めかぶのダイエット効果や食べるタイミングと口コミやレシピ!

めかぶ




めかぶダイエットで成功した口コミと方法!栄養や効果効能は?

わかめや昆布と並んで有名な海藻類の一種であるめかぶにはダイエット効果が高いという噂があります。

仮にダイエット効果が高いのならば食べるタイミングやどのようなレシピがいいのでしょうか?

そして実際に痩せたという口コミはあるのでしょうか?

そこで、今回はこのめかぶを使ったダイエットについてお伝えいたします。

果たしてダイエット効果はあるのでしょうか。


Sponsored Link


めかぶダイエットとは?


まず、めかぶのカロリーや糖質ですが、めかぶはだいたい一パック55gで売られておりますが、この55gでたったの6kcalと非常に低カロリーな食べ物となっております。

つまり、100gにするとだいたい11kcalとなりますのでどれだけ低カロリーなのかは数字だけでもわかるでしょう。

また、めかぶには甘みを感じられないという人も多いでしょうが、その最大の理由がこのめかぶに糖質が全く含まれていないからです。

スーパーでめかぶの栄養素確認するとわかるのですが、糖質の記載がされていません。

それは糖質量が0gだからです。

もずくも0gなので海藻類はダイエットに使える食材ということがこの部分の数値からもわかります。

このような低カロリー、低糖質のめかぶを活用して体を引き締めようといのがめかぶダイエットになります。

めかぶのダイエット効果


栄養素的には非常に充実しているめかぶですが、ダイエット効果は果たしてあるのでしょうか。

効果を見てみるといくつかはダイエットにつなげられそうなものがありました。

その一つは間違いなく代謝を上げるという作用でしょう。

めかぶに含まれているヨウ素にはタンパク質や脂質や糖質の代謝を促進する力がありますので、摂取量を増やせば痩せやすい体になる可能性があります。

また、カリウムや水溶性食物繊維の作用によって便秘解消やむくみ解消作用が働きやすいので、見た目的にもすっきりしやすい食材になっています。

フコイダンやアルギン酸にも余分な糖質やコレステロールを体外に除外する作用がありますので、体の中にある余計なものを出す作用が強いのです。

その結果痩せやすい状態を作ってくれます。

低カロリーで低糖質な食べ物でもありますので、他の糖質やカロリーが多めの食材の代わりに食べるようにするだけでもダイエット効果は高いといえるでしょう。

めかぶの食べるタイミングなどダイエットの方法


このめかぶを使ったダイエット方法はかなりシンプルで、食事の最初に食べるとか一緒に食べるというものです。

血糖値の上昇を緩やかにする低GI食品という特徴もありますので、炭水化物などを摂取する前に食べることができれば血糖値の上昇が抑えやすくなり太りにくくなります

特に肉や魚に含まれているコレステロールも体外に排出する能力がありますので、最初に食べるように意識するだけでも痩せやすい状態になってくれるでしょう。

一緒に摂取するだけでもダイエット効果があるという声もありますが、最大限に効果を発揮してもらうために食事の最初に食べるようにした方が効果的でしょう。

めかぶダイエットで成功した口コミはある?


気になるのはどれだけ実行者がいて、実際に痩せたという口コミが存在しているのかどうかです。

率直に申し上げて実行者は少ないのか、ネット上でも書き込みはほとんど見つかりませんでした

SNSを探すと実行している可能性がある方々は見つけることができましたが、具体的な記載はかなり少ないです。

少ない意見ですが「毎日食べていたら5kg痩せた」といった体重減少報告はあります。

難易度が低めのダイエットではありますが、めかぶそのものがそこまで食べる人が少ないからなのか実行者がどうしても少なめになっており、比較対象が少ないのが実状です。

ただしダイエット効果はある食品とは言えるでしょう。

めかぶに納豆とキムチを混ぜるとより効果的?


このめかぶの効果をより高める方法として提案されているのが納豆やキムチと1セットにして食べるようにすることです。

納豆とめかぶをセットにすることで納豆菌を摂取できるようにもなりますし、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をセットに摂取できるようになりますので、便秘解消効果がより高まります。

また、植物性タンパク質やナットウキナーゼや大豆イソフラボンといった成分を補給できるので筋肉を落とさないようにしつつも健康的に痩せられることが期待できます。

また、キムチとセットにすると乳酸菌によって同じように便秘解消効果がより発揮されやくすなるでしょうし、カプサイシンによる脂肪燃焼効果アップも考えられますのでダイエット効果が高まると言えるでしょう。

納豆もキムチも単品でダイエットに使われる食品なので、組み合わせることでより能力が際立つようになり効率的に痩せられるようになることが期待できるということです。

めかぶダイエットにはそこまで惹かれなかったという人でも、納豆やキムチが好きという方ならば有用となる方法と言えるでしょう。

めかぶのダイエット向けレシピ3選

それでは具体的にダイエットに使えるめかぶを使ったレシピをご紹介いたします。

めかぶをダイエットに使う場合は工夫がないと味に飽きてしまう確率が高いので、この部分は最重要項目です。

①おうち居酒屋、赤こんとメカブのナムル風


(https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1990031019/)

赤こんにゃくやめかぶを使ったとってもヘルシーなおつまみレシピです。

日本酒といったお酒に合うとのことですが、ダイエットを考えるとお酒を飲みすぎるのは良くないということは忘れずにお願いします。


Sponsored Link


②めかぶの調理方法 と マグロのさっぱり和え


(https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1570001579/)

こちらはマグロをさっぱりと仕上げるために、めかぶや鰹節を使った一風変わったレシピです。

アレンジすることでマグロ丼にもなりますが、ダイエット中は白米の食べ過ぎにご注意です。

③ポン酢でさっぱりと☆めかぶ納


(https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1450005994/)

【材 料(1人分)】

めかぶ3パック入り1パック

納豆1パック

チューブしょうが(生しょうがでも)適量

ポン酢大さじ1程度

【作り方】

めかぶと納豆・ポン酢をよく混ぜ、しょうがをのせて完成

めかぶと納豆を組み合わせた具体的なレシピです。

これらの二つは合わせることで効果が高まるので、めかぶを使ったダイエットをしたいという方はこのレシピからチャレンジしてもらいたい一品となっています。

めかぶの栄養と効果効能


最後のめかぶの栄養や効果効能についてです。

めかぶは、ワカメの根元部分にあるひだ状になっているところなので、非常に大まかに区分けしてしまうとわかめの一種となります。

そのため、栄養素的にもわかめにかなり似ている部分があります。

ただし、このめかぶの部分には生殖細胞が詰まっているため、ワカメよりも有効成分は多めになります。

具体的にはカルシウム・ナイアシン・ヨウ素・水溶性食物繊維・カロテノイド・アルギン酸・フコイダンといった栄養素が有名でしょう。

特にネバネバ成分であるフコイダンには免疫力を高める作用があり、病気になりにくくなります。

このフコイダンにはナチュラルキラー細胞というウイルスやがん細胞を攻撃する力がありますので、病気にならない体づくりには重要となるのです。

アレルギーや花粉症にも効果が期待できるので、多くの方に活用してもらいたい成分と言えるかと思います。

また、フコイダンには毛母細胞という髪の毛の根元にある細胞を活性化させる効果もありますし、アルギン酸には髪の毛のキューティクルを補修する力もあり、さらにはEPAも含んでいることから抜け毛といったトラブル防止作用もありますので、髪の毛トラブルにも非常に有効な食べ物と言えます。

めかぶのダイエット効果や食べるタイミングと口コミやレシピ!のまとめ

以上、いかがだったでしょうか。

今回はめかぶを使ったダイエットについてお伝えいたしました。

めかぶはダイエット効果が高く組み合わせの方法も具体的に紹介されてはいますが、マイナーな食品のためか実行者が少感じです。

やり方はシンプルではあり、キムチや納豆との組み合わせ効果は高いということが栄養価的にはわかりますので、気になる方にはぜひ実行してもらいたいダイエットとなっております。


Sponsored Link


コメント