12時間ダイエットで効果の出る理由と方法!水分はOK?

時間

12時間ダイエットを成功させる方法!飲み物の摂り方は?

12時間ダイエットはちょっと前に話題になった8時間ダイエットに似ているダイエットの一つですが、こちらのほうがより効果的という声もあります。

成功させる為の方法として水分の摂り方もあるそうなのですが、どのようなものなのでしょうか。

8時間ダイエットよりも簡単という声も多いのに効果的という部分も気になります。

そこで、今回はこの12時間ダイエットについて紹介いたします。


Sponsored Link


12時間ダイエットとは?


12時間ダイエットとは朝食から夕食までをすべて12時間以内に納めるというダイエットです。

逆に考えれば、夕食後の12時間は食事を一切しないダイエットとなります。

具体的に考えると、朝の7時に起きて食事をした場合は、夕飯を19時までに終わらせるというサイクルになります。

非常にシンプルな内容ですが、これがダイエット効果があると言われているのです。

このような単純なやり方なので、効果を信じられないと思う人がかなり多く半信半疑に捉えている人も多数となっています。

ただし、ストレスも少なく継続しやすい簡単なダイエットなので、魅力的という声もあるようです。

効果が出る理由は?


どうやらこの12時間ダイエットというのは綺麗に時間を区切るため、しっかりと実行し続けると生活のリズムが整いやすく、夜遅い食事もなくなるので内臓への負担も減ることからダイエットをしやすい体になるようです。

夕食後は12時間ほどものを食べないので、朝食前にはしっかりと空腹を感じるようになり、朝が食べられないという方でもちゃんと朝食が食べられるようになります。

朝食をしっかりと食べられれば夕食の量を減らすことが出来るので、さらに痩せやすい状態に持っていくことが出来るのです。

一説には起床後の12時間は食べたものを消費する能力が高いがそれ以降は消化能力が下がるのでこのリズムを大切にした方がいいというものもあります。

要するに、ダイエットしやすい体になりやすいということなのでしょう。

具体的な方法


この12時間ダイエットは12時間以内に食事を終わらせるというシンプルな内容ですが、本格的に痩せるためにはある程度ルールを設けないといけません。

いくつかありますので続けて一つ一つ紹介します。

まず、3食はしっかり食べるようにする必要がありますが、3食の食べる量としてはできる限り朝と昼を重視して夕飯を軽くしてください。

これはもはや鉄板なのですが、夕飯後は特に激しい運動などが待っているわけではなく摂取したエネルギーを消費する時間も無いので無駄にエネルギーを補給する必要は無いのです。

また、12時間といっても夕食は20時には終わるように調整する必要もあります。

夜の22時以降は脂肪をため込む性質が活発になってしまいますので、22時以降に未消化となっている食べ物が体内にあるのはまずいのです。

あとは、何を食べてもいいと言われていますが基本的には栄養バランスの整った食事を中心にして、食べる順番も太りにくくするために野菜から食べて糖質が多い主食は最後にするといった対応も必要になります。

水分は摂ってもいい?


この12時間ダイエットでは水分に触れていないものもありますが、基本的には糖質やカロリーが含まれていないものならばどのタイミングでもOKとなっていますので、喉が渇いたら随時補給しましょう。

ノンカロリーかつ糖質カットの飲み物が基本なので、水やミネラルウォーターやお茶が主体となるでしょう。

野菜ジュースやスムージーもダイエット効果は強いのですが、それらはやはりカロリーや糖質が含まれており消化もしなければいけない飲み物なので、食べて良い12時間のタイミングに含んだ方がいいです。

あくまで、糖質やカロリーがカットされている飲み物に限定していれば、どのタイミングでも摂取できると考えてください。

1日の過ごし方の例


具体的なやり方を紹介すると、朝7時に起床して食事→昼の12時に会社で昼食→18時30分に夕食といった流れになるでしょう。

問題はやはり夕食の扱い方で、会社が朝の9時にスタートするような所だと、仕事が終わるのが18時になりますので、ある程度家と会社が近くないと30分以内には帰れないということでしょう。

そもそも、残業が発生した場合はこのスケジュールは狂ってしまいますので、実行できる人は少なくなります。

このようにやはり夕飯のタイミングがネックになってしまいますので、12時間ダイエットでも、夕飯はおにぎりを会社に持っていって食べるといった対応の方がいいでしょう。

バランス的には朝食と昼食の方が重めになりますので、夕食はおにぎり1個や2個といった対応になります。

8時間ダイエットの方がより効果的?


これは色々と比較している方々の意見を確認してみましたが、それでも12時間ダイエットが効果的とはあまり言えないと個人的には感じております。


Sponsored Link


双方の比較を大まかにしてみると、12時間ダイエットの方が簡単だが痩せにくく、8時間ダイエットの方が難しいが痩せやすいとなるでしょう。

8時間ダイエットは空腹を感じる期間が非常に長く、基本的に1日2食になりますので1食抜くことに耐えられないという人は続けることが困難です。

いわゆる空腹感との戦いになりますので、この戦いに勝てない人には苦行となるでしょう。

12時間ダイエットはそこまで空腹感との戦いになりませんので、継続性は高いのです。

このように、双方メリットとデメリットがありますので、どちらかの方が一方的に優れているというわけではありません。

短期間で痩せたいという方は8時間ダイエットを取り入れて、長期間でじっくり痩せたいという方は12時間ダイエットを取り入れるといったスタンスで挑まれるといいでしょう。

成功させるコツは?


コツはいくつか記載しましたが、20時までに夕飯を済ませること、夕飯が食べられないのならば会社におにぎりなどを持ち込むこと、1日3食は守ること、朝食と昼食を多めにして夕飯は減らすこと、飲み物は飲んでもいいけどカロリーオフで糖質カットをされたものに限定すること、栄養バランスは整えること、野菜から食べて最後は炭水化物にするという食べる順番ダイエットも取り入れること、しっかりと夜は眠ることなどがあげられるでしょう。

12時間以内であれば、間食も200kcalまではOKという声もありますが、ダイエットの成功確率を上げたいのならば我慢した方がいいでしょう。

ストレス解消のために食べた方がいいという声もありますが、そもそも痩せるために行っているので無駄な補給は減らした方がいいです。

最後に

以上、いかがだったでしょうか。

今回は12時間ダイエットについてお伝え致しました。

12時間ダイエットは先に取り上げられた8時間ダイエットを簡単にしたもので、難易度はだいぶ下がっています。

夕食を摂る時間が守りにくい方もいるという点を除けば、ほとんどの方が問題なく実行できるでしょう。

難易度は低いのですが、それ故になかなか体重が減らないことも考えられるので、効果を上げたいという方は運動も積極的に取り入れた方がいいでしょう。


Sponsored Link


コメント

タイトルとURLをコピーしました