事務職のダイエット方法【仕事中の運動や姿勢・食事法】

生活状況別
スポンサーリンク

姿勢や腹式呼吸!事務職が太らないダイエット方法

事務職の人は身体を動かすような仕事をしている人たちよりも、圧倒的に消費カロリーが少ないので太りやすい傾向にあります。

しかし、仕事中でも姿勢を変えるといった方法で多少は運動になりますし、仕事前や後にダイエット向けの運動をしたり、食事のコントロールで見た目を整えることが可能です。

そうしないと、太っている方はなかなか痩せることはできないでしょう。

今回は事務職の方向けにどうやったら痩せて、体重を維持できるのかの方法を記載して参ります。


Sponsored Link


事務職が太りやすい理由


皆さんお分かりかもしれませんが、事務職が太りやすい理由は圧倒的に運動不足にあります。

とにかく運動量が少ないので、消費カロリーが非常に少なくなり、基礎代謝も低下して簡単に太るのです。

また、座っているときの姿勢も猫背になりがちで、内蔵機能が低下しやすく血行不良に繋がってこれも基礎代謝の低下に繋がり太りやすくなります。

それから、学生時代と比べると運動量が圧倒的に低下しますし、残業が圧倒的に多い職場だと運動をする気力も出なくなり、なかなか運動が出来ません。

運動不足で筋肉が低下すればするほど、基礎代謝も低下していきますので、さらに太りやすくなっていきます。

運動量が少ない・姿勢が悪くなりがち・筋肉量の低下の3つが組み合わさってしまうことで、一気に太りやすい身体になってしまうのです。

これは事務職に勤めている方なら避けることが出来ない事柄なので本気で痩せたいという方はこれらの状況をはねのける何かが必要になります。

仕事中に姿勢を正すメリット


仕事中に姿勢が乱れている人、特に猫背になっている人は内臓を悪い意味で刺激しているので、内蔵機能の低下をもたらしてしまいます。

自然と前屈みになっている人は要注意です。

猫背になるとお腹に全く力が入らなくなるので、腹筋が衰えやすいというデメリットもあるのです。

つまり、姿勢を正すことでこれらのデメリットがなくなることがメリットになると言うことです。

背もたれに背中を触れないように意識しながら、腹筋に力を入れればちょっとの効果ではありますが、インナーマッスル(体の奥の方の筋肉)が鍛えられていくでしょう。

とにかく、基礎代謝の低下や脂肪燃焼効率の減少はダイエットの足を強く引っ張るので姿勢を解消する必要があると考えてください。

仕事中に腹式呼吸を行うメリット


とにかく消費カロリーが少なく、太りやすい事務職におきましては少しでもプラスになる要素を取り入れる必要があります。

しかし、座っている状態が通常なので、座りながら出来る何かを探す必要があるのです。

その一つが腹式呼吸となっております。

具体的には、横隔膜を大きく動かすことを意識しつつ呼吸を行うだけです。

意識していないと出来ないのですが、意識していればあっさりと出来ることなので取り入れましょう。

横隔膜を動かせばそれだけ横隔膜の周りにある帯状の筋肉、インナーマッスルが刺激されるのでちょっとした筋トレになるのです。

インナーマッスルを刺激すれば、それだけ内臓脂肪も刺激されるので痩せられる確率が増えるというメリットもあります。

他には、お腹についた脂肪が邪魔で内臓の位置がすれていた場合に、ある程度元の位置に戻してくれるという作用もありますので、ぽっこりお腹の解消に繋がる可能性があります

太らないための仕事中に出来る運動方法


事務職はとにかく運動不足になりますので、休憩時間に身体を動かすしかないでしょう。

今まで紹介していた腹式呼吸も所詮ちょっとした呼吸法の一種なので、ジョギングや水泳といった本格的な運動と比べると消費カロリーは格段に低下します。

そのためにも、休憩時間で軽く身体を動かすのが正解なのです。

たとえば、椅子に浅く座って背筋を伸ばしながら椅子のヘリを両手でつかみ、両足をそろえて膝を持ち上げてキープするといったストレッチも有効ですし、ちょっと本格的に動かしたいという方はこちらの動画(https://www.youtube.com/watch?v=qOtBcgmbfAs)のようにスクワットのような動作やトレーニングに繋がる動作を一式取り入れるのも有効です。

帰宅してからの運動について


事務職の人でも、毎月100時間程度の残業が当たり前という方は家に帰ってからわざわざ出かけたくないと考える人も非常に多いです。

筆者もかなり残業をして毎月150時間程度拘束されていた時は、とにかく身体を動かしたくないので帰ってきたらお風呂に入って寝るだけでした。

しかし、事務職でひたすら働いても消費カロリーは増えませんので、やっぱり筋トレと有酸素運動をしないといけません。

身体がボロボロになるほど酷使されているという人以外は、室内でできる運動項目をいくつか用意しておきましょう。

軽い筋トレの後に有酸素運動をすれば脂肪が効率よく燃えますので、ダンベルやバランスボールやステッパーを用意することをおすすめします。

特にストレッチ→ダンベルを使った筋トレ→ステッパーを使った有酸素運動といった室内で出来るトレーニングを行えば、外出しないで身体を鍛えられるようになりますので、天候に左右されることなく簡単に運動ができるようになります。


Sponsored Link


テレビを見ながら身体を鍛えられるので、しんどさを少し紛らわせられるというメリットもあるのです。

もちろん、外出するのが好きという方はウォーキングやジョギング、サイクリングなどの有酸素運動を取り入れましょう。

そして休日は積極的に筋トレ+有酸素運動を行いましょう。

事務職の方のダイエットにおける日常の食事方法


とにかく、事務職の人は消費カロリーが圧倒的に少ないので、摂取カロリーを減らす努力が必要です。

消費カロリーが少ないということはそれだけエネルギーが不要ということなので、ラーメン・カツ丼・おにぎり・スパゲッティといった糖質がたっぷりでカロリーもたっぷりな食事は出来るだけ避けましょう

それらを食べなくてもやっていけます。

また、日常的に飲む飲み物も炭酸水やお茶に切り替えればそれだけ摂取カロリーも糖質摂取量も制限できますし、間食がしたいという方でもガムで空腹感対策を行えばそれだけでかなりダイエットはしやすくなります。

あとは、社会人になると朝は殆ど食べない、昼はコンビニのおにぎり、夜だけ豪華といった食生活になってしまう恐れがありますが、夜にエネルギーを大量に摂取しても消費することは殆ど無いので、やめましょう

痩せたいという人は夕飯そのものをなくし、朝や昼を充実させるという考え方がおすすめです。

そして、どうしても足りない栄養素がある場合はサプリメントで補っても良いかと思います。

オフィスでの間食には注意!


摂取カロリーと糖質摂取量をできる限り減らす必要がありますので、間食もよく考えないといけません。

しないに越したことはないですが、摂られる場合は最低限のカロリーと糖質にしましょう。

それこそ、ガムなどを駆使して凌ぐといった考え方も1つです。

チョコレートをデスクの中に入れているという方はそれを食べきったら次からは購入しないという気概を持ってください。

「1個だけなら」という考え方がダイエットを失敗させます。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回は事務職のダイエット方法について記載いたしました。

事務職の人はとにかく消費カロリーが少ないので、摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やす工夫をしないとなかなか痩せることはできません。

事務職の人は筋肉も低下しやすいので、ダンベルといった筋トレ用具を用意して家の中でも鍛えられる環境を整えることが何よりも重要になります。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました