30代のダイエット方法!女性におすすめの筋トレや運動・食事方法

年齢・性別

30代女性のダイエット方法【ストレッチや運動・食事内容】

体の老化を少し感じ始める30代は若いころと比べるとダイエット効率が落ちます。

ですので30代女性の方はその年代にあったおすすめの筋トレや運動、食事方法などをある程度考慮して動かないといけません。

ただし20代と比べて大幅に劣化しているというわけではありませんので、そこまで格差を設けなくても大丈夫なケースもあります。

そこで、今回は30代女性向けのダイエットについて考えていきたいと思います。


Sponsored Link


30代になるとなかなか痩せない?20代との違いは?


基本的に人体というのは20代で完成されるものであり、それ以降は衰えていく一方です。

つまり、30代になれば体力の低下や老化が当たり前のように発生するのであらゆる面でマイナス要素が働くようになります。

その中でも痩せにくくなったという要素は基礎代謝が一気に減少して消費カロリーが減ってしまったことが一番大きいでしょう。

10代の中頃が一番基礎代謝が激しい状態でピーク時は1400kcalほどあったのに、30代になると1100kcak程度に落ち込むのです。

男性の場合はそこまで激しく落ち込まないのですが、女性のこの基礎代謝の急落は回避することが困難になっております。

この300kcalがすでに大きなマイナスであり、若いころと食事の量はほとんど変わっていないという人でもなぜか太ってしまったり、多少食事の量を減らしたところで全く効果がないという状態が多発します。

30代女性の基本的なダイエット方法の考え方


これは非常に難しいことであり100人いたら100人に満足できるダイエットを提供することは出来ません。

ただし、どんな環境にある人だって同じ30代女性に言えることは「10代や20代のころに実行して痩せたダイエットをそのまま実行しても効率は非常に落ちる可能性が高い」ということです。

基本的に、ダイエットは相性がありネット上で評判が高いものでも全く成果が出ないケースも多々あります。

これはほとんどの方々が理解しているので、自分の成功体験を最優先することが基本となります。

しかし、20代や10代のころに実行して成功したダイエットをそのまま用いてもいろいろと衰えがみられてくる30代では成功する確率が著しく低下しているという現実を受け入れるべきです。

それらを納得したうえで、さらなる努力が求められていると考えましょう。

おすすめの筋トレ3選

次は30代にも効果がある筋トレを紹介いたします。

まだまだ動かせるからだなので、多少の無茶は効く前提で紹介いたします。

もちろん、きつかったのならば回数や難易度を落として構いません。

①腕立て伏せ

30代の身体で順調に太っているという方は、昔出来たことがほとんどできなくなります。

その筆頭が腕立て伏せのような筋肉が必要なトレーニングです。

腕立て伏せは腕の幅を広げると大胸筋のエクササイズになって、腕の幅を小さくすると二の腕を重点的に鍛えるエクササイズになります。

腕立て伏せのやり方は多くの方がご存じかと思いますが、上記動画は腕立て伏せができないという方向けのものとなっています。

やりたいんだけどできないという方はぜひ参考にしてみて下さい。

②スクワット

スクワットは正しくない姿勢で行うと、膝と腰を痛める確率が上がりますがしっかりと説明された動作通りに再現できれば膝にも腰にもダメージはほとんどありません。

むしろ全身を鍛えるために有用なトレーニングとなってくれます。

③ランジ

30代女性で悪影響が出やすい部位は二の腕やお腹周りや下半身です。

下半身はしっかりと鍛えている人は少ないので、脂肪が蓄積されやすいのです。

それを解消するためには動画のようなランジを行って太ももをしっかりと鍛えてください。

おすすめの有酸素運動3選

次は30代女性にお勧めと言える有酸素運動を紹介します。

①ウォーキング

これは仕事帰りに運動をする時間を増やしてほしいという気持ちもありますが、社会人は運動をする時間の確保も難しいので、帰るときに一駅分だけ歩くといった工夫をするために設けました。

一駅分だけ歩くだけでも消費カロリーは増やせますので、正しい歩き方で歩く距離をのばしましょう。

②フラフープ

そんなに時間が取れないし、家から出たくないという方にお勧めなのがフラフープです。

非常に安価に購入できますし家の中でもこなせる運動なので継続的に続ければ必ず効果が出ます。

③エアロバイク

30代女性はいろいろと忙しく、たまった動画や録画番組を見る時間の確保も難しいので運動に時間を設けたくないという意見も多いです。

そんな人たちにお勧めなのがエアロバイクやロードランナーといった器具を使ったトレーニングとなります。

これならば室内でもできますので、いろいろと見放題です。

適正な食事方法


基本的に、30代になると基礎代謝が低下していくので、食事の量を減らしても問題なく動けます。

消費カロリーが少なくなっているので摂取カロリーも少なくていいのです。

極端に食事制限をして下さいと言っているのではなく、先ほど記載したように10代と比べると300kcalは基本的に減らすような食事にすることが基本になると考えましょう。

それが基本だということを念頭において、そこから糖質や塩分を減らし、余計な油などを減らす工夫を追加していきましょう。

糖質も脂質も塩分も気を付けるような食事をすれば、自然と摂取カロリーも減るようになりますので、食事制限に近い状態になっていきます。


Sponsored Link


そして3食腹7~8分目にとどめ、間食もほどほど(しないのが理想ですが)にしておくことが大切です。

おすすめのストレッチ2選

30代女性のダイエットにはその年代にあった運動を取り入れる必要があります。

おすすめと言えるストレッチを紹介しましょう。

①褐色細胞を刺激する「肩甲骨ストレッチ」

ストレッチは基本的にそれだけで痩せるものではありません。

ストレッチはあくまでも脂肪が燃えやすい状態を作るための基礎的な動作です。

その中でもこの「肩甲骨ストレッチ」は脂肪を燃焼させやすくしてくれるのでかなりお勧めとなります。

ただし、これだけで痩せるわけではありませんので、毎日の日課にして痩せやすい体を作るための基礎と考えましょう。

②足パカ

筋トレとも有酸素運動ともいえない運動ではありますが、これだけでも下半身にかなり効果のある運動だったのでストレッチというカテゴリーで紹介いたします。

非常にシンプルな動作ではありますが、下半身や下腹に効果がありますし、動画のように股関節を回す動作までしっかりとこなすようにすればすっきりした下半身を手に入れることが期待出来ます。

サプリメントも有効?


ダイエットや筋トレの補助的なアイテムとして使えるサプリメントは確かに存在していますが、それだけで痩せられるような魔法の薬はありません。

むしろ、飲むだけで痩せるサプリメントがあれば、まさにノーベル賞ものなので世界中で売られていることでしょう。

あくまでも、補助アイテムとして使えないことはないという認識でいきましょう。

筋トレなどの成果が出やすくするためにタンパク質を補給するなどはおすすめでしょう。

 

30代女性のダイエットにつきましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。

マイナビウーマン 30代女性のダイエットを成功させる方法4つ

 

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回は30代女性のダイエットについてお伝え致しました。

基本的に老化を実感する年代になってしまったのなら、昔行ったダイエットに追加して新たな努力をする必要があると考えるべきです。

しかし、それらの努力を実行する時間がないのも30代なので、出来る限りいろいろと短縮してできるものが推奨されます。

筋トレも有酸素運動も気軽にできるものを用意しましょう。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました