逆利き手で食べるダイエットの効果や方法と注意点

現状克服法
スポンサーリンク

劇団ひとりさんが成功?逆利き手で食べるダイエットの効果

逆利き手で食べるダイエットは芸能人の劇団ひとりさんが成功したダイエット方法として有名になりました。

実際に効果があると力説する人も多いのでダイエットに成功した人も多数存在すると思われます。

しかし、なぜ利き手とは逆の手で食事をすることがダイエットに繋がるのか、よくわからないという人も多いでしょう。

そこで、今回は逆利き手で食べるダイエットについてお伝えいたします。


Sponsored Link


逆利き手を使うメリットは?


利き手というのは必然的に使用頻度が高くなるので、文字を書くのも箸を使うのも当たり前の手になりますが、同じことを逆の利き手で行うのは殆どの方々が困難な状態になっています。

しかし、この逆の手を使うことには色々とメリットがあるので、ダイエット目的ではないという方でも自主的に取り入れていることが多いのです。

たとえば、逆の手を使うようにすることで左右の脳のバランスよく使われるようになり、脳の機能が活発に働くようになってアイディアが出やすくなったり機転が利きやすい頭になってくれます。

柔軟性が向上するのです。

右利きの人は理論的な考察が得意で左利きの人は芸術的な感性が優れているのですが、右利きの殆どの方々は芸術的な感性が使われにくくなっていることで突発的な発想が浮かびにくくなっていると言われております。

この欠点を克服できる可能性が高まるのです。

また、利き手とは逆の手を使うことで自制心が働くようになり心のコントロールも余裕になるという研究結果もあります。

普段使わない手を使うことで普段使われない脳が刺激され、自制心を司る脳も刺激されるという理論のようです。

逆利き手で食べるダイエット効果は?


利き手とは逆の手を使って食事をすることがダイエットに繋がります。

基本的に箸を使うという行動は非常に難易度が高いです。

歯を磨くとかスマホの文字入力には逆の手でも問題なく実行できるという人も多いのですが、文字を書くとか箸を使って食事をする場合逆利き手ではかなり苦戦します。

思うように動かないのです。

こうなると、必然的に食べるペースが非常にゆっくりになるので、噛む回数もおもいっきり増えてスローペースの食事になります。

こうなると、少量でもお腹がいっぱいに感じるようになるので、ダイエット成功確率が上昇するのです。

早食いの人ほど満腹中枢が働きにくく、カロリーオーバーになる確率も非常に高くなるのですが、逆利き手ならばそれが発生しないという大きなメリットが発生します。

逆利き手で食べるダイエットのやり方は?


やり方は非常にシンプルで、ただ単に利き手ではない手で食事をすることです。

これだけでダイエットは成立します。

使い慣れていない手で箸を使うのは非常に難しくなかなか食事が進まなくなるので、顎を使う回数が必然的に増えてお腹がいっぱいになりやすくなるのです。

ただし、フォークやスプーンといった扱うのが特に難しくないものを使ってしまうと一気に効果が落ちてしまうので、基本的には箸を使う必要があるとお考えください。

扱いにくいものをあえて使うことでダイエット効率を上げているので、扱いやすいものを使ってしまったら好ましくないのです。

ただし、あまりにもストレスを感じるとそのストレスがダイエット効率を一気に低下させてしまう恐れがありますので、イライラが募って食事どころではなく我慢ならないという人にはこのダイエットは向いていないと言えるでしょう。

イライラがひどい人は別のダイエットを取り入れてください。

逆利き手で食べるダイエットの注意点は?


もちろん、注意点もあります。

サッカー選手が利き足の反対の足を使って蹴る練習をし続けることで、キック精度が非常に上がり最終的に両利きになるように、必死に反対の手を使って食事をすると精度が格段に上昇して当たり前のように使えるようになってしまいます。

これは上達と言えることなので、いいことなのですがダイエット的に考えると食事のスピードなどが上がってしまうことでデメリットになってしまうのです。

また、最初のうちはイライラがひどいというパターンもありますので、ストレスのせいでダイエット失敗確率が上がるというケースもあります。

おやつやお菓子に逃げてしまうのです。

食事にもかなり時間がかかるようになってしまうので、社会人で時間が無いという方にも向いていないという注意点があります。

食べる時間がかかり過ぎる場合は?


先の注意点で説明したように、この時間がかかるというのはメリットでありデメリットなのです。

時間をかけてゆっくりと食事をした方が確実に満腹中枢を刺激されるので大量に食べなくなるというメリットがあるのですが、早食いが当たり前で食事に時間をかけるのが嫌いという人にとってはこの時間が苦痛に感じます。

この苦痛がストレスに変わってダイエット失敗確率を上昇させるので、痛し痒しなのです。

ストレスの発生具合は人によりますので、時間がかかることをどれだけストレスに感じるのかをまずは試してみるといいでしょう。

特に問題が無いという方は取り入れるようにして、イライラがひどくこんなに時間がかけられないという方は、糖質制限ダイエットやカロリーカットといった別のダイエットに変更してください。


Sponsored Link


だんだん慣れてくる?


この利き手とは逆の手を使うダイエットは慣れます

箸を使う動作はかなりの修練になりますので、ずっと使い続けることで確実に精度が上がるでしょう。

そのため、ダイエット効率は一気に低下します。

これは長期的に見ればかなりいいことなのですが、ダイエット的な観点で見るとマイナス要因なので、慣れてしまったらこのダイエットはあっさりと切り捨てた方がいいでしょう。

食事は当たり間のことであり、食事のスピードは無意識の領域に入っている人も多いので、慣れてしまい無意識レベルでスピードが上がってしまったらもうダイエット効果はありません。

その次点で諦めて別のダイエットを実行するようにしてください。

このようなデメリットがあるので、このダイエットはかなり短期向けのダイエットとなってしまいます。

劇団ひとりさんがダイエットに成功?


このダイエットが有名になった理由の一つに、劇団ひとりさんがこのダイエットをやって3ヶ月で6キロもの減量に成功したというお話があることです。

このダイエットの考案者が劇団ひとりさんなので、有名になりやすかったのでしょう。

その理由もダチョウ倶楽部の上島さんのような体型になりたくないからという面白いものですが、本人にとっては切実だったのでしょう。

アラフォーの分岐点にいるので太りやすく痩せにくい身体になっており、どうにかして痩せないといけないという使命感から開始したと思われます。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回は逆利き手で食べるダイエットについて紹介いたしました。

このダイエットは短期であれば効果があると思いますが、慣れてしまうと一気に効果が落ちてしまうので頼り続けるのは良くないでしょう。

あくまでもトレーニングの一環として実行して、ついでにやせたらラッキーというスタンスで挑んだ方がいいでしょう。

本気で痩せたいという方は別のダイエットを取り入れた方が効率が上がるという考え方はもって挑んでください。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました