ひねり運動7秒ダイエットの効果的なやり方!有効な器具は?

運動

ひねり運動7秒ダイエットの本と効果や方法!口コミは?

ひねり運動は様々なダイエットに用いられますが、要点やコツを理解することで7秒ダイエットとして効果があるやり方に化けると言われております。

具体的にどのような器具を使うのか、やり方はどのようなものなのかこれだけではわかりませんので詳細を欲するところでしょう。

そこで、今回はひねり運動7秒ダイエットについてお伝えいたします。


Sponsored Link


ひねり運動7秒ダイエットの効果的なやり方【概要】


ひねり運動とはどのような運動なのかを知っている人は非常に多いですが、これがひねり運動7秒ダイエットとなるといったいどのような運動になるのかわからない人も多くなってしまいます。

このひねり運動7秒ダイエットとは時短ダイエットの一種でありアイソメトリックストレーニングの一種となっております。

このトレーニングの基本的な考え方は一定の姿勢をキープしつつ7割程度の筋肉負担を維持し続けるというものです。

これがひねり運動7秒ダイエットとなった場合はキープ時間が7秒となります。

ただし、この7秒間は呼吸を止めません。

7秒とする理由は諸説ありますが、人体における筋肉の負担が十分にかかる時間が7秒からきていると言われております。

7秒のキープで効果が出るということなのでしょう。

具体的なやり方【器具無し】


ひねり運動7秒ダイエットの基本的な考え方は引き締めたい部位を意識して力を込めて7秒間キープするというものです。

いくつか紹介しますがこの考え方が基本となります。

くびれを作りたい場合は横腹を強く刺激する必要があるのでそのようなトレーニングを実行する必要があります。

以下がその行動内容です。

仰向けに床に座って両足の膝を90度に曲げて立て、肩幅程度に開く→両手を頭の後ろで組む→お腹を凹ませつつ背中を床から離れるように腰を床に押しつける→この状態で体を左右にひねる、ひねった状態で7秒キープする

非常に簡単な内容ですが、これを左右1セットとして3セット行ってください。

下腹を鍛えたい場合は同じ体勢からひねるのではなくおへそが見えるくらい上体を起こして7秒間キープしましょう。

大胸筋を鍛えたい場合は胸の前で拝むように手を合わせてめいっぱいの力で7秒ほど押し込むという運動になるでしょう。

有効な器具3選

ひねり運動にはいろんなものがありますので、今度は器具を使ったひねり運動をいくつか紹介します。

ひねり運動7秒ダイエットの効果が実感できたという方は下記で紹介するものも取り入れてみましょう。

①ツイスター


(楽しくお腹まわりを引き締めたいなら「ツイスター」!!)

健康器具はいろんなものが世の中には出回っておりますが、その中でもひねり運動を効率よく取り入れようとした器具がこの「ツイスター」です。

似たような商品は大量にありますし1000~8000円程度でAmazonや楽天に用意されているのでそちらを用いると良いでしょう。

②ダンベル

(【初級】トレーナーが教えるトレーニングの基本「サイドベント」 【腹斜筋】)

ダンベルを使ったトレーニングは筋トレの基本ですが、効率よく腹斜筋を鍛えたい場合にはこのようなサイドベントがいいでしょう。

非常に簡単なトレーニングでありダンベル選びさえ間違えなければ誰だって実行可能なので、くびれがほしいという方は取り入れてみましょう。

③ワンダーコア

(ワンダーコア ツイスト)

腹筋運動に使われることで有名だったワンダーコアですが、ツイスト運動がしやすくなった器具も用意されましたので、家の中で鍛えたいという方にはこのワンダーコアツイストを購入してみると良いでしょう。

ただし、1万円以上するので簡単な購入は出来ないでしょう。

ひねり運動7秒ダイエットの具体的な効果は?


このひねり運動7秒ダイエットの効果は痩せるというよりはウエスト周りを引き締める効果がかなり強いので、くびれが出来やすいというところでしょう。

現代人のお腹周りは意識してトレーニングをしない限り鍛えられない部位になっているので、たるんでいる人が圧倒的に多くお腹がたるんでいることがデフォルトになっているのです。

しかし、これは筋肉がある程度つけられるトレーニングとなるのでお腹周りの筋肉が発達してたるんだお腹が引き締められることが期待できます。

その結果くびれができるようになると言うことです。

世の中にはいろんなダイエットがあり体重が減りやすいものもありますが、筋肉がほとんどつかないダイエットも非常に多いので体重は減ったけど体形的にはあまり変わらないというパターンも多々あります。

このひねり運動7秒ダイエットはその逆で、「体重はあんまり変わらないけどウエスト周りといった見た目が変わりやすいダイエット」となります。

但し、かなりたるんでいる方は別途有酸素運動を行い、無駄な脂肪を燃焼させる必要があるでしょう。

気を付ける点は?


特に気をつけるべき点はありませんが、意識してもらいたいのはこの運動は息を止めて行うものではないと言うことです。

必ず呼吸をしながら続けましょう。

また、このひねり運動7秒ダイエットはどのようなトレーニングを実行するのかが人それぞれにゆだねられている傾向が非常に強く、本格的にウエスト周りをどうにかしたいという方はいくつかのひねり運動を取り入れる必要があるでしょう。

これが二の腕や太ももとなった場合はその部位に効果があるトレーニングを取り入れる必要があります。

要するに、全身に効果があってウエストも減らせるような7秒運動ではないということです。


Sponsored Link


また、このひねり運動7秒ダイエットは脂肪燃焼効果が高い有酸素運動をじっくり行うタイプでもないので体重変動はそこまで大きくありません。

人によっては体重の減りが全く発生しないでしょう。

「ひねり運動」7秒ダイエットの本がある?


(「ひねり運動」7秒ダイエット)

ダイエット関係の本は昔から大量に売られていましたが、このひねり運動7秒ダイエットもかなり昔から考案されていたようで、10年以上前から本として紹介されていたようです。

2007年発売の本なので非常に安く購入することが出来ます(Amazonで安いものは1円という価格設定がされており、なんともすごいことになっています)。

ネットだけの情報だけでは不安という方は1円の参考書を購入してしまいましょう。

送料がかかってしまうので実質的にはそれ以上かかってしまいますがそれでも安いです。

口コミは?


参考となる本が10年以上前に出ているということでネットに口コミはそんなに載っていないだろうと予想していましたが、案の定口コミはほとんどありません。

口コミはこのひねり運動7秒ダイエットについて詳しく記載されている本の評価から拾っていきましょう。

それらの評価を見てみるとやはり体重が減ったという報告はほとんどありません。

痩せたという報告はありませんが「引き締まった」といった口コミは多数ありますので、ウエスト周りを気にしている人にとってはうれしい結果と言えるでしょう。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はひねり運動7秒ダイエットについてお伝えいたしました。

これはダイエットと言うよりもたるみを減らして引き締めるための筋トレに近いものです。

ただし、筋トレに比べると難易度は低く簡単なので誰でも実行可能という利点があります。

より大きな効果を得たいという方は、本格的な食生活改善と筋トレをこなさないといけないということは覚えておきましょう。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました