アイスプラントの栄養や効能とダイエット効果!食べ方は天ぷら?

食べ物

アイスプラントのダイエット効果と購入法!自宅で栽培?

アイスプラントは不思議な野菜であり食べたことがないという人もいるでしょう。

どのような栄養や効能があるのか、そもそもダイエット効果はあるのか、食べ方は天ぷらが良いという話もあるのですが、それで本当にダイエットに結びつくのかなど、色々な疑問が出てきます。

そもそも知らない人にとってレシピが存在するのかも全くわからないでしょう。

そこで、今回はこのアイスプラントについてできる限り詳しく記載し、どのようなダイエット効果があるのかをお伝え致します。


Sponsored Link


アイスプラントとは?


南アフリカ原産の野菜がこのアイスプラントです。

乾燥に耐えるために独自に進化した野菜で、耐塩性が非常に高い塩生植物というところが特徴になっております。

海水と同程度の塩化ナトリウム水溶液中でも水耕栽培が可能と非常に塩に対して強い性能があり過酷な乾燥地帯でも育てることができる強い野菜です。

ただし、カドミウムといった有毒な金属が含まれている土壌だとそれを吸って育ってしまうので要注意となります。

日本では非常に知名度が低いですが、ヨーロッパではかなり有名な野菜でありフランス料理の食材として当たり前のように使われているという歴史もあります。

日本でも佐賀大学農学部が栽培化したことで全国各地で育てられるようになってはいますが、それでもまだまだ知名度は低い野菜です。

栄養や効能について


かなり特殊な進化をしているこの野菜にはかなり特殊な栄養素が含まれています。

たとえば、ミオイノシトールという栄養が含まれているのですが、これは悪玉コレステロールを低下させて動脈硬化といった成人病を防ぐビタミンB群の一種であり内臓脂肪も減らす作用があるので、ダイエット効果もあると言われている栄養素です。

そして、このアイスプラントは塩に対して非常に強いという特徴がありましたが、それは人体と一緒でカリウムによる作用のところが多く、この野菜にも非常に多くのカリウムが含まれているのです。

むくみ対策をしたいという方にはうってつけの野菜でしょう。

他にはβカロテンやマグネシウム、クエン酸などが含まれています。

これらの栄養素的に、抗酸化作用やエネルギー代謝効率を上げるといった作用があるでしょう。

疲労回復効果にも期待が持てるので、筋トレといった運動のお供にも出来そうです。

ダイエット効果は?


アイスプラントのダイエット効果はミオイノシトールによる内臓脂肪を減らす効果や、カリウムによるむくみを改善する作用によるところが大きいでしょう。

悪玉コレステロールを減らす作用とあわさって、太りにくくなり痩せやすくする作用があるのです。

強い抗酸化作用や美肌効果もありますので、痩せた後に肌の健康を保つ効果もあるのがうれしいところでしょう。

また、体力が回復しやすくなるクエン酸も豊富なので運動をしても体力が回復しやすくなり、運動を主体としたダイエット効率が上がるというメリットもあります。

他には、「ピニトール」と呼ばれる成分に血液中のブドウ糖のめぐりをよくすることでブドウ糖が効率よくエネルギーに変換されるという作用があります。

つまり、余分な糖分が蓄積されることなく消費される確率が高いと言うことです。

あとは、プロリンという脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させる成分がありますので、ダイエット効率も上がると言えるでしょう。

これらの効果効能を見てみると、食べるだけで痩せやすくなるというタイプの野菜ではないので、運動を主体とするダイエットとセットにすることで効果効能が発揮されやすくなると考えた方がいいと思います。

ダイエットのやり方について


アイスプラントを使ったダイエットのやり方はアイスプラントを食べるだけですが、アイスプラントには結構な塩気がありますので、調理するときには色々と気をつけるべき点があります。

ただし、食べるだけで基礎代謝が一気に向上して痩せられるという代物ではありませんので、食べた後は1日の運動時間を増やすといった対応は必須になります。

ただ食べただけでは、ちょっとだけ太りにくくなるありがたい野菜という効果効能で終わってしまうでしょう。

アイスプラントの食べ方は?天ぷらやサラダで?


食べ方は色々とありますが、あくまでダイエットということを考えれば天ぷらは避けるべきとなるでしょう。

アイスプラントの食べ方としては一般的ですが、ダイエットという観点では良くありません。

そのため、食べるときは生春巻きに他の具材とともに巻くとかサラダに入れるとか薬味にして入れるとか納豆に入れるといったやり方になります。

ただし、ダイエットに使うという考えが基本になるので、サラダに入れる場合もドレッシングのカロリーや糖分に気をつけましょう。

おひたしにするという方法もありますので、まずは他の人たちの調理レシピを確認して自分向きのものを発見するところからスタートしてください。

アイスプラントのレシピ3選

それでは具体的にアイスプラントのレシピを3つほど紹介いたします。

日本では馴染みがかなり薄いこのアイスプラントのレシピをまずは参考にしてダイエットに活かせるかどうかを考えましょう。

①アイスプラントとパクチー サラダ


【材料】(2人分)

アイスプラントすきなだけ、パクチーすきなだけ、大根1/4本、■ 酢味噌(味噌大2、酢大1、砂糖大1)、■ チーズドレッシング(チーズ大3、白ごま適量、塩少々)

【作り方】

1.アイスプラントは優しく洗う。パクチーは食べやすいサイズに切る。大根は千切りにすると和えて食べやすい。

2.アイスプラントには酢味噌をかける。

3.パクチーにはチーズドレッシングをかける。

4.和えて食べても、別々で食べても美味しくたべられます。

これはアイスプラントにパクチーを加えてサラダ風に仕立て上げた一品です。

調理も非常に簡単なので、まずはこのようにサラダにすることから始めましょう。

おもに使うのはアイスプラントとパクチーと大根ですが、サラダですので他のものを加えてももちろんOKです。

 

出典:cookpad cookpad https://cookpad.com/recipe/5067469

 

②不思議な食感のアイスプラントとトマトのサラダ


【材 料】(2~3人分)


Sponsored Link


アイスプラント1パック(大きい葉なら)(2~3枚)、トマト(中)1個、ドレッシング(お好みのもの)適量

【作り方】

1.アイスプラントは綺麗に洗い、食べやすい大きさにちぎります。※こちらは、大きな葉だったので包丁で切りました。

2.トマトは2~3cmの角切りにします。

3.ボウルに(1)、(2)を混ぜ合わせ、器に盛り付けます。取り分けてドレッシングをかけていただきます。

こちらもサラダの一種であり、トマトとの組み合わせにした一品です。

作り方は非常に簡単で3分程度あれば作れますので、アイスプラントを気軽に摂取したいときには非常に役立つでしょう。

 

出典:楽天レシピ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1390015055/

 

③茹でアイスプラントガーリック醤油和え


【材 料】(2人分)

アイスプラント約1/2パック、○ガーリックチューブ約1cm、○醤油約小1

【作り方】

1.アイスプラントをさっと湯通しする程度に茹でる。

2.○をよく混ぜ合わせて1を和える。

いつものようにサラダで食べるのが飽きてしまったらこのように軽く茹でてしまいましょう。

こちらも湯通しするだけなので難易度は非常に低いです。

食感が生で食べたときとかなり異なりますので、アイスプラントを食べたいという方には一度チャレンジしてもらいたい調理法です。

 

出典:楽天レシピ https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1470011995/?l-id=recipe_list_detail_recipe

 

どこで購入できる?


アイスプラントは全国で作られるようになりましたが、未だにマイナーであることには変わりないので、どうしても世の中に出ている量は少なくなります。

スーパーにおいてあることも稀にありますが、やはり稀なので見たことがないという人も多いでしょう。

そのため、最も簡単に購入したいという方はやはりネット通販での購入になります。

具体的にはAmazonや楽天です。

ただし、商品名で登録されているので、アイスプラントではなくプリアンといった名前を使っています。

名前が異なるだけですので間違えないようにしましょう。

自宅で栽培できる?


アイスプラントは自宅で育てることも可能です。

難易度的には低い方でしょう。

アイスプラントの植付時期はだいたい2~6月中旬と9月初め~10月下旬までの年2回となっていますので、まずはこれを守りましょう。

それ以外には発芽適温は20℃前後ということや、比較的大きめのプランターを用意すること、露地で育てる場合は日当たりと水はけの良い場所を使うことといった最低限のルールを守れば簡単に育つようです。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回はアイスプラントについて紹介いたしました。

ダイエットに使える野菜ではありますが、やはりマイナー過ぎるという欠点があるので使い勝手の部分はあまり良くないように感じます。

この使い勝手の部分はもっと日本に浸透すれば改善されるでしょうが、もうちょっと時間がかかると思われます。

個人的には効果効能は信じられますが、使い勝手があまり良くないという部分でダイエットにはいま一つ使いにくいという評価をしています。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました