トランポリンダイエットの効果とやり方!痩せたビフォーアフターや注意点は?

有酸素運動

トランポリンダイエットは痩せないという人も?即効性があるは嘘?

トランポリンはハードな運動なのでダイエット効果がありそうですが「痩せない」「即効性があるというのは嘘」などという声もあるようです。

痩せたビフォーアフターや痩せる為のやり方、注意点といったものも知って、効果の真相を確認したいところです。

本記事ではトランポリンダイエットの効果と痩せる為のやり方を中心にお伝えしたいと思います。


Sponsored Link


トランポリンダイエットの効果


まず最初にトランポリンダイエットの効果から見て行きましょう。

脂肪燃焼効果

トランポリンを使ったジャンプ運動は、有酸素運動に位置づけられます。

有酸素運動は、脂肪燃焼効果が高く、ダイエットに効果的です。

また、トランポリンに乗ることで筋肉が鍛えられ代謝が上がります。

代謝が上がると、日常生活での身体動作でカロリーを消費しやすくなります。

筋力アップ

トランポリンに乗ることで、特に下半身の筋肉が鍛えられます。

その中でも太ももやお尻の筋肉が強化されるため、引き締まった美脚を目指すことができます。

また、トランポリンを使った運動は、下半身ほどではないですが上半身も使うことになるため、全身の筋力アップにもつながります。

 ストレス解消効果

トランポリンダイエットは、運動をすることでストレス解消効果があります。

ストレスがかかっていると筋肉の働きが悪くなり、代謝が悪くなったり、筋力アップ効果が弱まったりしますが、ストレスが解消されると筋肉が活性化し代謝が上がり、鍛えられやすくもなりダイエット効果にプラスに働きます。

ダイエットのモチベーションアップ

個人差はあるかもしれませんが、トランポリンに乗っていると楽しさを感じられやすいので、継続していく意欲が高まりやすいです。

ダイエットを成功させるにはモチベーションがすごく大切ですので、これはトランポリンダイエットの大きなメリットです。

トランポリンダイエットは即効性がある【1週間で効果が出る】は嘘?


即効性に関して人によってとらえ方が違うので、単純に即効性が「ある」「なし」を判定するのは難しいかと思います。

例えば1週間で1kg減らすことは十分可能です。

但し、これは今までの生活スタイルに対して単純にトランポリン運動を加えただけということではなく、食事面もしっかり意識しての話になります。

ちなみに1週間で1kg減が「即効性あり」と思われる方がいれば「即効性なし」と思われる方もいることでしょう。

あと1週間で2kg以上減らないと即効性があるとは言えないと考えられる場合、減るとか減らないとかいう議論を行う前に減らして良いかどうかという議論が必要かと思います。

あまり急に体重を減らすのは体にとって良くありませんので例えば体重60kgの人が健康的に痩せようとする場合、1ヶ月間で減らす体重は3kg未満にした方が良いです。

となると1週間で減らす目安は0.75kg~1kgくらいとなります。

これは健康的なダイエットは現体重に対して1ヶ月で5%未満のペースで減らしていくのが良いという考えに基づいています。

ダイエットにおいてかなりの即効性を望むのは避けるべきと考えます。

トランポリンダイエットは痩せないという人も?


トランポリンダイエットが有酸素運動の中で最も消費カロリーが大きいわけではないですし、どのような運動を行っても結局は摂取カロリーと消費カロリーの差になりますので、必ずしも痩せるというものではありません

食事内容がどのようなものであるか、トランポリン以外での体を動かす量はどのくらいかなどの要素にも関わってきますので、痩せないという人もいるでしょう。

なかなか痩せないという人は日々の生活を振り返り、本当に消費カロリーが摂取カロリーを上回る生活スタイルになっているのかチェックしてみましょう。

トランポリンダイエットのやり方

トランポリンダイエットのやり方には、以下のようなものがあります。

自分の体力に合ったものを行うことが大切です。

ジャンプ運動

(【初心者向け】3分誰でもできるトランポリンエクササイズ~初心者入門編~【trampoline】)

トランポリンの基本的な乗り方になります。

トランポリンに乗り、ジャンプします。

ジャンプの仕方は、膝を曲げ、身体を上に跳ね上げるようにします。

また、腕を振りながらジャンプすることで、全身の筋肉を鍛えることができます。

上の動画は初心者向けのものですので、こういった動画を参考にして乗られると良いと思います。

スクワット

(トランポリンでほっそり下半身!4分トランポリンダイエット【下半身痩せスクワット】)

トランポリンに乗り、スクワットを交えることで、下半身の筋肉をより効果的に鍛えることができます

スクワットの仕方は、膝を極力前に突き出さずに曲げ、お尻を突き出すようにします。

上の動画に合わせてやるのもおすすめかと思います。

体幹トレーニング

トランポリンに乗り、バランスを取ることで腹筋と背筋といった体幹を鍛えることができます。

上の動画は体幹を鍛えることを軸にしており、先に挙げた2つの動画のような全身の有酸素運動に加えてこのような体幹を中心としたトレーニングも加えることで、より綺麗なスタイルづくりが期待できます

トランポリンダイエットで痩せたビフォーアフターはある?

実際に画像でのビフォーアフターは見つかりませんでしたが、こちらの動画では10日間実践されたビフォーアフターを話してくれています。

10日間で1.7kg痩せたとのことです。

実際の体形の変化を見ることができにあのは残念ですが、しっかり行えば効果は期待できることが伺えるのではないかと思います。


Sponsored Link


トランポリンダイエットの注意点

トランポリンダイエットをする際には、以下の注意点に気をつける必要があります。

姿勢に注意

トランポリンに乗る際には、姿勢に注意しましょう。

正しい姿勢でジャンプすることで、効果が高まります。

また、姿勢が悪いと、怪我をするリスクが高まります。

慣れるまでは無理をしない

トランポリンダイエットは、慣れていない人にとってはかなりきつく感じられるかもしれません。

初めは無理をせず、自分の体力に合わせた運動をするようにしましょう。

あまり無理をするとトランポリンに乗るのがイヤになり兼ねません。

それはすごく勿体ないことなので、決して無理をするのは止めましょう。

また、トランポリンに乗る前にストレッチを行うことで、筋肉をほぐすことができます。

食事にも十分気を付ける

トランポリンダイエットでは運動だけに意識を向けるのではなく、食事面に気を付けることも大切です。

当然のことでしすが運動をしても、過剰に食べてしまうと、ダイエット効果が得られません。

トランポリンで運動しているから少しくらい食べ過ぎても大丈夫だろうと考えると、なかなかダイエットが上手く行かない傾向があります。

腹7~8分目といった適量を栄養バランス良く摂る食生活を心がけ、適度な運動をすることではじめて健康的なダイエットができます。

胸痩せしない対策を取る

女性の場合になりますが、基本的にバストは有酸素運動によって痩せやすい部位になります。

脂肪は柔らかく温かい箇所から落ちていく傾向があるので、胸の脂肪は他の脂肪よりも、早く消費されやすいのです。

そして、トランポリンに乗ることよって揺れることで、更に燃焼されやすくなる他、胸にはクーパー靭帯といってコラーゲン繊維でできた組織が張り巡らされています。

このクーパー靭帯があるお蔭で、胸の形が綺麗に保たれています。

そしてこのクーパー靭帯は激しい運動で切れる恐れがあり、トランポリンで切れてしまう可能性があります。

クーパー靭帯は一度切れると戻りません。

従いまして、胸が揺れないようにする対策が必要です。

その方法の1つとしてスポーツブラの着用があります

スポーツブラを着けると胸の上下を軽減することができます。

トランポリンの使用上の注意

トランポリンを使用する際には、使用上の注意を守る必要があります。

トランポリンの取り扱いに慣れていない人は、トランポリンに乗る前にそのトランポリンの使用上の注意をよく読んで理解し、事故を防ぐようにしましょう。

耐荷重がありますので、購入されるトランポリンが自分の体重に対応しているかの確認を必ず行いましょう

多くの場合トランポリンは80kg~150kgの間で設定されており、100kg前後が多いようです。

安全な場所での使用

トランポリンを使用する際には、安全な場所で使用するようにしましょう。

広い場所で使用し、周りに障害物がないようにしましょう。

騒音に注意

トランポリンを行うと基本的に音が出ます。

マンションにお住まいのご家庭をはじめ、ご近所さんに迷惑にならないか注意が必要です。

騒音対策としては金属のバネで作らたものではなく、ゴムのバンドを使ったトランポリンを選択するとか、トランポリンの下にフロアマットを敷くといったものがあります。

ご参考までにフロアマットを購入できるサイトを紹介致します。

実際には購入されるトランポリンに合ったサイズや厚みなどを意識して選びましょう。

家庭用トランポリンの種類

家庭用のトランポリンの種類としては固定式、折り畳み式、ミニ、手すり付き、水中、着床式などがありますが、ここではより一般的な「折り畳み式」「ミニ」「クッション」「手すり付き」について紹介したいと思います。

折り畳み機能が付いているトランポリンが多くミニタイプで折り畳み機能が付いている物も多く見かけます。

従いまして、明確な種類の切り分けはできませんが、概ね上記のような分類の仕方ができるという風に捉えて頂ければと思います。

折り畳み式トランポリン

通常のトランポリンと同じように弾力性のあるフレームと弾性素材でできた跳ね板から構成されていますが、折りたたみ可能な構造を持っています。

この構造により、トランポリンを使用しない時はコンパクトに折りたたむことができ、収納スペースを節約できます。

折り畳み式トランポリンは屋内でも屋外で使用でき、子供も大人も健康的な運動をするのに最適です。

一般的には、ジャンプ力やバランス感覚、筋力などの向上に役立ち脂肪燃焼や心臓機能の向上、ストレス解消などの健康上の利点もあります。

通常のトランポリンよりも小さいため、より狭いスペースで使用できる利点があります。

また、折りたたみ可能な構造により、収納や移動が簡単であるため、場所を選ばずに使用することができます。

しかし、折り畳み式トランポリンは、通常のトランポリンよりも強度に劣る場合があります。

また、小さなサイズのため、大人が使用する場合は制限される部分があります。

使用前に、必ず安全上の注意事項を確認し、トランポリンを正しく使用するようにしてください。

参考までに、折りたたみ式トランポリンを1つネット販売サイトから紹介させて頂きます。

ミニトランポリン

その名の通り小型のトランポリンで、屋内で使用することができます。

折り畳めるものもあります。

一般的に、運動やエクササイズ、リハビリなどに使用されます。

ミニトランポリンを使用することで、有酸素運動や筋力トレーニング、バランス感覚の向上などの効果が得られます。

ミニトランポリンは、通常、直径30〜40インチの円形のプラットフォームと、その上に張られた弾性のある素材で構成されています。

一般的には、足首の運動、スクワット、ランニングなどのエクササイズが行われます。

ミニトランポリンは、屋内で簡単に使用でき、短時間で効率的なエクササイズができるため、健康的なライフスタイルに取り入れることができる便利なトレーニング器具の一つです。

しかし、安全に使用するためには、適切な靴を履いたり、バランスを保ったりするための手すりがある場合には使用した方が良いなど、注意点もあります。

参考までに、ミニトランポリンを1つネット販売サイトから紹介させて頂きます。

折り畳み機能も付いており、かなりコンパクトになって持ち運びに便利です。

トランポリンクッション

上に乗って跳ぶことで、ジャンプ運動や体幹トレーニングができるクッションです。

エクササイズ専用器具と違って、インテリアを邪魔しないデザインのものも多く、お部屋に置いてフロアスツール(床に置いて使用する小さな椅子)として使うこともできるアイテムです。

一般的なトランポリンはどうしても音が響いてしまいますが、トランポリンクッションは音が響きにくいといったメリットがあります。

参考までに、トランポリンクッションを1つネット販売サイトから紹介させて頂きます。

本格的なバネが入っており、かなり飛び跳ねられるので楽しめるようです。

手すり付きトランポリン

これは名前の通り、手すりがついたトランポリンです。

手すりがあることで、トランポリンの上での安定性やバランスを保ちやすくなり、怪我をしにくくなります。

また、手すりをつかんでジャンプすることで、より高くジャンプすることができたり、トランポリンでの様々な運動をより安全に楽しむことができるといったメリットがあります。

参考までに、手すり付きトランポリンを1つネット販売サイトから紹介させて頂きます。

高さ調整ができるので、子供から大人まで、自分に合った高さに調整ができます。

また折り畳み機能も付いています。

よくある質問

トランポリンダイエットは、どのくらいの時間行えば効果が出ますか?

トランポリンダイエットは毎日30分程度行うことがおすすめです。

最初はおそらくほとんどの方が30分行うのは体力的にしんどいと思われます。

自分の体力に合わせて、短い時間からスタートし、体力に応じて少しずつ時間を延ばして行くことがおすすめです。

もちろん1日の中で10分ずつを3回行うというのでも良いです。

トランポリンダイエットを行うと、どのくらいのカロリーを消費できますか?

おおよその消費カロリーは次の計算式で求まります。

消費カロリー(kcal)=1.05×運動強度(メッツ)×運動時間(h)×体重(kg)

トランポリンの乗り方にもよりますが、気晴らし程度で乗った場合の運動強度は3.5メッツなので、これで体重50kgの方が30分間行ったとしたら

1.05×3.5×0.5×50≒92kcalとなります。

気晴らし程度で乗った場合なので、もう少ししっかりと行って4メッツと想定すると105kcalくらいの消費が期待できます。

トランポリンダイエットを始める前に、何を準備すれば良いですか?

トランポリンで事前に準備しておくことは、もちろん室内用のトランポリンと体を動かしやすいウエアーを用意しましょう。

また既に記載していますが、トランポリンの使い方や安全について、事前に調べておくことが大切です。

トランポリンダイエットは、どの年代に向いていますか?

トランポリンダイエットは年齢や性別に関係なく、誰でも行うことができます。

特に、運動不足や運動が苦手な人には、楽しく続けやすいトランポリンダイエットはおすすめです。

但し、どの年齢でも無理をせず、自分の体力に見合った運動を行うことが大切です。

最後に

トランポリンダイエットは、楽しく続けることができ、十分効果を期待できるダイエット方法です。

トランポリンを使った運動は、全身の筋肉を鍛えることができ、ダイエットだけではなく、健康維持にも役立ちます。

但し、トランポリンダイエットをする際には、怪我などしないよう注意点に気をつけ、安全に行うようにしましょう。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました