ダイエットでの皮余りの解消対策【筋トレ・クリーム・手術】

皮余り

筋トレや食事・手術などダイエット後の皮余り改善策と予防法

ダイエットは多くの方が実行するものではありますが、あまりにもそのダイエットが激しすぎるものになると皮余りが発生したりします。

この皮余りを解消するためにはどのような対策をとればいいのか、筋トレ・クリーム・手術・マッサージ・ストレッチなどいろいろとありますが、どれも効果があるのでしょうか。

今回はせっかく頑張って痩せたのに皮が余ってひどいことになっているという方向けに、どうすればいいのかを記載してまいります。


Sponsored Link


ダイエットで皮余りが起こる原因は?


赤ちゃんを出産したことがある女性ならばわかるでしょうが、赤ちゃんを出産した後もお腹の皮膚はたるみます。

ダイエットは出産ほど極端ではありませんが、脂肪が減ってしまうことで皮膚が余ってたるんでしまうのです。

太ってしまっている人は脂肪によって皮膚の表面がパンパンになっている状態なので、非常に伸びきっています。

これを急激に減らしてしまうと脂肪は減りますが皮の表面積は減らすことが出来ないので、弛みがたくさん発生するのです。

ただし、皮膚はゴムのようなものなので「長期間伸びている状態から縮むほうが、短期間伸びた状態から縮むよりもたるみやすい」という特徴があります。

要するに、長い期間太っている人が一気に痩せた場合には高確率で皮膚のたるみが発生しますが、急激に太ったという人が一気に痩せた場合にはそこまで被害は大きくならないということです。

皮余りを解消する対策

つまり、長期間太っていた人が心機一転とダイエットを一気に推し進めてしまった場合には高確率で皮が余ります。

これを解消するための対策はいったいどうなっているのでしょうか。

筋トレ


単純に皮のみが余っているので見た目がひどいことになっているというケースは実はそんなに多くありません。

筋肉が不足していることでたるんで見えるというケースも多いのです。

特にお腹周りはたるみやすいので、筋肉をしっかりとつければある程度皮のたるみを改善することが出来ます

自重による筋トレも効果的ですが、出来ればある程度の負荷はかけたいので、可能ならばダンベルくらいは用意しましょう。

また、筋トレをしっかりとこなせばそれだけ運動をこなすことにつながりますので、睡眠の質が向上するようになり、成長ホルモンも分泌されやすくなるので肌系のトラブルも解決されやすくなります。

また、急激に体重が減るようなダイエットは糖質制限ダイエットのようなひたすら我慢するタイプのダイエットになりますので、タンパク質不足になって筋肉も急激に衰えているという人も非常に多いです。

たるんだ皮膚をどうにかするとともに、失った筋肉を取り戻すためにもタンパク質を摂って筋トレをするということは必要なことと考えて行動しましょう。

クリーム


これは単品ではそこまで効果はありませんが、保湿や引き締め効果があるクリームをマッサージとともに塗り込めばより効果が期待できるでしょう。

特に、皮膚に弾力性を取り戻したいのならば保湿は必須項目なので、レチノールやビタミンC誘導体が入っているものをふんだんに使いましょう。

ただし塗るだけで改善されるものではありませんので、今まで紹介したものを一式セットでこなすことが必要です。

手術


色々と実行したとけど、なかなか成果が出ず、見た目的にもしばらくひどい日々を過ごすのはもうたくさんという気持ちがわいてしまったという人は最終手段として手術を選択することが出来ます。

この場合に用いられる手術をいろいろと調べてみましたがはっきり言ってめちゃくちゃ高いです。

100万~150万円ほどかかります。

具体的に参考にしたのはこの「大塚美容形成外科(https://www.otsuka-biyo.co.jp/lineup/bodyline/ope/hisetsu.html)」でこのサイトにははっきりと120万円以上かかると記載しています。

手術という方法はある意味最も楽な選択肢ではありますが、さすがに車一台分の料金となってしまいますと割高感が否めませんので、どうしようもないときに講じる最終手段と考えたほうがいいです。

ストレッチ


筋トレほど過酷ではありませんが、ある程度筋肉を伸ばして血行をアップし少しでも肌の張りを手に入れたいという方にはストレッチも有効でしょう。

特に二の腕やお腹などのたるみやすい部位は重点的にストレッチを実行してください。

実行タイミングとしてはお風呂上りなどの身体が温まっているときがいいでしょう。

このタイミングならば代謝効率も上がっているのでストレッチの効果も上がり、基礎代謝も上がって皮膚の再生能力が高まり、皮膚の余分な弛みも解消されやすくなります。

ストレッチボールのような器具を使うとより効果的です。

食事


食事によってすべてを解決させるのは難しいですが、肌に必要な栄養素をしっかりと補給することで皮膚のたるみがなくなるまでのスピードを上げることは可能です。

具体的には、ビタミンB群や亜鉛あたりが必要になる栄養素でしょう。

しかも、ビタミンB群は性質上蓄積が不可能で毎日摂取しないと効果効能が持続しない性質がありますし、亜鉛は皮膚以外にも髪の毛やストレスなどいろんな分野で必要な栄養素であり、しかもストレスがひどすぎると加速度的に消耗する性質にあるのでこちらも頻繁に不足します。

要するに、両方とも不足しがちな栄養素になってしまいますので、意識して摂るようにして、どうしても不足するという方はサプリメントなどを使って意識的に補ったほうがいいでしょう。


Sponsored Link


だからと言って今度は摂りすぎにも十分注意しましょう。

マッサージ


究極的に言ってしまえば、皮膚のたるみをどうにかする方法は皮膚の再生速度を最大限に加速することにあります。

その方法の一つが栄養素の補給であり、筋肉を取り戻すことであり、血行を促進することです。

この血行促進に役立つのがマッサージでしょう。

たるんだ部分をひたすらもみほぐしてさすり上げるようにすれば、血行が良くなって老廃物や不要な水分が除外されやすくなります。

肌に必要な栄養素も届く確率が高まりますので、皮膚のたるみもなくなりやすくなるでしょう。

予防方法は?


せっかくきれいになるためにダイエットをしたのに、皮余りがひどすぎると綺麗とは言えないと感じたりするので、そう感じてしまうとダイエットの意味が大きく薄れてしまいます。

この皮膚余りは急激な体重減少・皮下脂肪のためすぎ・筋肉量の低下・肌の弾力性の低下・新陳代謝の低下などの原因によって多く発生するようになるものです。

つまり、これらの原因を排除しないと皮余りが発生する確率はゼロにはならないということです。

特に厄介なのが急激な体重減少と皮下脂肪のためすぎでしょう。

これらはある意味ダイエットの努力と反比例しており、「体重が増えてしまったから余剰な脂肪を減らそうと頑張って努力した結果、多くの皮膚余りが発生する」という仕組みになっております。

要するに、急激に体重を落とすのではなく、じっくりと落とすようにすれば皮膚余りはかなり避けられるということです。

短期間で急激に痩せるのは体の負担も大きいので避けましょう。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はダイエットにおける皮余りについて記載いたしました。

ダイエットの皮余りはある意味自分のダイエットにおける努力の成果なのですが、このような成果はこちらから願い下げであり、はっきり言ってものすごく有り難くないものです。

この皮余りを防ぐにはできるだけじっくりとしたペースで痩せること、筋肉を落とさないことなどが重要なので、急激なペースで痩せるダイエットはやはり危険でしょう。

無理なくじっくりと痩せることを心がけるようにしましょう。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました