生姜スープのダイエット・デトックス効果とレシピ!チューブはOK?

スープ

生姜スープの効能やダイエット効果と飲み方!レシピは?

生姜はダイエット効果が高いとしてよく紹介されますが、生姜スープにしてしまった場合でもデトックス効果が働いてダイエット出来るという声もあります。

しかし、それらのスープはチューブを使った生姜レシピでもいいのでしょうか。

今回は、この生姜スープダイエットについてひたすら探っていきます。

一体どのようなスープに仕上がっているのか、どのような効果があるのか、普通の生姜よりも効率はいいのかを見ていきましょう。


Sponsored Link


生姜スープのダイエット効果は?


生姜スープのダイエット効果は基本的には生姜に依存します。

簡単に記載すると、胃腸の調子を整えて便秘を解消する効果や、基礎代謝を向上させることで効率よく痩せられるようになるのです。

特に有効な成分は「ジンゲロール」「ショウガオール」「ジンゲロン」の3つの成分で、辛み成分であるジンゲロールは血糖値の上昇を抑制して脂肪を分解する効果をもたらしてくれます。

ショウガオールも身体を内側から温める効果や胃腸の動きを活発にする効果がありますので痩せる効果があると言えるのです。

特にショウガオールはジンゲロールが加熱することで得られる成分なので、スープにして温めることで効率的に摂取できるようになるのです。

一昔前にかなり話題になったレンチン生姜ダイエットはこのショウガオールの効果を狙っているダイエットの一つで、効果があったという声が多数あります。

これはそのレンチン生姜ダイエットに近いのです。

栄養と効果・効能【デトックス?】


生姜はとにかく健康面でのプラス作用が大きいので、健康を意識しつつある現代人にとって重宝されている食べ物の一つです。

具体的に効果効能を列挙していくと、基礎代謝を向上させる・糖尿病リスクを減らす・生理痛を和らげる・胃の調子を整える・つわりを和らげる・殺菌作用によって健康を維持する・デトックス効果があるので身体に溜まった毒素を外に出してくれるといった効果があります。

このように簡易的に列挙しただけでも色々と並びますので、どれだけ使い勝手がいいのかがよくわかります。

代謝アップや糖尿病予防などの効果がありますので、ダイエット効果も高いと言われ続けているのです。

生姜スープレシピ3選

それでは具体的にダイエットにおすすめと言える生姜スープをいくつか紹介いたしましょう。

生姜スープはかなりバリエーション豊富に備わっているので、レシピもたくさんあります。

その中からダイエット向けとして使い勝手がいいものを探していきましょう。

①ポカポカ代謝UP★きのこの生姜スープ

【材料】(4人分)

■ きのこ類、椎茸・えのき・しめじ等お好きな分量、ごま油大匙1、水400㏄、生姜蜂蜜(下ろし生姜代用可)大匙1、鶏がらスープ(顆粒)大匙1、黒酢大匙2、オイスターソース小匙1~2、ホワイトペッパー少々、塩少々、わけぎ適量

【作り方】

1.鍋にきのこ類を入れ、ごま油で炒め、塩胡椒で味を調える。

2.水を加え鶏がらスープを入れ、ひと煮立ちさせる。

3.オイスターソースと蜂蜜生姜を加え、最後に黒酢を入れ味を調える。

4.最後にわけぎを散らして出来上がり。

ダイエット時におすすめのキノコ類をうまく使っているダイエット向けの生姜スープです。

キノコ類はローカロリーの代名詞なので、生姜スープとセットにすることで満腹感があるのに栄養価もかなり摂取できる素敵なスープになってくれます。

 

出典:cookpad https://cookpad.com/recipe/2487195

 

②豆腐の生姜スープ

【材料】(4人)

絹豆腐1丁(400g)、ねぎ(白い部分)1本、生姜のすりおろし大さじ1強、○水1000cc、○ウェイパー20g、白いりごま大さじ1、ごま油小さじ1/2~1

【作り方】

1.ねぎは小口切りにして水にさらし水気を取る。生姜はすりおろす。

2.豆腐は食べやすい大きさに切り、竹串などで適当に穴をあける。

3.水・ウェイパーを鍋に入れ煮立たせスープを作る。豆腐・ねぎを加え、弱火で煮立てないように約8~10分煮る。

4.火を止め生姜を入れる。好みで炒りごまとごま油を足す。

※味が足らない場合は塩で調整をして下さい。

生姜スープと豆腐を組み合わせたヘルシーなダイエットスープです。

基礎代謝の向上も期待できますが、タンパク質の補給にも使えますので、運動をしたいという方向けのスープとも言えます。

タンパク質を補給することが筋トレやダイエットでは必須になりますので、効率的に摂取できる体制を作りましょう。

 

