太れない原因と体質改善法【筋トレ・サプリ・プロテイン】

体質改善
スポンサーリンク

筋トレ・サプリ・健康管理など体質改善法!太れない原因は?

太れない体質というのはものすごくうらやましがられますが、実際になるとそれはそれでキツイものがあるのです。

いったい太れない原因は何なのか、体質改善をするには筋トレサプリプロテインが有効とのことですが本当に効果があるのかと、色々と試してみたという経験があるからこそ不安になってしまいます。

今回はなかなか太ることが出来ない体質の人たちがどうやったら理想的な体型に近づけるのかを調べていきます。


Sponsored Link


太れない原因は消化・吸収力が弱い?


太れない原因や理由は色々とありますが、最も大きいのは消化吸収能力が非常に低いことでしょう。

消化吸収する能力というのはその人の胃腸がどれだけ動けるのかで大きく変わってくるようです。

たとえば、胃下垂になって胃が垂れ下がっている人は食べ物をうまく消化できなくなってしまい、ほとんど栄養価が吸収できずにそのまま体外に出るようになってしまいます。

これは極端な例ですが、消化吸収力が衰えている人というのはいくら糖質やカロリーを摂取してもあまり吸収することが出来ずに消化不良で終わってしまうので、しっかり肉を体につけることが出来ないのです。

太れない原因は摂取カロリーが少ない?


一般的に20代女性の必要なカロリーは2000kcal程度です。

もちろん、どのような仕事をしているのかで消費カロリーはかなり前後するので目安にしかなりませんが、この数値に到達していない人はなかなか太れません

なんとか体に筋肉や脂肪をつけたいと考えている人は意識してカロリー摂取をしているのですが、計算してみるとあまりカロリーが摂取できていないというパターンもあります。

実際に食べることに努力をしている人でも摂取カロリーだけを計算すると不足していることが多いので、毎日の食事をメモしておき、摂取カロリーがどうなっているのか計算してみましょう。

本質的に痩せている人というのは食生活も低カロリー低糖質になりがちなので、頑張って量を食べてもカロリーが増えないケースがあります。

まずはしっかりとメモを取って計算してみましょう。

太れない原因に病気もある?


太れない要因には肉体的な疾患や精神的な疾患もあり得ます。

たとえば、甲状腺ホルモンが大量に分泌されるようになってしまうバセドウ病になると、新陳代謝がよくなりすぎるのでひたすらエネルギーを消費する体質になってしまうケースがあります。

こうなると蓄積することがほとんど出来ないので、痩せてしまうのです。

また、癌になってしまうと癌細胞が糖質を吸収するようになるので、痩せる確率が上がります。

無理矢理エネルギーを作り出そうと体が頑張ってしまうので、脂肪や筋肉が癌のエネルギーとして消耗していくのです。

太れない体質改善法

太れない体質の人は色々と努力をしていてもなかなか理想の体重に近づけません。

一体どうすれば脂肪や筋肉がついた健康的な体になれるのでしょうか。

その方法をまとめていきましょう。

健康管理をしっかり行う


健康管理をしっかり行うことがやっぱり健康な肉体を手に入れるための一番の近道です。

適度な運動をして規則正しい睡眠週間を確保し、バランスのよい食事をしてストレス解消もしっかりと行うというライフスタイルを意識しましょう。

特に、ストレスが溜まりすぎると「過敏性腸症候群」のような腸での吸収効率を落としてしまう状態になってしまいますので、ストレス解消法を持つことは重要となります。

イライラしすぎるとコルチゾールのようなストレスホルモンが分泌されるので、無駄に血糖値が上がってしまいます。

人体は血糖値が上がると満腹感を得ていると考えてしまうので、3食の食事のタイミングで食欲がわかなくなってしまうのです。

また、胃腸が弱いとそもそも栄養素が吸収できず太れないので、整腸剤などを使ってお腹を強くすることも有効になります。

筋トレをしっかり行う。


トレーニングの前に必要なことは先ほど紹介した安定した生活習慣を手に入れて胃腸を落ち着かせてあげることです。

胃腸が弱いとそもそも栄養素が吸収できないので太れないのです。

まずはお腹を強くしてください。

ここまでしっかりと状況が整えれば筋トレの効果も出やすくなります

筋トレは筋肉を痛めつけて修復して強くするのですが、これはタンパク質がきちんと吸収できないと修復できないので摂取していないと意味がありません。

ただ単に体をいじめて終わってしまいます。

なので、胃腸を整えた後は筋トレとプロテインなどを使ったタンパク質摂取が必要なのです。

炭水化物を中心に少しずつ食事量を増やす。


ある程度胃腸が整えば吸収できる体質になってくれるので、炭水化物を中心に少しずつ食事量を増やせば脂肪がつきやすい状況になってくれます。


Sponsored Link


ただし、消費カロリーが摂取カロリーを上回っていたらまだまだ意味が無いので、摂取カロリーがどうなっているのか計算しながら摂取量を決めましょう。

体重を増やすには1kgで9000kcal必要と言われていますが、2割は水分なので7000kcal程度必要となるでしょう。

つまり、毎日200kcal程度は摂取カロリーがオーバーしないと1ヶ月で1kg太れないのです。

間食をする


そんなこといきなり言われても摂取カロリーは増やせないと考える人も多いでしょう。

そんな人は1日3食が5食になるように意識しながら間食をしましょう。

食事の回数を増やせばそれだけ摂取カロリーが増えます。

痩せている人は食事そのものを嫌う傾向にありますので、頑張って食べていても実質的には低カロリーで終わってしまうことが多いのです。

そんな人はカロリー摂取のタイミングを増やしてしまいましょう。

サプリやプロテインを摂取する


ここまでやってもなかなか食事の量が増やせないという方はサプリメントに頼るしかないでしょう。

サプリメントには不足した栄養素を補給する能力がありますので、自分が不足している部分をこちらで補ってもらうしかないです。

特にタンパク質は高確率で不足するのでプロテインを使うのも有効でしょう。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回は太れない人の原因と体質改善方法について記載しました。

太れない人はとにかく胃腸が弱い傾向にあります。

ちょっと刺激が強いものを食べると下痢をする、飲み会があると高確率で下痢をする、冷たいものを食べると下痢をする、これらに当てはまる人は要注意なのです。

そのような方は体の外から強くするのではなく、まずは胃腸を整えることを考えてください。

そこがスタートラインになるかと思います。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました