まっています。

先ほど説明したように紙コップダイエットは炭水化物が入っている白米やパンや玄米が入っているカップと、タンパク質が入っている肉や魚や大豆類が入っているカップ、そして野菜類や果物が入っているカップに分ける必要があります。

この大分類としてのメニューは固定です。

置き換えダイエットのように豆腐なら豆腐だけと固定されるわけではありませんが、明確な種類分けはされていますので、このメニューにのっとった食生活にはなると考えましょう。

この大分類の元に選べる食べ物は色々ありますが、選び方によっては成功には結びつかないので、次からのポイントを理解する必要があります。

効果について


このダイエットの効果は紙コップを使うことと、紙コップに入れる量を制限することで自分がどの程度の量を摂取しているのかを明確に測れるのがポイントです。

ダイエットの基本は摂取しているカロリーと糖質を出来る限り減らすことですが、明確な計算をしながら食事できている人は少ないので、ついつい食べ過ぎてなかなか痩せられません。

その点、この紙コップダイエットは食べる量を抑えることができます

これがダイエット効果と言えるでしょう。

また、食べる量も明確に決まっているのでそれ以外のものを食べないと制限できている人ならば食べ過ぎ防止につながります。

誘惑防止ができるかどうかはその人の意志力次第になりますが、しっかりと我慢して紙コップオンリーにすることが出来れば、食べ過ぎ防止効果も強く発揮されることでしょう。

気が付いたら食べ過ぎているという方にお勧めとなるダイエットとなります。

ダイエット効果が出るまでの期間は?


だいたい1週間から2週間程度で効果が出るといわれております。

純粋に炭水化物を減らして、糖質を減らして、カロリーを減らすダイエットになりますので、短期間でも効果が出るのでしょう。

早い人では1週間で3kgも減ったという報告があります。

本場韓国の情報もかなりありますので、そちらからの情報であればある程度は信用できるでしょう。

ただし、韓国の人たちの美意識は日本人のそれよりも圧倒的に高く、精神性も強靭なものとなっておりますので、紙コップの大きさも小さければ糖質やカロリーの制限も非常にきついことが予想されます。

その結果の1週間で3kgなのでしょう。

安易に痩せられるとは考えないほうがいいと思われます。

あくまで、空腹感と戦いながら食べる量を減らして摂取カロリーと糖質を制限した結果、この数字に到達したと考えましょう。

成功させる食べ方などのポイントは?


紙コップダイエットを成功させるポイントは、出来る限り低糖質で低カロリーのものを選ぶことです。

量が少なくても高カロリーで高糖質のものをたくさん選んでいると100%失敗します。

食べる量が減っただけであり、実質的には何にも変わっていないのでむしろ悪化するでしょう。


Sponsored Link


しっかりと低糖質かつ低カロリーのものを厳選して用意してください。

特に、炭水化物は白米やパンではなく玄米や全粒子パンにしましょう。

あとは、小さなコップを使うとどうしても空腹感がひどくなりますので、ある程度噛んで満腹中枢を刺激することが重要です。

小食でも満たされている実感があれば何とかしのげます。

また、血糖値の上昇が大きいほど失敗確率も上がりますので、最初は野菜から食べて血糖値の急上昇を防ぐのも効果的でしょう。

このダイエットの欠点は小さなカップを選ぶほど効果的ですが、それだけ食べる量が減るところにありますので、時間をかけて食事をするのもポイントです。

食事開始から15分ほどたたないと満腹中枢が働きませんのでしっかりと噛みながら食事を続けるようにしてください。

量が少なくなっているので一気に食べるとすぐになくなります。

痩せた口コミってあるの?


「紙コップダイエットで痩せたという口コミはたくさんあります!」という記事こそたくさんありますが、それは韓国の話であって日本ではそんなに広まっていないと考えたほうがいいでしょう。

実際にGoogle検索を行っても口コミのまとめはTwitterぐらいしか上がっていないので、日本では浸透していないと考えたほうがいいです。

Twitterで検索してもあまり今回紹介したダイエットを実行しているという方が見つからないので口コミを頼りにするのはやめたほうがいいでしょう。

ここでは今の日本での現状をそのまま記載いたします。

本場韓国ではかなり取り入れられているので、韓国語で紙コップダイエットと検索すればかなりヒットしそうですが、あくまで日本限定として考えると口コミ量はかなり少ないと考えましょう。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回は紙コップダイエットについて記載いたしました。

このダイエットは実はかなりきつい糖質制限ダイエットやカロリー制限ダイエットに入りますので、本気で成功させたいという方はかなりの覚悟が必要になります。

逆に、糖質制限ダイエットやカロリー制限も意識しないで好きな食べ物を食べ続けている場合は痩せるスピードもそこまで早くはないので、簡単なダイエットに早変わりします。

どちらを取るのか実行者次第ですが、大切なことは継続性なので、諦めずに続けられる難易度かどうか判断したうえで実行してください。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました