心拍数ダイエット!脂肪燃焼に最適な数や運動の種類は?

心拍数




脂肪燃焼に最適な心拍数や測り方!ミュージカル鑑賞だけで効果が?

運動すると呼吸が早くなり、心臓の鼓動も早くなる。

このような体の現象は誰もが承知のことと思います。

この心臓の鼓動、つまり心拍数によって体脂肪燃焼効率(ダイエット効果)が変わるということをご存じでしたでしょうか?

このページでは脂肪燃焼に最適な心拍数の求め方やどのような運動が良いのか、そして心拍数測り方といった内容を中心にお伝えしたいと思います。

心拍数ダイエットとは?


ダイエットに取り組んでいるという人はたくさんいるかと思いますが、できればより効率的に行いたいですよね?

ダイエットで大切な基本要素としては消費カロリーが摂取カロリーを上回るとう点がありますが、心拍数ダイエットはこのうちの消費カロリーをいかに効率的に増やすかというものになります。

心拍数がより高くなる運動を行う方が負荷が高いので効果的と思われる方もいるかもしれませんが、最も脂肪燃焼に効果的な心拍数というものがあります。

その心拍数になるような運動をして効率的にダイエットしようというのが、この心拍数ダイエットになります。

脂肪燃焼最適心拍数は?


では次にダイエットに適切な(効率的に脂肪を燃焼してくれる)脂肪燃焼最適心拍数はどのくらいなのか?という話になりますが、これは全ての人が共通なわけではなく、一人一人違っています。

その個々毎に求めらる計算式というものがあり、それは【最大心拍数×45~60%】と言われています。

最大心拍数というのは1分間に心臓が収縮できる最大の値になります。

この最大心拍数は個々人によって違っていて測るのが難しい為、一般的に次のような計算式で求められます。

【最大心拍数=220-年齢】

以上のことから脂肪燃焼最適心拍数を求めると

20歳の人なら【220-20×45~60%】= 90 ~ 120

40歳の人なら【220-40×45~60%】= 82 ~ 108

60歳の人なら【220-60×45~60%】= 72 ~ 96

となります。

あなたの年齢を式に当てはめてダイエットに適切な心拍数を求めてみて下さいね。

ちなみに心拍数が70%以上になると無酸素運動になるとされていて、有酸素運動は体脂肪をエネルギーとして使いますが無酸素運動だと筋肉内の糖質をエネルギーとして使うので、無酸素運動にならないよう注意が必要です。

ただし、無酸素運動を行うと基礎代謝が上がり、その結果ダイエットに効果的という面もあることは認識しておきましょう。

心拍数の測り方は?


自分のダイエットに効果的な心拍数が分かったところで今度は運動中にどうやって心拍数を測るのか?ということになりますが、測り方は2つあります。

1つは自分で脈を取る方法、もう一つは計測器を使って測る方法です。

自分で脈を取る方法

自分での測り方は左右どちらかの手の親指付け根下の手首の部分に反対側の親指か人差し指や中指を当てて脈を取るというものです。

メリットはお金をかけずに測れる点ですが、デメリットは体の振動で正しく脈を取れないかもしれないという点です。

実際に私がやってみたケースではウォーキングで片手にスマートホンを持ってタイマーを動かし、右手の親指で左手の親指付け根したの手首部を押さえて1分間、脈を測ることができました。

これがジョギングになると難しいかなと思います。

あと、運動直後に止まって直ぐに15秒間だけの脈を測りその4倍したものを1分間の心拍数と考えるのも1つのやり方かと思います。

計測器を使って測る方法


計測器だとお金がかかりますが、より正確に測れるというメリットがあります。

腕に付ければOKで価格は数千円から数万円するものまであります。

心拍数を測るだけの高機能でないものは、数千円で買えますので、心拍数ダイエットをするだけななこのくらいのもので良いかもしれませんね。

ちなみに様々な計測器の機能としては心拍数の他に時計、消費カロリー、歩数、目標心拍数の設定、履歴などがあります。

もっと上位の計測器だと、睡眠時間と質が管理できたり、GPSで距離やスピードが測れたりするようです。

ちなみに楽天さんやアマゾンさんなど、通販サイトなどで「心拍計」と検索すれば色々な機種が出てくるかと思います。

どんな運動が良い?


ではどんな運動が良いか?ということですが、基本的にはウォーキングで良いのではないかと思います。

ただこれは個人差がありますので、20代や30代の若い方などはジョギングの方が良いかもしれません。

ウォーキングやジョギングをして実際に一分間の心拍数を測り、どのくらいのペースだと脂肪燃焼最適心拍数になるかを把握して判断してみれば良いでしょう。

私の場合はウォーキングで自分の感覚として「速くもなく遅くもなく」という感じで歩くとちょうど良い感じの脂肪燃焼最適心拍数になります。


Sponsored Link


勿論、ウォーキングやジョギングだけでなく、室内でできるエアロバイクやステッパー、踏み台昇降といった運動でも、脂肪燃焼最適心拍数で行うことによって、効率的に脂肪を燃やすことができるでしょう。

ミュージカル鑑賞で30分のエクササイズ!?


ロンドンにあるアンコール・チケットという劇場やイベントなどのチケットを販売している会社からの依頼でイギリスのユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)とランカスター大学がある調査を行った結果、ミュージカル鑑賞が30分くらいのエクササイズと同じくらい健康に良いということが分かったそうです。

その調査とは「ドリームガールズ」というミュージカルを生で12人の人に鑑賞してもらい、その間の心拍数、脳の動き、その他の心理的な信号を観察したとのことです。

その結果、鑑賞者の心拍数が平均で28分間、最大心拍数の50~70%くらいに上がったそうです。

これに対しUCLは鑑賞者は椅子に座っていたにもかかわらず、平均28分間の健康的な有酸素運動をしたことになると説明しています。

また、自律神経の働きを調た結果では心拍数が高いレベルに上昇したにもかかわらず、交感神経(緊張する)と副交感神経(リラックスする)との間の高低差は穏やかだったということで、鑑賞者の方々は適度に緊張しながらも、歌や踊りを楽しみ適度にリラックスしていたそうです。

このことからUCLのジョセフ・デブリン博士は劇場のパフォーマンスの最高値と最低値が、心臓を適度に刺激して有酸素運動と同じ健康効果をあげていると考えられるといった趣旨のことを述べられています。

但し、この効果はビデオ録画では効果がなく、あくまでも生演奏であることが前提とのことです。

楽しみながらダイエット効果や健康効果を得られるというのは嬉しい限りですね。

心拍数ダイエット!脂肪燃焼に最適な数や運動の種類は?のまとめ

せっかくダイエットするなら、効率的に運動をしたいものですよね。

どのくらいの有酸素運動をしたら、自分にとって脂肪燃焼最適心拍数になるのかを把握し、ダイエットを成功させましょう。

勿論、適切な食事コントロールも意識して下さいね。

 


Sponsored Link


コメント