ピーナッツダイエットは夜だと太る?効果的な方法や口コミ!

食べ物

ピーナッツの栄養や効能とダイエット方法や効果と口コミ

ピーナッツダイエット効果が高いというお話もありますが、カロリー表示を見るとちょっと疑問に思ってしまいます。

だと太るというお話もありますので、どのような方法に用いたらいいのか、本当に痩せたといった口コミが存在しているのかといったダイエットに使えるのかどうかを判断する材料を吟味する必要があるでしょう。

特に、高カロリーだけどダイエットに使えるというお話もありますので、どのような理論が成り立っているのかがポイントになります。

そこで、今回はこのピーナッツを使ったダイエットについてまとめていきます。


Sponsored Link


ピーナッツの栄養や効能は?


ピーナッツに含まれている栄養素は食物繊維・タンパク質・ビタミンE・ビタミンB1・ビタミンB6・カリウム・マグネシウム・鉄分・亜鉛・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・オレイン酸・リノール酸といったところでしょう。

特に有名なのが不飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸とリノール酸です。

ピーナッツの約半分がこの不飽和脂肪酸となっているので、この脂肪酸の役割で太りやすいのかどうかが一気に変わってきます。

この不飽和脂肪酸は血液中の中性脂肪を低下させる作用悪玉コレステロールを減らして血圧を下げる作用があるのでそれだけでプラス作用が大きいと言えるでしょう。

他にも腸内環境を整える作用・デトックス作用・老化防止作用・血行促進作用・脳の活性化作用・抗酸化作用・利尿作用・エネルギー効率アップ作用などいろんな効果をもたらしてくれます。

ピーナッツのカロリーや糖質


ピーナッツのカロリーは100gでなんと562kcalもあります。

糖質は100gでだいたい11gとのことなのでそこまで多くはないでしょう。

とっても気になるのはこのカロリーとなります。

しかしカロリーだけ見ると避けるべき食べ物と考えてしまいますが、不飽和脂肪酸という非常に質の高い脂質が大量に含まれているという大きなメリットも含まれているので有効活用すれば痩せられるという結論になるのです。

ピーナッツのダイエット効果は?


ピーナッツは上質の油を含んでいますし、悪玉コレステロールを減らし血圧を下げる作用や中性脂肪を減らす作用があるので脂質によって太ると言うことは少ないです。

しかも、脂質や糖質を分解しやすくするビタミンB群も含まれておりますし、血行を促進する作用もありますので痩せやすい身体にしてくれるのです。

血行促進作用や血液をさらさらにする作用というのは栄養価が全身に巡りやすくなるという利点もありますが、それよりも代謝がアップするという利点がありますのでダイエッター的にはそちらの方がポイントとなるのです。

他にもカリウムや食物繊維が豊富という観点から強いデトックス作用が期待できるのでむくみ解消効果便秘解消効果も期待できるでしょう。

特にピーナッツには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類がしっかりと含まれているので片方だけの過剰摂取にならずしっかりと便秘解消効果が出るというのもポイントとなっております。

野菜に多く含まれている不溶性食物繊維ばかり摂取する人はむしろ便秘を悪化させる恐れがありますので実は要注意なのです。

ピーナッツダイエットの方法


ピーナッツダイエットの方法については議論されることがありますが、基本的には「1日25~30粒ほど摂取すること」「できる限り朝か間食のタイミングで食べるようにすること」の2種類がルールとして記載されています。

食べる量については100kcal相当なので殆どの人たちが同じ量を推奨していますが、食べるタイミングについてはちょっと異なっているようです。

いわゆる満腹感があるからとかカロリーが高めだから夜じゃないほうがいいという意見もあるのですが、満腹感の観点から見ると夕飯を減らすことも出来るので夜食べるのも個人的にはありだと考えています。

「カロリー消費を抑えるために夜には食べないようにすること」ではなく「カロリー消費を抑えるために夜はピーナッツのみにする」といった考え方を持たれると良いと思います。

ピーナッツダイエットの口コミは?


ピーナッツダイエットの口コミを検索エンジンで探してみましたが、まとめとしての記載は見つかりませんでした。

つまり、検索エンジンを使ってのピーナッツダイエットの口コミ集めは難しいと言うことです。

いくつかの記事やニュースレポートを参考にしていますが、それらにもたまに記載してある口コミもどこから引っ張ってきたものかわからないものが多いので、あまり参考にしない方がいいでしょう。

つまり、実行者もそこまで多くはないというダイエットとも言えるのです。

ピーナッツダイエットの紹介記事はかなり多いのですが、これらの情報はあるのに口コミが少ないという不思議な状態になっているということです。

酢ピーナッツもOK?


お酢には血液をさらさらにする作用があり健康のためにはある程度の摂取が推奨されますが、これをピーナッツと組み合わせるとより効果的であるというちょっとした紹介がテレビでされたことがあります。


Sponsored Link


高血圧予防や血管を強くする作用があるため、生活習慣病を気をつけるべき年齢になった方々にとっては重宝されるべき食べ物です。

作り方も非常にシンプルで、薄皮付きのピーナッツを頭が隠れるまでのお酢で浸らせるだけです。

綺麗な保存瓶に入れて3日ほど寝かせるといいでしょう。

包丁などの調理器具も一切使いませんので、片手間に作成することが出来ます。

1度作れば1ヶ月程度は持ちますのである程度の量を用意することが出来ます。

ちなみに、「酢ピーナッツでやせる!血管を強くする!(https://books.rakuten.co.jp/rb/15278043/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_101_0_0)」のようなダイエット本としても紹介されているので、ダイエット効果も存在していると考えられます。

お酢もダイエットに使えるとして紹介されることが多いので、組み合わせることで効果が高まるという考え方なのでしょう。

実際にこの酢ピーナッツのような組み合わせられたダイエット食品は色々とありますが、味の好みによって好き嫌いがはっきりしていることが多いので、まずは作って食べてみてください。

ピーナッツの食べ過ぎや夜食べるとやっぱり太る?


夕食の代わりに食べるというスタイルを選ぶことは個人的には賛成なのですが、遅いタイミングでの摂取は避けた方がいいという意見があるのも事実です。

というのもピーナッツだけではなくナッツ類は基本的に消化が悪いという欠点があるので夜だけで30粒も摂取するとなると消化しきれずに睡眠の質を低下させてしまう恐れもあるのです。

元々夜にばかりしっかりと食べているという方は置き換えダイエットとして使うことが出来れば、かなりのカロリーカットと糖質カットになるのは事実ですがもとから夜は食事の量が少ないという方はこのデメリットを考慮して自重した方がいいでしょう。

また、ピーナッツを調理すると大量のバターや油を使ってしまうというケースもありますので、これを摂取してしまうと脂質量が一気に増えてしまいニキビ肌になってしまう恐れもあります。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はピーナッツダイエットについて記載いたしました。

やり方も簡単なのですが、このダイエットはYahooを使って口コミをいろいろと探してみましたがなかなか見つからなかったというダイエットになるので、やっぱり実行者は少ないと思われます。

カロリーが高いという理由もあるでしょうが、やはり食べ物を主体としたダイエットはキムチや豆腐や納豆やスムージーあたりに人気があるのでしょう。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました