バナナ酢ダイエットのやり方や効果と口コミ!効能は?

スポンサーリンク

バナナ酢の効能とカロリーやダイエット効果!方法と口コミは?

バナナは安くておいしいお手軽な果物の代表格ですが、バナナ酢にすることでダイエット効果が出るという声が出始めております。

一体どのようなやり方をするといいのか、効能はどうなっているのか、そもそも口コミが存在してその中にはダイエット成功報告が存在しているのかも気になります。

そこで、今回はバナナ酢を使ったダイエットについて記載いたします。


Sponsored Link


バナナ酢とは?期待できる効能は?


バナナ酢とはバナナをお酢に浸けることで果物特有の栄養素以外にお酢の栄養素を補給できるようにしたものです。

お酢は単体でもダイエット効果があるとしてよく取り上げられているのですが、このダイエット効果をうまく取り入れて有効活用したものの一つがこのバナナ酢と言えるでしょう。

バナナをお酢に漬け込んだものなので作成難易度は非常に低く材料さえあれば誰にでも作れます。

最近流行りのフルーツビネガーの一つなのでダイエット目的ではないという方でも摂取したことがあるでしょう。

このバナナ酢の効果効能はクエン酸が摂取できることで身体をさび付かせてしまう要因となっている酸化要因を取り除く作用があるのです。

つまり、アンチエイジングやシワといったトラブルを回避する能力があるということになります。

肝臓の働きをサポートして解毒作用を高めてくれる効果もあるのでデトックス効果もあると言えるでしょう。

肝機能がうまく働いていないとデトックス効果が薄れてしまうので老廃物が溜まってしまい身体の中から不健康になってしまいます。

バナナ酢のカロリーは高い?低い?


バナナのカロリーは1本でだいたい100kcalなのでこのバナナ酢もカロリーが高めに見えるでしょうが、あくまでもお酢が主体となりますのでそこまでカロリーはありません。

黒酢は200ccでだいたい100kcalですし、摂取するやり方は他の飲み物に入れて薄めて飲むものなので、このバナナ酢のカロリーはそこまで影響しないのです。

一回の摂取量が大さじ一杯の15ccと考えた場合、このバナナ酢のカロリーは25kcal程度でしょう。

むしろ、何に入れて飲むのかでカロリーが大きく変わると考えてください。バナナ酢を100gと考えた場合は170kcal程度なのでそこまで多くはありません。

カロリーが気になるという方はどのように飲むのかで大きく変わると考えてください。

バナナ酢のダイエット効果


バナナ酢のダイエット効果はお酢に含まれているクエン酸やビタミンB2によるものが大きいでしょう。

お酢にはカルシウム吸収効率を上げる作用もありますし基礎代謝も向上させる作用がありますので、普段から身体を動かす仕事をしている人ならばかなりの効果があります。

ビタミンB2には脂質代謝をサポートする作用もあり人によっては一気に痩せることが出来ます。

他には、バナナの食物繊維とオリゴ糖の力によって便秘が解消される可能性があると言うことでしょう。

便秘が解消されればそれだけで一気に体重が減るケースもあります。

カリウムも含まれているので、余分な塩分を除去する作用が発揮されてむくみが解消される作用も期待できるでしょう。

後はエネルギー代謝を高める作用があるクエン酸によって体力回復効果が高まるので、運動主体のダイエットをしている人にとっては効率が上がりやすくなります

体力がしっかりと回復できるのならば身体もそれだけ動かしやすくなるので体重減少スピードも上がるのです。

バナナ酢の作り方


バナナ酢の作り方は簡単です。

バナナと黒砂糖と黒酢を「1:1:2」の割合で混ぜるだけです。

空き瓶も使うので煮沸消毒した物を用意しましょう。

これらを用意したら、バナナをだいたい1cm程度の大きさに切って砂糖とカットしたバナナを耐熱容器に入れて600wなら30秒、500wで40秒ほどラップをかけずに温めてください。

あとは先ほど煮沸消毒した瓶に移して黒酢を入れるだけです。

その後は12時間ほど寝かせてください。

このように非常に簡単に作ることが出来ますので難易度は低くなっております。

ただし、中に入っているバナナは食べない方がいいと力説する人もいますので、お酢だけを摂取するようにしましょう。

このように用意したバナナ酢を水や牛乳やヨーグルトや豆乳に混ぜて飲むようにしてください。

特に豆乳やヨーグルトと一緒に摂取すれば健康効果が向上します。

バナナ酢はどこで買える?


(NORUCA 飲むフルーツ酢(バナナ酢))

バナナ酢は比較的簡単に作れますが、作るのが面倒という方は市販されているバナナ酢を購入すればいいでしょう。

フルーツビネガーは日本でもそれなりに知られているので、フルーツビネガーの一種としてバナナ酢も売られているのです。

画像にあるのは「NORUCA 飲むフルーツ酢(バナナ酢)500ml(1本入)」となっております。

Amazonや楽天で普通に購入できますので、味が気になるという方は作る前に市販品を購入するといいのではないでしょうか。

ただし、そこまで種類はないので気に入らなかったら自分で作るという考え方でもいいでしょう。


Sponsored Link


バナナ酢ダイエットのやり方


バナナ酢ダイエットの具体的なやり方は先ほど紹介したバナナ酢を水や豆乳などに混ぜて摂取するだけです。

1日に大さじ1杯15ccを必ず摂取してください。

混ぜる具合はバナナ酢1に対して水10の割合になりますので110ccを3回に分けて摂取するのもいいでしょう。

摂取タイミングについてはバナナの食物繊維などの効果を考えるとやはり食前がベストと考えられます。

食前に摂取すればそれだけ血糖値の上昇が防げるようになりますし、胃の中で膨らんで食事の量も減らせるので一石二鳥でしょう。

後は、運動前や運動中に摂取すればクエン酸の効果で基礎代謝が向上して疲労回復効果かが出やすいというメリットもあります。

摂取タイミングは食前と運動にからめてと覚えてしまえば簡単でしょう。

難易度は低いダイエットになりますが、摂取だけではなかなか痩せないので運動をするとかちょっとした食事制限をすると言った工夫は必要になります。

基本は摂取カロリーよりも消費カロリーが上回ることなので、何らかの努力は必須なのです。

バナナ酢だけでは効果が薄いという人は身体を動かしてください。

バナナ酢ダイエットの口コミ


バナナ酢ダイエットの口コミはなかなか見つかりません

バナナ酢に関する情報はネット上にそれなりに落ちているのですが、そこから実際に痩せたという報告まで繋がっていないのです。

SNSを探すと「バナナ酢ダイエットを開始します」とか「バナナ酢ダイエットに挑んでみます」といった報告はあるのですが、実際にどの程度痩せたのかという報告は少なくなっております。

それよりも、Amazonや楽天にあるバナナ酢の商品からダイエット報告があるかどうかを発見した方がいいでしょう。

Amazonの方を一通り全部見てみましたが、口コミがないのでダイエット報告はありませんでした。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はバナナ酢ダイエットについて記載いたしました。

バナナ酢ダイエットは非常に難易度が低いですが、これだけで痩せられるものではないでしょう。

ある程度身体を動かすような仕事をしている人は、基礎代謝がちょっと向上しただけでもそれなりの効果が出る可能性が高いですが、普段から身体をそこまで動かしていない仕事をしている人にとってはそこまでの効果は期待できません。

自分の運動量が多いという人はこのバナナ酢ダイエットを実行することである程度の効果が出ると思われます。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました