カフェインダイエットはサプリ【錠剤】を運動前や筋トレ前に?

カフェイン




ダイエットでのカフェインの摂取量やタイミングと効果の口コミ

カフェインの効果は色々とあるので様々なところで実用的な使われ方をしておりますが、実はダイエット効果もあるという情報もあります。

ダイエットで使うのなら摂取するのはサプリ錠剤がいいのか、筋トレといった運動前のタイミングで摂取するのが有効なのかなど効果を出す方法が気になるところです。

そこで、今回はカフェインダイエット効果についてお伝えし、摂取方法やタイミングについても解説いたします。


Sponsored Link


カフェインダイエットって何?


カフェインは眠気覚ましに効果があるとはよく知られているかと思います。

コーヒーを筆頭に種類にもよりますが、お茶なんかにも含まれています。

このカフェインの成分の中にダイエットにも有効なものがあるようで、これを生かしてダイエットに繋げましょうというものです。

詳しくは以下を読み進めて行って下さいね。

カフェインのダイエット効果は?


そんなカフェインは果たしてどこまでのダイエット効果があるのでしょうか、利尿作用だけでは効果的とは思えません。

色々と調べてみた結果、このカフェインには脂肪を燃焼させる酵素のリパーゼを活発に支える作用がありますし、褐色脂肪細胞を活性化させて余分なカロリーを消費しやすい状況にしてくれるという情報がありました。

また、カフェインには眠気を吹き飛ばすレベルに交感神経を活性化する作用がありますが、交感神経が活性化すればするほどエネルギーがより効果的に消費されるようになりますので、こちらもダイエットと関わりがあると言えるでしょう。

つまり、カフェインを飲むことで発揮されるダイエット効果を簡潔に述べてしまうと「脂肪を燃焼させる効率が上昇する」となります。

ダイエットに効果的なカフェインの量は?


ただし、このカフェインを大量に飲むと色々な副作用が発生するので量については注意するようにと指摘する声があります。

実際にカフェイン中毒になると嘔吐・悪心・不整脈・けいれん・不眠・神経過敏といった症状が出るようになってしまうので、非常に危険です。

これは人によって意見が異なりますが日本の食品安全委員会などが出している情報などをまとめると、健康的な成人の場合は1日で400mgが安全といったものや1度の摂取は体重の3mg/kgが安全という情報がありましたので、目安はこのラインにするといいでしょう。

ちなみに、コーヒー100mlでだいたい60mgのカフェインが含まれていますので、60kgの人は1度に3杯以上のむのは危ないということになります。

ダイエットに効果的なカフェインを取るタイミング【運動前?】


カフェインによるダイエット作用が脂肪の吸収を抑えるとかお腹を満腹にさせるといった作用ではなく、あくまで「脂肪燃焼効果を上昇させる」といったものでした。

つまり、脂肪を燃焼させるような行動を積極的にとっていないとあまり意味がないということになります。

この脂肪燃焼効果をより実践的にするためにはカフェインを摂取するタイミングが重要になりますが、こちらはほぼすべての方が同じような意見で固まっております。

それは「運動の15分前」です。

ダイエット中に脂肪を燃焼させるためには脂肪燃焼効果がより重要になりますが、カフェインの脂肪燃焼効果を高めるリパーゼの活性化といった作用は摂取してから15分後くらいに発揮され始めますので、運動をする直前というよりはある程度予定を組んでおいてタイミングを見計らって摂取するという形になるでしょう。

筋トレ前にカフェインを摂るのも効果的?


脂肪燃焼効果の上昇による作用はつまり有酸素運動の効率が上昇することを意味しておりますが、筋力を増やすためにも必要になる筋トレはどのような扱いになるのでしょうか。

答えは、カフェインを飲むことで無酸素運動に該当する筋トレなどの効果も高まるというものでした。

これは有酸素運動の時に有利になる作用とは別の効果が働いております。

カフェインを摂取すると実は筋肉内のカルシウムイオンが増えます。

このカルシウムイオンが増えると筋肉が収縮されやすくなるので、より効果的に筋トレの効果が出やすくなるのです。

要するに同じようなトレーニングだったとしても筋肉量がアップしやすくなると言うことです。

この作用によって、有酸素運動や無酸素運動にかかわらず、何らかの運動をする場合には運動前にカフェインを摂取するのが有効であるという意見が多数見受けられました。

カフェインを摂る手段は?サプリ【錠剤】が効率的?


問題となるのは摂取方法です。

カフェインを摂取する場合にはコーヒーや紅茶といった飲み物に含まれていますので、そちらからの摂取が推奨されることも多いのですが、カフェインの摂取源には食べ物や飲み物以外にサプリメントも存在しているのです。

実際にサプリメントとして売られているカフェインが多めの商品は「ダイエット効果があります!」というよりは「眠い目がスッキリ!」とか「睡魔と戦えます!」といった別の用途で紹介されておりますので探すときには注意してください。

具体名としては楽天などの通販ショップでも売られている「カフェイン200mg 100粒×3個でメガシャキッ!」などが該当します。

たくさん入っているのにお値段も4000円以下なので相当安いです。

サプリメントでは効果がないと断言する人もいますが、サプリメントを使って運動をしたら痩せたという人もいますので、どちらを信じるのかはその人次第になるでしょう。


Sponsored Link


カフェインによりダイエットの口コミは?


カフェインダイエットはそこまで有名なダイエットではありませんが、実行者はそれなりにいるので口コミもSNSではなく掲示板の書き込みなどでもある程度は拾うことができます。

ただし、全く運動をしていない人たちの声もありその人たちは「コーヒーなどを飲んでいたけれど痩せなかった」という記載をしております。

今回の記事でも説明したように、コーヒーのダイエット効果を発揮させるためには運動が必須なのでそれだけは忘れないようにしてください。

実際に運動と併用した人や食事の量を意識した人は「半年で10kg痩せました」という声がありました。

そもそもカフェインとは?効能は?


カフェインは天然由来の塩基性の有機化合物の総称であるアルカロイドの一種です。

もともとはテインとも呼ばれていた物質で、苦みを持たせる効果があるのが特徴となっております。

このカフェインは苦みによって他の動植物に食べられないように身を守っていたので、自己防衛本能の結果備わった機能とも言えるでしょう。

このカフェインはアデノシン受容体に拮抗して中枢神経を興奮させる作用があり眠気を吹き飛ばす効果があります。

これは非常に有名なので眠くなったらコーヒーといったカフェインによる対策を当たり前のように行使している人もいるでしょう。

それ以外には、利尿作用・強心作用・解熱作用・鎮痛作用などが備わっています。

特にカフェインには頭痛に対して効果があると言われており、血管が拡張することで引き起こされているような偏頭痛には効果が期待できるとされているようです。

また、カフェインによるダイエット効果のお話をすると必ず関わってくるのが利尿作用で、血液の中にある余分な水分を除去できるようになります。

この効果はかなり短期間でも表れるので、水が溜まってむくむような方においては人によって1ヶ月もあれば見た目がすらっとするようになるようです。

カフェインダイエットはサプリ【錠剤】を運動前や筋トレ前に?のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はカフェインを使ったダイエットについてお伝えいたしました。

カフェインのダイエット効果は色々と調べると意外に本格的な効果として発揮されるものなので、運動と組み合わせることで効率よく痩せることができるのでしょう。

ただ単に、コーヒーや紅茶をたくさん摂取すれば痩せるというものではありませんので、その点は注意して実践してください。

飲み過ぎはむしろ危険なので推奨できません。


Sponsored Link


コメント