出典:cookpad https://cookpad.com/recipe/2431934

 

③簡単!朝食◎手羽元とキャベツの生姜スープ

【材料】

手羽元6つ、キャベツ2分の1(小さめ)、★中華だし大さじ1、★塩少々、★酒小さじ2、★昆布酢(極)生姜味大さじ1、★白ごま適量

【作り方】

1.手羽元を表面に焼き色がつくまで炒めます。

2.キャベツは大きめに切ります。

3.炒めた手羽元が浸るくらいお水を入れキャベツを加えます。

4.★を加えて10分から20分煮て出来上がり(*^^*)

できる限りシンプルなスープを紹介してきましたが、これはもっとしっかりと食べられる生姜スープです。

ここまで具材がしっかりしていたらこれだけでも朝食として満足できる一品になりますので、ある意味でダイエット向けと言えます。

 

出典:cookpad https://cookpad.com/recipe/5125769

 

生姜チューブを使ってもOK?


これはいくつかの記事や紹介を確認したところ、生姜チューブを使ってスープにしてもダイエット効果は問題なく発揮されるという意見がありました。

レンチンダイエットで生姜チューブを使った場合、爆発してしまって大問題になったというケースもありますのが、あくまでスープに使うといった場合ならば爆発する心配は無いでしょう。

安心して使うことが出来ます。

ちなみに、爆発してしまった原因は生姜の水分が飛んでしまい発火してしまったというケースや、ワット数が間違っているという話もありましたが、生姜チューブに含まれている何らかの成分がレンジで温めると爆発させてしまっているという記載がありました。


Sponsored Link


このように情報を集めてみると怖いものがありますが、スープに入れるといった対応ならばこれらの恐怖と対面することはありません。

ダイエットのやり方は?


この生姜スープを使ってダイエットをする方法は生姜スープを食事時に摂取するだけです。

難易度は非常に低いものとなります。

ただし、効果効能を高めるためには食事の最初の方に食べるようにして、全体的な食事量を減らすことが大切になるでしょう。

生姜によるダイエット効果は消費カロリーを増やして太りにくくすることにありますが、効率的に痩せるためにはこの消費カロリーを増やしてくれる作用を効率よく使うために運動をする必要もあります

運動をしたくないから生姜スープに頼るという方は必然的に食事の量を削るしかないでしょう。

最初に食べることで食事の量をある程度は減らすことが出来ますが、それだけではそれほど痩せる効果は期待できないでしょうから、ある程度意識してカロリーと糖質を削っていく必要があります。

運動前に飲むのも効果的?


先に少し触れていますが、運動前の生姜スープはもちろん効果的です。

基礎代謝がアップして脂肪燃焼効果も高まりますので、お昼や朝食のタイミングで生姜スープを摂取してある程度消化が進んだ後に運動をすれば効果が上がるのです。

もちろん、基礎代謝の向上というのは普段の何気ない動作における脂肪燃焼効率のアップと言えますが、これらの効果効能をより効率よく得たいという方は運動をすることが必須となります。

運動をしたくない人向けとして生姜が紹介されることも多いのですが、少しでも効率を上げたいという方はやっぱり運動を取り入れてください。

おすすめの具は?


生姜スープはいろんな具とセットにすることが出来ますが、あくまでもダイエットと考えた場合はヘルシーなキノコや玉ねぎや豆腐や長いもあたりでしょうか。

とくに豆腐のようなタンパク質を補給できる食材はダイエット向けなので使い勝手は非常に良いのです。

他に参考になるのはデトックススープに使われている食材でしょう。

具体的にはキャベツ・セロリ・トマト・玉ねぎ・ピーマン・にんじん・舞茸・ごぼう・大根などが該当します。

これらの野菜やキノコをうまく使って効果的なスープを作ってください。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回は生姜スープダイエットについて記載いたしました。

生姜スープのダイエット効果は本物だと感じておりますが、効率を上げるためにはやっぱり運動は必須でしょう。

運動がない場合の難易度は非常に低いですが、効果も薄くなります。

それでもジワジワと痩せていくかもしれませんが、もっと効果を高めたいという方は食事制限や消費カロリーを増やす運動をセットにした方がいいでしょう。

代謝効率を上げてダイエットしやすい状態にしてくれる作用もありますので、うまく活用してください。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました